元中日「門倉コーチ」は無事…過去には失踪するも“復活”した選手もいた!

元中日「門倉コーチ」は無事…過去には失踪するも“復活”した選手もいた!

失踪後、恩返しを誓って活躍した日本ハム時代の河野博文

 5月中旬から行方がわからなくなっていた元中日・門倉健2軍投手コーチが6月7日、無事自宅に戻ったことが明らかになった。一方、ほぼ時を同じくして、ソフトバンク育成選手のキューバ出身右腕、アンディ・ロドリゲスも、東京五輪予選出場後に姿をくらまし、米国への亡命が濃厚とみられている。コーチや選手の相次ぐ失踪は、野球ファンにとどまらず、世間の注目を集めたが、過去にも同様の事例がいくつかある。


■「病院に行ってくる」


 2リーグ制がスタートした1950年、開幕投手に指名されながら、試合直前に失踪したのが、新球団・国鉄の右腕・古谷法夫である。

 社会人時代に都市対抗に2度出場した28歳のルーキーは、3月10日の開幕戦、大洋戦(下関)に先発する予定だったが、同日朝、「病院に行ってくる」と宿舎を出たきり、戻らなかった。

 開幕投手のプレッシャーに耐えられなかったことが理由だったようで、古谷は5回を過ぎたあたりで連絡を入れてきたが、職場放棄を怒った西垣徳雄監督に罰金3000円を科せられた。

 デビュー戦ではミソをつけたものの、古谷は同年9勝を挙げ、10勝の高橋輝、途中入団の金田正一(8勝)とともに創設間もないチームを支えた。55年に退団後、社会人に復帰。70年には南海・野村克也監督に招かれ、1軍投手コーチになった。


■「プロ生活に自信をなくした」


“王貞治2世”と期待されながら、失踪し、自ら野球人生に幕を下ろしたのが、奥柿幸雄だ。66年の第1次ドラフトでサンケイから1位指名され、背番号1を貰った奥柿は、パンチ力を買われ、2年目に2試合4番を任されたが、4年間で通算打率.173、3本塁打と伸び悩んだ。

 そして、22歳になった70年オフ、奥柿は11月3日から横須賀・武山球場で始まった秋季練習を無断で休み、行方をくらました末、「プロ生活に自信をなくした」と引退を申し出、同27日に退団した。

 騒動のあらましは、週刊ベースボールの70年12月21日号で詳しく紹介されている。

 当時万年Bクラスだったチームは、球団名がサンケイからアトムズへ、さらにヤクルトとめまぐるしく変わり、首脳陣の顔ぶれも二転三転。複数のコーチが、苦手な変化球を克服させようとアドバイスするのをすべて吸収しようとした結果、フォームがバラバラになってしまった。そんな矢先に三原脩新監督が就任し、「また1からやり直しか……」と気持ちが切れてしまったようだ。

 結果論だが、同年は三原監督とともに、後に“名打撃コーチ”と呼ばれる中西太も入団し、ルーキー・若松勉を育てている。家を出るときに「来年こそやらねば」と燃えていた奥柿が初心を貫き、秋季練習に参加していれば、未来も変わった可能性があったのでは、と思えてくる。


■純真な男だったのに……


 一方、借金トラブルで姿をくらまし、プロ野球史上初の無期限失格選手となったのが、高山忠克だ。

 作新学院時代に4番打者として甲子園春夏連覇に貢献した高山は、国鉄入団2年目に18本塁打を記録。その後も準レギュラーとして年間90試合前後に出場していた。

 だが、ヤクルトから阪神に移籍した71年、球団からギャンブルの借金の清算を命じられると、7月14日に合宿「虎風荘」を出たまま行方不明になった。

 球団側は同29日、所在を明らかにしない高山が統一契約書第26条に違反するものとして、セ・リーグ連盟に契約解除を申請。さらに同連盟から大浜信泉コミッショナーに対し、野球協約第120条により、無期限失格選手に指名するよう要求があり、8月4日、公示された。

 64年3月22日の巨人戦で満塁本塁打を打ち、三塁を回るとき、長嶋茂雄から「ナイス・ホームラン」と尻を叩かれ、うれしくてホームまでボロボロ涙を流して走ったという純真な男が7年後、27歳で球界を去ることになろうとは、人間の運命は本当にわからない。


■「必ず恩返しをしますよ」


 任意引退をクビと誤解し、失踪したといわれるのが、日本ハム時代の河野博文だ。

 88年に最優秀防御率のタイトルを獲得した河野は翌89年、0勝6敗と不本意な成績に終わる。そして、復活を期した90年も、さらなる不運が追い打ちをかける。5月24日、練習中に左アキレス腱を断裂してしまったのだ。

 球団側は7月6日、治療に専念させるため、河野を任意引退選手にした。当時の支配下選手枠は60人で、故障などで試合に出場できなくなった選手は、登録外の選手と入れ替え、任意引退扱いにするケースもあった。もちろん、クビという意味ではない。

 だが、河野は8月31日以降、まったく連絡が取れなくなり、「調査機関にも依頼したが、行方を掴めない」(大沢啓二常務)と失踪騒動に発展。ついに所轄の世田谷署に捜索願を出すことになったが、そんな矢先、スポーツ紙の1面トップで報じられるなど、騒ぎを知った本人が姿を現し、一件落着となった。

「将来への不安とリハビリの辛さから」知人の家などに滞在していたという河野は「もう大丈夫。きっちりカムバックして、必ず恩返しをしますよ」と宣言。巨人時代の96年に6勝3セーブを挙げてVに貢献するなど、16年間の現役生活をまっとうした。

 失踪といっても、いずれも犯罪と関連づけられる事件性はなく、古谷や河野のように騒動後に活躍した選手もいる。うつ病と伝えられる門倉元コーチも、中日の選手たちから現場復帰を待望する声が上がっているという。焦らずに健康を回復して、再びグラウンドに立つ姿を見たいものだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年6月12日 掲載

関連記事(外部サイト)