阪神・木浪 亜大先輩に続いたダメ押し2点二塁打「板山さんの打球にしびれました」

阪神・木浪 亜大先輩に続いたダメ押し2点二塁打「板山さんの打球にしびれました」

<巨・神>9回2死二、三塁、木浪は左越え2点適時二塁打を放ち、ガッツポーズをする(撮影・平嶋 理子)

 ◇セ・リーグ 阪神3ー0巨人(2021年10月14日 東京D)

 1点だけでは終われない。2試合連続で7番スタメン起用された阪神・木浪が左翼へダメ押しの2点二塁打。1年後輩の高橋、1年先輩の板山に続いて、亜大トリオで巨人最終戦を締めくくった。

 「板山さんの打球にしびれました。遥人はナイスピッチングだったし、板山さんに続いて打てたので、亜細亜の日でしたね」

 ビエイラの球威に対抗するため、「バットを短く持った」とコンパクトなスイングを意識。高めに浮いた1球を逆方向に打ち返した。新人・中野の台頭で出番は減ったが、隠れた勝負強さを見せている。これで得点圏では16打数5安打で打率.313、12打点。集中力をキープする取り組みは欠かしていない。「この勢いで最後まで行きたい」と残り8試合でも完全燃焼を誓った。

関連記事(外部サイト)