夏の甲子園で観てみたいドラフト候補5人 一番の注目は高知「森木大智投手」

夏の甲子園で観てみたいドラフト候補5人 一番の注目は高知「森木大智投手」

高知・森木大智投手

 連日熱戦が続く夏の甲子園地方大会。今年は2年ぶりに本大会が開催されるわけだが、注目は最後の夏を迎えた3年生たちだ。本来なら3年間で5回ある甲子園行きのチャンスは、新型コロナの影響で、大きく減ってしまったからである。まだ1度も甲子園出場経験のない今年のドラフト候補選手の中で、聖地で観てみたい選手5人を紹介する。

 ***

 1人目は高知の怪物右腕・森木大智である。中3夏に行われた軟式野球公式戦の四国大会決勝戦で史上最速の150キロを計測したことで一躍野球ファンから注目を浴びた。だが高知高校入学後の1年夏は決勝で県内最大のライバルである明徳義塾に1-4で敗退。春の選抜がかかった2年秋の四国大会も初戦で古豪・高松商(香川)に2-5で敗れ、甲子園出場を果たせていないのだ。

 森木の最大の魅力は身長184センチの長身から投げ下ろす最速154キロの直球だ。平均でも140キロ台後半をマークし、そこに切れ味鋭いスライダーとスプリット、カットボール、チェンジアップなどを交ぜる投球スタイルが武器である。

 真価が発揮されたのは7月3日に行われた西の横綱・大阪桐蔭との練習試合だろう。先発して7回を投げ被安打9の3失点も、11奪三振の力投をみせている。痛打はされたが、最速152キロの直球で相手打線を圧倒する場面のほうが目立った。特に2回から上位打線を3者連続空振り三振に仕留めたのは注目を集めた。この日はプロ12球団のスカウトが集結、あるスカウトは「フォームのバランスがいい。(上位は)間違いない」と太鼓判を押している。

 気迫あふれる投球スタイルも持ち味の本格派右腕にとって、県内最大の敵はやはり“常勝・明徳義塾”に他ならない。春の四国大会では6-1とリードした9回表無死満塁から登板すると1点を与えたがピンチを断ち、見事チームを優勝に導いた。この夏、再びこのライバルに打ち勝った先に憧れの甲子園が待っている。

 2人目も同じ四国のチームから。徳島の古豪・池田の篠原颯斗だ。最速149キロを誇る右腕で、地元ではレジェンド右腕の水野雄仁になぞらえて“阿波の金太郎2世”と称されている。12球団全てが視察を終えており、当の読売ジャイアンツ・水野スカウト部参与も「将来が楽しみ」と語る逸材である。

 篠原はこの夏の徳島大会、初戦阿南高専戦で高校入学後初の9回完封を達成した。4球団7人のスカウトが見守る前で被安打5、10奪三振の快投だった。続く2回戦では昨秋と今春の県大会を制覇した第1シード・鳴門との対戦。6月に行われた練習試合では5回で6失点し、チームも6-8で敗れていた強敵だった。この試合では6回表まで2点をリードされていたが、篠原は最速146キロをマークした直球で強打の鳴門打線相手に粘り強い投球を続ける。するとこの力投に打線が応え、6回裏に一挙4点を奪って逆転に成功。このリードを篠原が全力で守り、被安打10ながらも9回4失点。6-4で鳴門を撃破したのだった。この勝利で見事ベスト8入り。実に29年ぶりの夏の聖地が見えてきている。

 3人目は智弁和歌山のエース・中西聖輝である。和歌山といえば世代最強エースの呼び声も高い小園健太(市和歌山)が断然の存在感を発揮しているが、この中西もプロ注目の好投手。最速147キロの直球にスライダーやカーブ、チェンジアップなどの変化球を交える投球スタイルが特徴だ。甲子園常連校の智弁和歌山にあって1年春からベンチ入りし、その夏には甲子園出場を果たしているが、控えだったため登板機会はなく甲子園デビューを果たすことができなかった。最上級生となった2年秋以降では、秋の新人戦、秋の県大会、そして秋の近畿大会と小園擁する市和歌山の前に3連敗を喫した。

