「侍ジャパン」金メダルへ不安要素も…4番「鈴木誠也」が打てず、中継ぎ陣が不調

「侍ジャパン」金メダルへ不安要素も…4番「鈴木誠也」が打てず、中継ぎ陣が不調

スタメン唯一のノーヒットに終わってしまった鈴木誠也

 東京五輪で悲願の金メダルを目指す野球日本代表。初戦のドミニカ戦は9回裏に逆転サヨナラ、2戦目のメキシコ戦は終盤に追い上げられながらも逃げ切りと苦しみながら2連勝で、一次リーグを1位で突破した。今回は出場選手の活躍度について、◎、〇、△、×の4段階で採点しながら、決勝トーナメント(ノックアウトステージ)でのポイントを探ってみたい。


■文句なしのできの山本


◎:山本由伸(オリックス)、伊藤大海(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)、坂本勇人(巨人)

 投手で文句なしの出来を見せたのは、大事な初戦の先発を任された山本だ。立ち上がりに少し硬さはあったものの、6回を投げてわずか被安打2、9奪三振で無失点とほぼ完璧に近いピッチングで試合を作って見せた。今回、選ばれた投手陣の中で安定感は頭一つ抜けており、順調に勝ち進めば決勝戦の先発を任される可能性は高い。このピッチングには、米メディアも称賛しており、メジャーリーガー候補としてさらに注目を集めそうだ。

 伊藤は、多くのリリーフが苦しむ中、メキシコ戦で見事な投球を見せた。数字以上に勢いのあるストレートと多彩な変化球を操り、とてもルーキーとは思えない堂々としたピッチングだった。抑えの栗林良吏(広島)、セットアッパーの平良海馬(西武)がともに失点しているだけに、場合によってはさらに重要なポジションを任せられることもありそうだ。

 野手では1、2番を任された山田、坂本の活躍が目立った。ともにドミニカ戦の第3打席までは内容も良くなかったが、9回裏に連打でサヨナラ勝ちを演出してからは覚醒。メキシコ戦では、ともにホームランを含むマルチヒットをマークした。坂本は三振が多いのは少し気になるところだが、この2人が好調を維持できれば、決勝トーナメントでも得点源となる可能性は高いだろう。


■安定した打撃の吉田と村上


〇:森下暢仁(広島)、山崎康晃(DeNA)、吉田正尚(オリックス)、村上宗隆(ヤクルト)、甲斐拓也(ソフトバンク)、近藤健介(日本ハム)

 メキシコ戦の先発を任された森下は本調子というわけではなかった。それでも5回を2失点にまとめ、先発としての役割をしっかり果たした。力のある打者に対しても大きいカーブ、小さく沈むチェンジアップの緩いボールを思い切って投げられ、しっかり結果を残したのは自信となったはずだ。

 山崎はドミニカ戦の4番手で登板し、1回を危なげなく無失点。2年前の世界野球「プレミア12」の経験も心強く、今後も中継ぎの一角として期待される。

 シーズンと変わらぬ安定した打撃を見せたのが吉田と村上の2人だ。吉田はドミニカ戦で2安打1四球と3度出塁。メキシコ戦もノーヒットに終わったものの、内容は決して悪くなかった。村上もドミニカ戦で1点差に迫る貴重なタイムリーを含む2打点。メキシコ戦でもセンター前にしっかり弾き返している。今後もポイントゲッターとして期待したい。

 近藤は控えに回っているが、ドミニカ戦では代打で貴重なヒットを放ち、今後も切り札としての役割を任せられることになるだろう。そして、キャッチャーの甲斐もパスボールなど守備のミスはあったが、打撃では好調をキープしている。9番に打てる選手がいるというのは打線にとって大きなプラスである。


■最も心配なのは柳田


△:平良海馬(西武)、栗林良吏(広島)、浅村栄斗(楽天)、柳田悠岐(ソフトバンク)、菊池涼介(広島)

 投手陣で不安を残したのが、セットアッパーの平良とクローザーの栗林だ。平良はドミニカ戦の走者を背負った場面で登板して、無失点で切り抜けたが、メキシコ戦では四球からの被弾で2失点。栗林もドミニカ戦では1点ビハインドで登板し、追加点を許している。早い段階で悪い部分が出たとも考えられるものの、1点のリードで終盤を迎えるのは正直、不安が残る内容だった。

 野手では浅村、柳田、菊池の3人が可もなく不可もなくという印象だ。浅村は慣れないファーストをこなし、菊池は守備でさすがというプレーを見せているが、打撃に関しては二人ともやや淡白な内容が多かった。最も心配なのが柳田だ。ドミニカ戦では長打が出るも、メキシコ戦では4打席とも内容が悪かった。この3人が並ぶ打順となっているだけに、もう少し繋がりが出てきてほしいところだ。


■ボールの勢いを感じられない青柳


×:青柳晃洋(阪神)、鈴木誠也(広島)

 投手で最も心配なのが、ドミニカ戦で2番手に登板して先制点を許した青柳だ。左打者が多い場面で起用した采配面にも疑問は残るが、慣れないリリーフということもあってか、シーズン中のようなボールの勢いが感じられなかった、過去の国際大会では渡辺俊介(元ロッテ)、牧田和久(楽天)、高橋礼(ソフトバンク)といったアンダースローの変則タイプの活躍が目立っただけに、青柳への期待も大きいとはいえ、次の起用はかなり勇気がいることは間違いない。

 野手では、4番の鈴木がスタメンで唯一のノーヒットに終わった。積極的にバットを振る姿勢は徐々に出てきているが、力みが目立ち持ち味であるコンタクト力の高さを発揮することができていない。ライトの守備力も貴重だけに、スタメンから外すことは考えづらいが、次の試合でもノーヒットに終わるようであれば、打順の変更を検討すべきだろう。

 投手陣はリリーフに少し不安が残ったが、山本、森下と先発の2人がしっかりと試合を作れたことは何よりも大きい。野手も鈴木以外にはヒットが出ており、メキシコ戦では足を使った攻撃が出たこともプラス材料だ。ただ、決勝トーナメントは短期決戦だけに、少しの判断の遅れが致命傷になることも十分に考えられる。そういう意味でも好調な選手を見極めて、思い切った起用をすることができるかが金メダル獲得へのカギとなるだろう。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年8月1日 掲載

関連記事(外部サイト)