苦しい巨人の起爆剤、新外国人「ハイネマン」に過度な期待は禁物【柴田勲のセブンアイズ】

苦しい巨人の起爆剤、新外国人「ハイネマン」に過度な期待は禁物【柴田勲のセブンアイズ】

原監督とタッチする巨人・ハイネマン

■手先だけで打っている


 首の皮一枚というより首の皮三枚つながったと言ってもいい。巨人が12日の広島戦(マツダ)で10試合ぶりに勝利した。先発したエース・菅野智之が中4日の先発で広島打線を7回1失点に抑えれば、女房役の小林誠司が決勝弾を放ち1点差で逃げ切った。

 首位の阪神がDeNAに敗れたためゲーム差は「3」、危険ゾーンを脱出して追撃の態勢をとることができた。

 日本ハムから電撃移籍した中田翔が2軍落ちした。移籍後、16試合で40打数6安打、打率1割5分、1本塁打だった。2軍での再調整もやむをえないところだった。

 今季は日本ハム時代から成績が振るわなかった。後輩への暴行事件から巨人に移籍して打ちたい、活躍したい、なんとかしたい。気持ちばかりが先走っている。前回も記したがもっとゆっくり大きくバックスイングを取って投手に対することだ。いまは手先だけで打っている。これだと速い真っすぐには差し込まれて、変化球には泳ぐ。タイミングがうまく取れない。若い時は不調時でもパワーがあるからなんとかなっていたが、32歳になり腰の状態もよくないと聞く。悪循環にはまっている。とはいえ、まだまだ老け込む年齢ではない。


■長嶋さんも打撃指導


 12日、イースタン・リーグのロッテ戦(浦和)では「4番・DH」で出場し、逆転の決勝2ランを含む5打数4安打5打点と打ちまくった。ファームで緩い球を投げる投手には対応できる。レベルが違う。打てない苦悩から精神的にも参っていたのだろう。今回の2軍落ちはいい調整になるはずだし、阿部慎之助2軍監督も親身になって指導するに違いない。もともと、原辰徳監督は中田の打力を高く評価していた。13日には長嶋(茂雄)さんがジャイアンツ球場を訪問して中田に約40分間に亘って打撃指導をした。丸が2軍落ちした時も指導したが、ミスターはよっぽど中田の状態が気になるのだろう。打撃指導もそうだが、中田にとってモチベーションが上がるはずだ。

 巨人にとって踏ん張りどころだ。残り32試合、阪神とは7試合、ヤクルトとは8試合残している。24日から東京ドームに阪神を迎えての3連戦があるが、その時までにゲーム差を3、もしくは2にしておくことが必須だ。これ以上離されてはならない。

 それにしても巨人の戦いは苦しい。11日の中日戦(東京D)から新外国人、スコット・ハイネマン外野手(28)※を「7番・右翼」でスタメン起用した。中田を落として代わりに昇格させた格好だ。来日初打席で右中間二塁打を放った。12日は「3番・右翼」に抜擢した。丸佳浩とゼラス・ウィーラーの調子が良くないことからの起用だろうが、当てにせざるを得ないチーム事情、つまり辛さが透けて見える。前半戦のウィーラーの活躍をイメージしたのだろう。さらに起爆剤の役割を期待したのかもしれない。だが、新外国人だけに力は未知数だ。


■丸も外してはいけない


 ハイネマンはアベレージヒッターとの触れ込みで走力・守備力も兼ね備えているのが売りだ。まだ2試合だが、打撃は器用そうだし、確かに肩だって強いようだ。でも、いまは日本の投手の球の速さ、コントロールの良さに驚いているのではないか。まあ、それなりの活躍はできると思うが過大な期待は禁物だ。とにかく日本の野球をなめずにプレーしてほしい。

 阪神追撃の主役は打撃陣では丸、坂本勇人、そして岡本和真の3人だ。この3人が機能してこそ得点源となる。その他のメンバーでフォローする。ことに松原聖弥と吉川尚輝はいまや外せない選手となってきたが自分たちの役割がなんであるかを普段から考えてプレーすることが必要だ。

 投手陣では守護神のチアゴ・ビエイラが9日に出場選手登録を抹消されて、19日以降でなければ再登録できない。ここは中川皓太だろう。ルビー・デラロサはストライクとボールがハッキリしており、以前のような出来ではない。抑えはちょっと厳しい。

 丸も外してはいけない選手だと思う。確かに本調子ではないものの、打線にいることで相手にプレッシャーを掛けられる選手だ。以前も記したが、自軍選手の調子を見極めるのも大事だが相手がどう捉えるかを考えることも必要だ。外すなら丸ではなくウィーラーの方だと思うが。


■「菅野らしさ」が見られない


 さて菅野だ。今回の白星で本格復活なるかといきたいところだが、まだわからない。1日のヤクルト戦(京セラドーム)では8回無失点で131日ぶりの勝利を飾ったかと思えば、7日のDeNA戦(横浜)では5回途中7失点で降板した。正直なところ、次回の登板がどう転ぶか。予断を許さない。

 12日の登板、「菅野らしさ」があまり見られなかった。押し込むという投球ではなかった。やはりかわす投球だった。いや、しのいだと言った方がいいか。好調時の菅野は外角低めの真っすぐ、カーブでカウントを稼ぎ、間にスライダーを使って打者を打ち取ってきた。だが12日はカット、スライダー、フォークを多投していた。投手の基本である外角低めの真っすぐが少なかった。鈴木誠也に浴びた一発は内寄りだった。

 広島打線に対し、初球ストライク先行で、また打者たちもボール球に手を出していたことで助かった面があった。 復調の兆しだったのか、それとも…。次回の登板でどんな投球を見せるのか。大いに注目したい。

 14日から東京ドームでDeNA2連戦、1日空いてやはりドームでヤクルト2連戦、そして19日は甲子園で阪神戦だ。DeNAには後半戦4敗2分だ。前半戦は貯金を稼いできたが、いまは逆にやられている。注目のカードも続く。じっくりと見ていきたい。

※メジャー通算成績は3年間で68試合に出場し打率.172、5本塁打、3Aでは通算166試合の出場で打率.304。

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長を務める。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月14日 掲載

関連記事(外部サイト)