熱戦続く日本シリーズ 第6戦舞台は最低気温一桁台予想のほっと神戸に「ホンマに寒い」と心配の声

熱戦続く日本シリーズ 第6戦舞台は最低気温一桁台予想のほっと神戸に「ホンマに寒い」と心配の声

ほっともっとフィールド神戸

 ◇SMBC日本シリーズ2021第5戦 オリックス6−5ヤクルト(2021年11月25日 東京D)

 オリックスが日本シリーズ第5戦に6―5で勝ち、2勝3敗として踏みとどまった。26日は移動日で試合がなく、27、28日は第1、2戦を行った京セラドームに別のイベントの予定が入って使用できないため、神戸市のほっともっとフィールド神戸に舞台を移して第6、7戦が行われる。

 同球場での日本シリーズは96年にイチロー氏を擁したオリックスが巨人を下して日本一になって以来25年ぶり。今週末は全国的にこの冬一番の寒さが予想され、同球場のある総合運動公園周辺は27、28日ともに予想最高気温は13・3度。日中は日差しも期待できるが、両日ともナイター開催のため、27日は6〜8度、28日は7〜9度まで冷え込む可能性が高い。山間部に位置する同球場では、ダウンコートやマフラーなどの着用は必須。降水確率0%、風速2〜4メートル程度とされる。

 それだけにファンもネット上で「本当に観てて熱くなる!決戦は極寒のほっともっとフィールド神戸…寒いところで熱い試合を見せて欲しい!!」「ほっともっとフィールド神戸は、ホンマに寒いです。着込んでください」「防寒対策しっかりめでいらしてくださいね!神戸とはいえ、市街地より寒い地域となります」「防寒をしっかりしていきましょう(マジです)」「地元民として11月のほっともっとフィールド神戸ってメッチャ寒いんやで」などと呼び掛けていた。

関連記事(外部サイト)