「板山の起用は直感じゃないですけど、任せていいんじゃないかなと」 阪神・矢野監督語録

「板山の起用は直感じゃないですけど、任せていいんじゃないかなと」 阪神・矢野監督語録

<巨・神>9回2死二、三塁、木浪のタイムリー二塁打で生還した板山を笑顔で出迎える阪神・矢野監督(右)(撮影・森沢裕)

 ◇セ・リーグ 阪神3ー0巨人(2021年10月14日 東京D)

 【14日の阪神・矢野監督語録】

 ▼優勝に望みをつなぐ勝利 今日も苦しかったですけど、最後、何とか勝ちというものにしてくれて、いい戦いをしてくれた。

 ▼板山起用は直感!? 直感じゃないですけど、任せていいんじゃないかなというね。この日のために1年間振ってきたわけだし。1打席しかないかもしれないけど、そこで何とかしたいという思いでやってくれてたと思う。そういうことを必死に2軍の時から伝えてきていた。そういう選手が打ってくれるというのは気持ちの部分で熱くなる。

 ▼リリーフが奮闘 投手陣が引っ張っていった中で勝てたというのは間違いない。

 ▼シーズン最後の伝統の一戦 今は優勝に向けて何とか1試合、1試合つないでいくことしか頭にない。

 ▼次戦は甲子園 諦めることはない。甲子園に帰っても全員でやっていきます。 

関連記事(外部サイト)