「藤浪晋太郎」の開幕投手に賛否両論…阪神の今季を占う“博打采配”の是非

「藤浪晋太郎」の開幕投手に賛否両論…阪神の今季を占う“博打采配”の是非

初の開幕投手に決まった阪神・藤波。期待値を込めての起用であることは間違いない

■ある意味、“博打”


 いよいよ今月26日に開幕するプロ野球のペナントレース。オープン戦も21日に終了し、全12球団の開幕投手も発表されている。改めて開幕投手を任されることになった12人の昨年の成績を並べてみると、以下のような数字となる。

石川柊太(ソフトバンク):18試合11勝3敗 防御率2.42
二木康太(ロッテ):15試合9勝3敗 防御率3.40
高橋光成(西武):20試合8勝8敗 防御率3.74
涌井秀章(楽天):20試合11勝4敗 防御率3.60
上沢直之(日本ハム):15試合8勝6敗 防御率3.06
山本由伸(オリックス):18試合8勝4敗 防御率2.20
菅野智之(巨人):20試合14勝2敗 防御率1.97
藤浪晋太郎(阪神):24試合1勝6敗 防御率4.01
福谷浩司(中日):14試合8勝2敗 防御率2.64
浜口遥大(DeNA):16試合6勝5敗 防御率4.60
大瀬良大地(広島):11試合5勝4敗 防御率4.41
小川泰弘(ヤクルト):20試合10勝8敗 防御率4.61

 当然のことではあるが、多くの球団がやはりエースを立ててきていることがよく分かる。また千賀滉大(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、大野雄大(中日)、今永昇太(DeNA)が出遅れている4球団もエースに次ぐ存在の投手が任せられており、大きな違和感はない。

 そんななかで、やはり一際目を引くのが藤浪だ。実績を考えれば昨年も開幕投手を務めた西勇輝になるところだが、その西がキャンプ終盤にぜんそくで離脱。現在は回復して調整を進めているが、開幕カードは回避することとなった。ここ数年の成績から考えると秋山拓巳、青柳晃洋が候補になるはずだが、矢野燿大監督は昨年1勝の藤浪を選んだのだ。これはある意味、“博打”とも言える采配だろう。


■ヤクルトとの相性がいい


 藤浪の抜擢を後押しする要因としては、キャンプ、オープン戦から順調に調整を続けているという点が挙げられる。2月7日の紅白戦では大物ルーキーの佐藤輝明に真っ向勝負を挑み、最後は155キロのストレートで空振り三振に抑えている。キャンプ序盤とは思えないボールの勢いに、復活を期待したファンも多かったことだろう。

 オープン戦でも3試合に登板して勝ち負けはついていないものの、13回を投げて自責点4、防御率2.77というまずまずの結果を残している。開幕前の最終登板となった19日のオリックス戦でも立ち上がりに1点は失ったものの、2回以降は走者を背負っても粘り強い投球を見せ、4回1失点と試合を作った。

 この日もストレートはほとんどが150キロを超えており、最大の課題であるコントロールも3つの四球は与えたものの、大きく崩れることはなかった。特に3回に2アウト一・三塁のピンチで頓宮裕真から見送りの三振を奪った155キロのストレートはアウトローいっぱいに決まるボールで、どんな打者でも手が出ないレベルのものだった。

 もう一つ後押しになるのは、開幕戦の相手であるヤクルトと藤浪の相性が良いという点だ。昨年は対戦したセ・リーグ5球団の中で最も多い7試合に登板し、防御率は1.48をマーク。シーズン唯一の勝ち星も8月21日のヤクルト戦で記録したものである。自身最多の14勝をあげた2015年には、ヤクルト相手に4勝0敗という成績も残している。昨年、主砲の村上宗隆に2本のホームランを打たれているのは気がかりではあるが、藤浪本人にとっても良いイメージを持ちやすいチームを相手に投げられるというのはプラスだろう。


■監督への不信の声が出ることも


 ここまではプラスの面を挙げてきたが、当然リスクもある。まず藤浪自身が初の開幕投手という点だ。昨年かなりの好成績を残しているのであれば、自信を持って投げられるかもしれないが、冒頭で紹介したように決してそういうわけではなく、期待値を込めての起用であることは間違いない。

 これまでも多くの大舞台を経験してきてはいるが、開幕戦という独特の雰囲気の中で力を発揮できない可能性ももちろんある。そして仮に、早々に降板となった時のチーム、藤浪への影響も大きなものとなりそうだ。チームはオープン戦とはいえ順調に勝ちを重ねており、ルーキー佐藤の活躍などもあって優勝への期待は日に日に高まっている。

 そんな中で、他に実績がある投手がいるにもかかわらず、抜擢した藤浪が早々に試合を壊したとなれば、ベンチの士気が下がり、矢野監督への不信の声が出ることも想定される。開幕戦は「143分の1」という考え方もあるが、やはり普通の試合ではないだけに、仮に勝てなかったとしても内容は重要になってくるだろう。

 ただ、裏を返せば、ここで藤浪が完全復活を印象付けるような投球を見せて、チームも完勝をおさめるようなことになれば、オープン戦での勢いはさらに加速することになる。05年以来遠ざかっているリーグ優勝に向けて阪神がスタートダッシュを切ることができるかどうかは、やはり藤浪の右腕にかかっていると言えそうだ。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年3月26日 掲載

関連記事(外部サイト)

×