米子松蔭はセーフ…高校最後の夏が消えた…「夏の甲子園」波紋を呼んだ“出場辞退”三大事件

米子松蔭はセーフ…高校最後の夏が消えた…「夏の甲子園」波紋を呼んだ“出場辞退”三大事件

誠意をもって事後処理に当たっていた明徳義塾の馬淵史郎監督

 夏の甲子園出場をかけた地方予選もたけなわだが、部員の新型コロナウイルス感染などを理由に、出場辞退するチームも相次いでいる。春の鳥取県大会を制し、優勝候補だった米子松蔭も、部員に感染者が確認されていないにもかかわらず、出場辞退に追い込まれた。だが、元大阪市長の橋下徹氏や国際政治学者の三浦瑠麗氏、作家の乙武洋匡氏ら著名人が、高校野球連盟の対応に疑問を投げかける一方、救済を求めるオンライン上の署名活動も実施されるなど、大きな波紋を呼んだ結果、7月19日、幸いにも一転出場が認められた。


■監督がエースを平手打ち


 過去にも大会中に出場辞退に泣いたチームは少なからずあった。これらのチームは、どのような理由で不戦敗という残念な結果に至ったのか、3つの出場辞退事件を振り返ってみよう。

 試合中に監督が選手を平手打ちするシーンがテレビ放映されたことがきっかけで、出場辞退に追い込まれたのが、1980年の東海大相模だ。

 秋、春と2季連続で全国屈指の激戦区・神奈川を制した東海大相模は、愛甲猛(元ロッテなど)の横浜、宮城弘明(元ヤクルト)の横浜商とともに夏も優勝候補に挙げられ、「全国制覇を狙える」と言われていた。

 そして迎えた夏の県大会、初戦で横須賀商を8対2で下し、3年ぶりの甲子園に向けて一歩を踏み出した東海大相模は、3回戦で三浦と対戦した。

 だが、先発したエースが1回に2四球、2回にも3四球を与え、ピリッとしない。大会初先発の緊張から地に足が着いていないとみた田倉雅雄監督は、「目を覚ます意味で」ベンチに引き揚げてきたエースを平手打ちした。今なら暴力行為として問題になるところだが、当時の高校野球では、さほど珍しくない“愛のムチ”だった。その後、エースは3回以降立ち直り、試合も10対0と完勝した。

 ところが、平手打ちのシーンが、試合を中継していた地元テレビに映しだされたことから、抗議が殺到してしまう。2日後、東海大相模は出場辞退し、4回戦の鶴嶺戦は不戦敗となった。

 今なら監督を謹慎させて、チームの出場を認める柔軟な対応も考えられるが、“連帯責任”が当たり前だった時代は、選手たちから甲子園のチャンスまで奪ってしまった。

 出場辞退が決まったあと、選手たちから慕われていた田倉監督は、グラウンドで胴上げされたという。以後、東海大相模はライバル校の後塵を拝し、30年の長きにわたって夏の甲子園から遠ざかることになる。


■“大人たち”の風当たりがきつかった


 開会式でチームの主将が選手宣誓したその夜、一転出場辞退が決定したのが、81年の倉吉北だ。夏の甲子園初出場の78年に強豪・早稲田実を破り、“山陰の暴れん坊”と注目を集めた同校は、大阪や兵庫などのマンモス地区より甲子園に出場できる確率が高いことから、野球留学する球児が相次ぎ、150人の部員中120人までが県外出身だった。

 81年のセンバツでは、エースで主将の坂本昇を擁して4強入り。夏の鳥取県大会も優勝候補筆頭だった。7月22日の開会式では、前年代表の倉吉北は出場21校の先頭を切って入場行進し、坂本主将が力強く選手宣誓を行った。

 だが、前日、同校の野球部員が「練習態度が悪い」などの理由から下級生に制裁を加えたとされる事件が新聞で報道されたことを受け、学校側は3時間に及ぶ理事会で対応を協議。午後10時半、山本憲校長が全部員を体育館に集め、「誠に申し訳ないが、倉吉北野球部は当分対外試合を自粛することになり、明日の鳥取大会(米子高専戦)を辞退することにしました」と告げると、あちこちですすり泣く声が聞こえ、監督や部長も目頭を押さえた。

「自主的に出場辞退すれば、追加処分はない」と高野連側から示唆があったともいわれるが、県外出身者が多いうえに、眉毛を剃り、額に剃り込みを入れるなど、ヤンチャなイメージの強いチームに対する“大人たち”の風当たりがきつかったことも否定できない。

 その後、同校は同年秋、翌年秋にも不祥事で対外試合禁止処分を受け、当時1年生で、のちに南海からドラフト1位で指名された加藤伸一は、在校中のほとんどが謹慎期間という不条理に泣いている。


■喫煙や暴力行為を告発する匿名の投書


 地方予選を勝ち抜いて甲子園入りしたのに、開幕2日前に出場辞退したのが、2005年の明徳義塾だ。プロ注目の右腕・松下建太(元西武)、高校通算44本塁打の中田亮二(元中日)を擁した明徳は、高知県大会決勝で二神一人(元阪神)の高知を延長12回の末、3対2で下し、8年連続出場を決めた。甲子園でもV候補の一角に挙げられ、初戦の相手も日大三に決まっていた。

 ところが、8月1日以降、部員の喫煙や暴力行為を告発する匿名の投書が同校県高野連、甲子園大会主催者側に相次いで届いたことから、8月4日、高野連は調査を開始した。

 これらの事件は、馬淵史郎監督が誠意をもって事後処理に当たり、丸く収めていた。だが、学校、高野連への報告がなかったことが、出場辞退という最悪の結果をもたらした。代わって県大会決勝で敗れた高知が繰り上げ出場となったが、こちらも明徳ナインの無念さを気遣い、複雑な思いだったという。

 冒頭でも紹介したように、米子松蔭以外にも、コロナ禍の影響で高校最後の夏が幻と消えたチームがある。一度出場機会を閉ざされても、状況次第では、今回のような救済措置が取られる柔軟な対応が望まれる。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年7月23日 掲載

関連記事(外部サイト)