 だが4度目の対戦となった春の和歌山県大会決勝では攻略に成功し、7-1で快勝。中西は9回を110球1失点で完投勝ちをマークしている。このライバル対決で中西は自己最速を2キロ更新してもいる。

 夏の和歌山大会も名門対決となった初戦の箕島戦で8回を被安打6の7奪三振、失点2・自責点1と好投し、自らホームランを放つなど8-2で快勝。この試合を観戦したスカウトの1人からは「全体的に低めに球が集められている。パワー系でありながら変化球も多彩で柔らかさがある」との評価を受けている。11-0で5回コールド勝ちを収めた2回戦の星林戦も先発、3回を投げて打者10人から2三振を奪うノーヒットピッチングと貫禄をみせた。このまま行けばライバル小園の市和歌山とは早くて準決勝で対戦することとなる。


■打者は


 4人目は打者だ。昌平(埼玉)の大型外野手・吉野創士である。花咲徳栄・浦和学院の2校が強い埼玉にあって、今まで春夏甲子園出場のない昌平は全国的には無名の高校だろう。だが近年県内ではメキメキと力をつけてきており、昨秋の県大会では初優勝、今春も県ベスト4に食い込んだ。そのチームの中心にいるのが吉野なのだ。

 185センチ、79キロという恵まれた体格の持ち主で高校通算55発を誇る右の強打者である。2年時の7月に行われた練習試合の聖望学園戦では上尾市民球場中堅(121メートル)に豪快な一発を放り込んだ。また、センターからライトに弾き返す強い打球にはプロのスカウト陣も注目しており、3年時の春の県大会2回戦・狭山清陵との試合では両翼99メートルを誇る県営大宮球場で鮮やかな右越え2ランを放っている。

 今夏の埼玉大会は2回戦から登場。3試合に勝利して5回戦に進出している。ここまでは9打数3安打の打率3割3分3厘、1打点。まだ一発は出ていないが、9球団のスカウトが熱視線を送った4回戦の正智深谷戦では4打数2安打1打点と結果を残した。特に2回裏の2死一塁の場面では外角直球をとらえて左中間突破の適時三塁打を放っている。この試合を視察したあるスカウトは「打球の上がりが素晴らしい。走攻守でレベルが高い」と高評価だった。徳栄・浦学の2強を倒すにはやはり吉野のバットが重要な鍵となるだろう。

 5人目は投打“二刀流”の選手を紹介したい。岐阜第一の阪口樂だ。身長186センチ、体重87キロ。プロ注目の4番・エース兼ファーストで、投げては最速143キロ右腕、打っては左打席から高校通算27本塁打を誇る。だが、これまでの最高成績は昨年秋の県大会3位と東海大会ベスト4で、甲子園出場経験はない。

 プロの注目を集めるようになったのは、4強入りした昨夏の独自大会だった。打率5割6分3厘、4本塁打、9打点の大活躍。特にプロ注目の最速153キロ右腕・加藤翼(中日)擁する帝京可児との試合で2本塁打をマークし、度肝を抜いた。1本目は外高めの直球を逆方向の左中間に叩き込み、2本目は加藤翼の149キロ高め直球を右中間に放り込んだのだ。それも中堅122メートルを誇る長良川球場でである。

 今夏は2回戦から登場、2連勝して4回戦に進出している。最初の加茂戦では、8回2安打17奪三振1失点の好投をみせたが、集結した8球団13人のスカウトは3打数1安打1打点だった打撃に注目。「左右どちらにも長打を打てる打者は貴重。上位候補になってくると思う」と投よりも打の評価が高いのである。

 6球団9人のスカウトが視察した次戦では3打数1安打3打点。待望の一発はまだ生まれていないが、強豪ひしめくベスト16以降の試合で豪快なアーチを期待したい。

 この5人のうち、果たして何人が憧れの聖地に立つのだろうか。

上杉純也

デイリー新潮取材班編集

2021年7月24日 掲載

関連記事(外部サイト)