若手投手が次々と…ソフトバンク工藤監督、「使い捨て起用」の大問題

若手投手が次々と…ソフトバンク工藤監督、「使い捨て起用」の大問題

“名将”という声があまり聞こえてこないソフトバンクの工藤公康監督

「現在のプロ野球で最強チームは?」と聞かれたら多くの人がソフトバンクだと答えるだろう。2018年からは西武にパ・リーグ連覇を許したものの、ポストシーズンでは圧倒的な強さを見せており、現在日本シリーズでは4連覇中である。しかし、これだけの結果を残しているにもかかわらず、指揮官の工藤公康監督に対して“名将”という声があまり聞こえてこないことも、また事実である。


■キャリアハイが13勝


 工藤監督が就任してから昨年までのチーム防御率のリーグ順位を見てみると1位、2位、1位、4位、1位、1位と推移しており、強力な投手陣がチームを支えていることは間違いない。これだけの結果を出しているのだから文句はないだろうという意見も当然あるかもしれないが、気になるのは、続けて結果を残している投手が意外と少ないというところだ。工藤監督が就任して以降、二桁勝利をマークした投手は9人いるが、彼らの各年の勝ち星を並べてみると、以下のようになっている。

武田翔太:13勝、14勝、6勝。4勝、5勝、2勝
スタンリッジ:10勝(2015年限りで退団)
摂津正:10勝、2勝、0勝、2勝(2018年限りで引退)
千賀滉大:2勝、12勝、13勝、13勝、13勝、11勝
和田毅(2016年に復帰):15勝、4勝、0勝、4勝、8勝
東浜巨:1勝、9勝、16勝、7勝、2勝、9勝
バンデンハーク:9勝、7勝、13勝、10勝、2勝、2勝
石川柊太:0勝、0勝、8勝、13勝、0勝、11勝
高橋礼(2018年に入団):0勝、12勝、4勝

 3年以上安定した成績を残したのは、外国人のバンデンハークを除くと千賀だけ。その千賀も小さな故障が多く、キャリアハイが13勝というのは日本を代表する投手としては少ない印象を受ける。

 武田が2017年以降完全に頭打ちとなり、東浜もエース級の成績を残したのは2017年だけ。将来のエース候補として1位で指名した松本裕樹、高橋純平、田中正義、吉住晴斗などは先発ローテーションに加わることもできていない。チーム成績、チーム防御率の割には、それほど強力なローテーションを作ることができていないことがよく分かるだろう。

 安定した先発投手の数が少ないということは、それだけブルペンが頑張っているということである。過去6年間のホールド数とそのリーグ順位は106(1位)、89(3位)、125(1位)、95(4位)、137(3位)、120(1位)と、常に上位をキープしている。強力なリリーフ陣を備えていることは短期決戦の強さにも繋がっており、チームの大きな強みの1つと言えるだろう。


■自身とは真逆の選手を量産


 しかしリリーフ陣についても気になる点がある。過去6年間に40試合以上に登板した投手を並べてみた。

2015年:サファテ(65試合)、森唯斗(55試合)、五十嵐亮太(54試合)、二保旭(44試合)

2016年:サファテ(64試合)、スアレス(58試合)、森唯斗(56試合)、森福允彦(50試合)

2017年:岩嵜翔(72試合)、サファテ(66試合)、森唯斗(64試合)、嘉弥真新也(58試合)、五十嵐亮太(46試合)

2018年:加治屋蓮(72試合)、嘉弥真新也(67試合)、森唯斗(66試合)、モイネロ(49試合)、石川柊太(42試合)

2019年:甲斐野央(65試合)、モイネロ(60試合)、森唯斗(54試合)、嘉弥真新也(54試合)、松田遼馬(51試合)、高橋純平(45試合)

2020年:森唯斗(52試合)、高橋礼(52試合)、モイネロ(50試合)、嘉弥真新也(50試合)、泉圭輔(40試合)

 クリーザーはサファテから森へ、左の変則リリーフは森福から嘉弥真へと上手くバトンを繋いでいる。また、過去3年間はモイネロの成長も大きなプラスだ。しかしよく見てみると、二保、スアレス、岩嵜、加治屋、甲斐野、松田、高橋純平と、活躍が1年限りという選手が非常に多い。

 特に、甲斐野はルーキーイヤーでいきなりフル回転したことが影響して、昨シーズンは完全に棒に振っている。悪い言い方をすれば、短期的な“使い捨て”のような起用とも言えるだろう。今シーズンも泉と津森宥紀が新たな戦力としてフル回転しているが、すぐに消耗してしまわないか心配なファンも多いはずだ。

 現役時代、工藤監督は実働29年というNPB記録を持つほど長く活躍した投手だったが、現在のチームを見ていると、自身とは真逆の太く短い現役生活を送る選手を量産しているように見えてしまう。ある程度は、物量でカバーするというのは致し方ないことであるが、もう少し太い柱を多く作る必要があるのではないだろうか。先発の千賀、リリーフの森という柱に次ぐ存在を確立することができなければ、ソフトバンクの天下は意外と早く終わる可能性も高いだろう。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年6月2日 掲載

関連記事(外部サイト)