巨人1位指名の関西国際大・翁田に指名あいさつ 大塚副代表「先発で2桁勝ってもらいたい」

巨人1位指名の関西国際大・翁田に指名あいさつ 大塚副代表「先発で2桁勝ってもらいたい」

<翁田大勢 指名あいさつ> 関西国際大・翁田大勢(右から2人目)は原監督のサイン入りドラフト入館パスを手に岸担当スカウト(左)、水野スカウト部長(左から2人目)、大塚副代表(左)と記念撮影 (撮影・後藤 大輝)

 巨人から1位指名を受けた関西国際大の翁田大勢投手(22)が13日、兵庫県内の同校三木キャンパスで大塚淳弘球団副代表、水野雄仁スカウト部長、榑松伸介同部次長、担当の岸敬祐スカウトから指名あいさつを受けた。

 先発投手が不足してい現状もあり、大塚副代表は「先発で2桁勝ってもらいたい。10勝以上は勝ってもらわないと。そういう期待を持って指名してますから。先発でローテーションを守ってもらいたいなと思います」と期待。指名直後は自身をリリーフ向きとしていた翁田も「自分の中で投手として完成してないんですけど、巨人のドラフト1位として求められているものもすごく大きいですし、その期待にそえるような結果を出したい」と力を込めた。

 兵庫県出身で阪神ファンの右腕。甲子園での「伝統の一戦」を観戦したこともあり「タイガースファンだったので、巨人に負けた時は一層悔しかった」と虎党の一面をのぞかせる。ただ、ライバル球団での活躍に向け「自分が投げて勝ったときに『翁田だったら仕方ないな』と声を掛けてもらえるような選手になりたいと思います」と語った。

関連記事(外部サイト)