中田翔と田中将大が一触即発!「夏の甲子園」の忘れがたき因縁対決

中田翔と田中将大が一触即発!「夏の甲子園」の忘れがたき因縁対決

2005年、平田良介(現中日)と中田翔(現日本ハム)擁する大阪桐蔭と熱闘を繰り広げた駒大苫小牧2年の田中将大

 2006年夏の甲子園大会決勝で、早稲田実・斎藤佑樹(日本ハム)と駒大苫小牧・田中将大(楽天)が延長15回引き分け再試合の熱闘を演じたのをはじめ、現役プロ野球選手同士が夏の甲子園を舞台に対決したシーンは多い。今となっては懐かしい因縁対決の数々を振り返ってみよう。


■まさかの押し出しサヨナラ四球


 ヤクルト・石川雅規、ソフトバンク・和田毅の両左腕が火花を散らしたのが、97年の1回戦、秋田商vs浜田だ。169センチと小柄で、秋田商入学時に軟式野球を勧められた石川は、「3年間球拾いでもいいから」と硬式野球部に入り、努力の末エースになった。この日も浜田打線から7三振を奪ったが、浜田の2年生エース・和田も負けていない。8回まで散発4安打の好投を見せ、3対1とリードして最終回を迎えた。

 だが、勝利目前の最終回に大きな落とし穴が待っていた。連打で無死一、二塁と反撃され、投前バントを和田が一塁に悪送球。さらにカバーに入った右翼手の三塁送球もそれるダブルエラーの間に3対3の同点。なおも無死三塁のピンチに、浜田ベンチは打者2人を敬遠して満塁策をとるが、和田は次打者・石川に対し、1球もストライクが入らず、まさかの押し出しサヨナラ四球に……。

「同じ投手として複雑な気持ちだった」という石川は、しばらく打席で立ち尽くしていたが、三塁走者の「走れ!」の声で我に返り、慌てて一塁に向かった。「先輩たちに申し訳ない気持ちで一杯」と悔やんだ和田は、翌98年夏、左腕の上腕三頭筋断裂の重傷を乗り越え、再び甲子園に出場。同校初の8強入りの立役者となった。

 冒頭でも紹介した田中は、駒大苫小牧2年の2005年にも、準決勝の大阪桐蔭戦で、平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)と熱闘を繰り広げている。

 平田は前日の準々決勝、東北戦で、清原和博(PL学園)以来史上2人目の1試合3本塁打を記録。中田も1回戦の春日部共栄戦で5回途中からリリーフし、7回に決勝ソロを放つなど、投打二刀流のスーパー1年生として注目を集めた。

 この強力打線を相手に、夏の甲子園2度目の先発となった田中は、5回まで無安打無失点。その5回には、内角高めにのけぞった中田がガンを飛ばすシーンもあった。田中も「何や、お前!」とばかりに罵り返し、最後は落ちる球で空振り三振に打ち取った。

 だが、中田もやられっぱなしでは終わらない。0対5の7回、先頭の平田がこの日2個目の三振に倒れたあと、146キロ直球に詰まりながらも、チーム2本目となる中前安打を放ち、「どや!」と言いたげに一塁ベース上で田中に視線を投げかけた。

 この一打が反撃の口火となり、スタミナ切れから4失点した田中は8回途中降板となったが、駒大苫小牧は延長10回に1点を勝ち越し、6対5で逃げ切り。翌日の決勝戦では、田中が最速150キロをマークして、2年連続夏制覇を実現した。


■「降板」のサインを出さず投げた大谷


 菊池雄星(マリナーズ)と大瀬良大地(広島)の対決が実現したのが、09年の1回戦、花巻東vs長崎日大だ。長崎大会準々決勝でセンバツ優勝投手の清峰・今村猛(広島)に3対1で投げ勝った大瀬良は、この日も5回まで被安打3の無失点と好投する。

 一方、立ち上がりから制球が不安定な菊池は、2回に先制ソロを許したあと、6回にも2ランを浴び、0対3とリードを広げられた。だが、腰を痛めながらも、気力で投げ続けていた大瀬良もその裏、先頭打者への四球をきっかけに2失点と崩れ、7回にもピンチを招いて降板。そして、3対4となった直後、三塁走者の菊池が重盗で同点のホームを踏む。投手戦の予想に反して、激しい点の取り合いとなった。

 長崎日大は8回、菊池に3本目のアーチを浴びせて、5対4と再び勝ち越すが、その裏、再登板した大瀬良が満塁で走者一掃の二塁打を打たれ、逆転負け。「打たれてしまった自分の負けです」と唇を噛む大瀬良に対し、野球人生初の1試合3被弾を喫した菊池も「こんなに(自分の球に)ついてくるチームがあるのか」とショックを受け、ほろ苦い勝利を味わった。

 今年投打で大リーグで活躍する大谷翔平(エンゼルス)といえば、花巻東3年春のセンバツで大阪桐蔭・藤浪晋太郎(阪神)から本塁打を放ったシーンが有名だが、2年夏にも甲子園に出場し、日本ハム時代にチームメイトになった松本剛と対決している。

 1回戦の帝京戦、大谷は岩手大会直前に痛めた左足が完治せず、「痛くて下半身が使えない状態」だったが、4点を失い、なおも1死一、三塁のピンチで、エースの責任感から登板を志願。将来を気遣った佐々木洋監督は「投げられないときは、すぐに言う」という条件でゴーサインを出した。

 打者は4番の主将・松本。大谷の初球、148キロを狙い打ちし、右犠飛で5点目を挙げた。故障を押して必死に投げる大谷の姿に奮起した花巻東打線もその裏、3長短打で5対5の同点。再び2点をリードされた6回にも、大谷が左翼フェンス直撃の同点2点タイムリーを放ち、勝利への執念を見せる。

 だが、7対7で迎えた7回2死一、三塁、大谷は再び相まみえた松本に146キロ直球を右前に弾き返され、勝負あり。それでも大谷は「降板」のサインを出すことなく、9回まで105球を投げ抜いた。日本ハム最後のシーズンとなった17年、3番・大谷の前の2番を打ったのが松本だった。これも“不思議な因縁”である。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年8月12日 掲載

関連記事(外部サイト)