最年少は16歳4日、最年長は45歳4ヵ月…信じ難い“プロ野球投手デビュー記録”を振り返る!

最年少は16歳4日、最年長は45歳4ヵ月…信じ難い“プロ野球投手デビュー記録”を振り返る!

戦前の1937年、16歳と4日で公式戦初登板を果たした名古屋軍(現中日)の西沢道夫

■一見ぬぼーっと


 NPB史上最年少デビューをはたした投手は誰か? こんなクイズを出したら、おそらく「金田正一」と答えるファンもいるかもしれない。

 1950年夏、享栄商(現享栄高)のエースだった金田は、愛知県大会準決勝で敗れ、甲子園出場の夢が断たれると、高校を2年途中で中退し、国鉄スワローズに入団。同年8月23日の広島戦でプロ初登板を飾った。このとき17歳と22日。だが、これは戦後でも最年少記録にはならない。

 14年後、金田より8ヵ月以上も早い16歳3ヵ月と25日でプロ初登板をはたした男がいる。阪神・古沢憲司である。入団のきっかけは、65年7月1日付の大阪日刊スポーツによれば、佐川直行スカウトが、愛媛県出身の知人から「オレの故郷に滅法速い球を投げる少年がいる」という話を聞かされたのが始まりだった。この少年こそ、当時、新居浜東高1年在学中の古沢だった。

 すぐさま現地に向かい、旅館に呼んでキャッチボールをさせると、コントロールに難があるが、確かに速い球を投げる。だが、年齢を聞くと、まだ15歳。「もう1年待ってみよう」とそのまま引き揚げてきた。

 ところが、春季キャンプを目前に控えた64年1月、古沢から手紙が届き、「家庭の事情で高校を中退したので、阪神に入団したい」と伝えてきた。佐川スカウトは再び愛媛に向かい、2月中旬、詰め襟姿の古沢を甲子園に連れてきた。

 そして、同年7月25日の国鉄戦、0対7と大きくリードされた7回から4番手のリリーフでプロ初登板。度の強いメガネをかけた16歳3ヵ月の少年は、一見ぬぼーっとしていたが、投球は大人顔負けの迫力だった。3四球を許したものの、3回を無安打2奪三振無失点「ブルペンよりマウンドに上がったときのほうが、コントロールがありました」と物怖じしないコメントを残している。


■巨漢力士にちなんで“ブンちゃん”


 さらに翌65年6月30日の大洋戦で、4安打完封のプロ初勝利。全投球の8割が直球という力の投球で三塁を踏ませず、金田より1ヵ月遅れながら、17歳2ヵ月と30日での快挙を成し遂げた。

 古沢は74年に自己最多の15勝を挙げるなど、西武、広島時代も含めた実働19年で、通算87勝を記録した。

 古沢の16歳3ヵ月でのデビューは、戦後最年少記録になるが、上には上がいる。NPB史上最年少デビューの投手は、戦前に存在した。

 高等小学校高等科2年在籍時の15歳で名古屋軍(現中日)にテスト入団した西沢道夫である。年齢不足のため、養成選手第1号となり、史上初の背番号「0」を着けたが、正式登録後の37年9月5日の金鯱戦で7回から3番手として公式戦初登板。2回を無失点に抑えた。16歳と4日は、今も史上最年少記録だ。182センチの長身だったことから、2メートルを超える巨漢力士・出羽ヶ嶽文治郎にちなんで“ブンちゃん”の愛称で親しまれた。

 翌38年6月26日の阪急戦で1失点完投のプロ初勝利。16歳9ヵ月と25日だった。40年には20勝を挙げ、42年5月24日の大洋戦で、野口二郎とともに、世界最長の延長28回を投げ合った。同年7月18日の阪急戦では、ノーヒットノーランも達成している。

 復員後の47年まで通算9年間で60勝を挙げたが、兵役中に肩を痛めてから、満足な投球ができなくなり、打者に転向した。52年に首位打者と打点王を獲得し、通算212本塁打を記録した“初代ミスタードラゴンズ”は、投手でシーズン20勝、打者でシーズン40本塁打以上の両方を記録した唯一の男としても知られる。


■異名は“小さな大投手”


 今度は最年長記録を見てみよう。ドラフト制以降では、ドラフト史上最年長の30歳で入団した中日・市村則紀の名前が挙がる。

 入団1年目、83年4月9日の広島戦で、4対8の6回1死三塁のピンチにリリーフでデビュー。30歳8ヵ月だった。加藤英司、山本浩二の3、4番をいずれも変化球で打ち取り、好火消しを演じた。

 翌84年5月1日の巨人戦では、3対4の7回2死二塁から鈴木孝政をリリーフして8回まで無失点。9回に豊田誠佑の逆転2ランが飛び出したことから、登板59試合目、31歳9ヵ月のプロ初勝利を手にした。

 もし、昨年のドラフトで元メジャーリーガーの田沢純一が指名されていれば、市村を上回る34歳でのNPBデビューも実現可能だったが、年齢的なネックもあり、獲得に動く球団はなかった。

 だが、過去には40歳を過ぎてデビューした驚異的な投手もいる。“小さな大投手”の異名をとった阪急・浜崎真二である。

 身長156センチと小柄ながら、神戸中、慶大のエースとして活躍。満州倶楽部では投打の柱として都市対抗で優勝するなど、アマで抜群の実績を残した浜崎は、45歳で阪急の選手兼総監督に就任。47年9月28日の南海戦に初先発初登板すると、6回を2失点に抑え、45歳4ヵ月にしてプロ初勝利を挙げた。

 50年5月7日の東急戦では、リリーフながら、NPB史上最年長の48歳4ヵ月で勝利投手に。さらに現役最後の登板となった同年11月5日の毎日戦では先発し、48歳10ヵ月の史上最年長登板も記録したが(毎日も48歳1ヵ月の湯浅禎夫監督が先発)、64年後の14年に49歳0ヵ月の中日・山本昌に史上最年長勝利ともども更新されている。

 史上最年少デビュー記録は、今後更新される可能性もゼロではないが、戦後のプロ野球復興期という特殊な事情下で生まれた浜崎の最年長デビュー記録は、おそらく破られることはないだろう。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年5月4日 掲載

関連記事(外部サイト)

×