阪神ドラ2・鈴木勇斗のポテンシャル 担当スカウト、恩師が明かす「指のかかりがすごい」

阪神ドラ2・鈴木勇斗のポテンシャル 担当スカウト、恩師が明かす「指のかかりがすごい」

<阪神2位 鈴木勇斗 指名あいさつ> 吉野スカウト(右)からドラフト会議入館パスを笑顔で受け取る創価大・鈴木勇斗 (撮影・平嶋 理子)

 阪神が13日、ドラフト2位の鈴木勇斗投手(21=)に指名あいさつを行った。

 最速152キロを誇る即戦力左腕には1年目からの開幕ローテ入りが期待される。担当の吉野スカウトは「最速152キロの直球もそうですけど、カーブ、緩急を使えるピッチャー。奥行き、幅のある投球。一番の魅力」と評価。同じ左腕の高橋遥人との違いを問われると「ボールのキレ、強さという点ではまだ劣る部分はありますけど、身体は強いんで。そういう部分ではまだ伸びる様子もあります」とさらなる進化にも太鼓判を押した。

 また、創価大の堀内尊法監督は高校時代に見た鈴木の印象を「指のかかりがすごいなっていうのが一番最初。(高校時代は)四球10出しながら三振10個出して(奪って)完封してるって感じだった」と回想。大学ではグラウンド横にある100メートルの坂道ダッシュを繰り返していたといい「どこいっても坂があるので。坂道をずっと走らなければいけない環境のチームで。それで彼の下半身は強くなった」と明かした。

関連記事(外部サイト)