阪神 打線大幅変更 近本が3番で島田がプロ初1番に 大山の穴はチーム全体で埋める

阪神 打線大幅変更 近本が3番で島田がプロ初1番に 大山の穴はチーム全体で埋める

<巨・神24> キャッチボールをする大山(右)に声をかける近本 (撮影・平嶋 理子)

 ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2021年10月13日 東京D)

 主砲・大山が2戦連続で欠場する阪神は、打順に大きく手を加えた。

 近本を9月3日巨人戦以来の3番起用。島田がプロ初の1番を務める。三塁には糸原が回り、「7番・二塁」に木浪が入った。捕手には前日に続いて坂本が入り、西勇とバッテリーを組む。

 18時試合開始予定。スタメンは以下の通り。

 【阪神】

 1(右)島田

 2(遊)中野

 3(中)近本

 4(一)マルテ

 5(三)糸原

 6(左)ロハス・ジュニア

 7(二)木浪

 8(捕)坂本

 9(投)西勇

 【巨人】

 1(右)松原

 2(遊)坂本

 3(中)丸

 4(三)岡本和

 5(一)中田

 6(捕)大城

 7(左)ウィーラー

 8(二)若林

 9(投)菅野

関連記事(外部サイト)