金メダル・稲葉監督が明かす「キャプテンを置かなかった理由」 若い世代をマネジメントする術とは

金メダル・稲葉監督が明かす「キャプテンを置かなかった理由」 若い世代をマネジメントする術とは

稲葉篤紀監督

「最近の若い者は」。部下を束ねる上司の愚痴の定番だが、嘆いてばかりでは組織は動かない。東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表監督の稲葉篤紀(あつのり)氏(49)。彼は「若き侍たち」をどう鼓舞し、まとめ上げたのか。単独インタビューで明かした組織マネジメント術。

 ***

 時代の流れの中で人々の価値観は変わっていきます。

 戦後間もない頃、私が現役の選手だった時代、そして今の若い子たちとでは、当然それぞれ価値観が違います。今回の東京五輪野球日本代表も、最年少選手が21歳と若いチームでした。彼らの価値観を知ることが、監督として「侍ジャパン」という組織をマネジメントし、チームをまとめる上で、ひとつの大きなポイントだったと思います。

 では、今の若い子たちの価値観とは何なのか――。

〈賛否両論が渦巻くなか、また厳しいコロナ対策を強いられながら開催された東京五輪で、野球日本代表は金メダルを獲得した。その侍ジャパンを率いたのが稲葉監督である。

 チームを世界の頂点へと導いた監督、すなわち「世界一の監督」。12球団の選手たちが集う侍ジャパンを見事にまとめあげたマネジメント術は、日頃、さまざまな人間関係の狭間(はざま)で組織運営に悩んでいる経営者や管理職にとどまらず、全ての組織人の関心事といえるかもしれない。

 世界一の監督・稲葉氏は、いかにして組織を結束させたのか。まずは、金メダルへの道程を振り返ってもらう。〉


■「アウト一つ取るのがこんなにも苦しいのか」


 決勝のアメリカ戦(8月7日)6回表2アウト一、二塁。3回裏に我々が先制していたもののリードはわずか1点。アメリカに同点に追いつかれる、あるいは逆転されるかもしれない……。試合の勝敗を左右しかねない、非常に緊迫したシーンでした。

 試合のポイントとなる大事な場面で、四死球でふたつの塁を埋めてしまった千賀滉大(こうだい)が、渾身の投球でどうにかアメリカの打者にファウルフライを打ち上げさせた。その時でした。キャッチャーの(甲斐)拓也がボールを追いかけ、膝を折るようにして大事に両手でキャッチ。そして捕球後、安堵の表情を湛えつつ、まるでグラウンドの神様に感謝するかのように、キャッチャーミットでポンッとグラウンドを叩いたんです。

 あんなに大事そうにキャッチャーフライを捕る拓也を見たことがありません。そんな拓也の姿を見て、ピンチをしのげて良かったという思いと同時に、「何か」感じるものがありました。アウトひとつ取るのが、こんなにも苦しいものなのかと。本当に「苦しいアウト」でした。

 私が選手として参加した2008年の北京五輪の準決勝・韓国戦でのこと。韓国の選手にライトフライを捕られ日本の敗退が決まった瞬間が、私の脳裏から離れることはありませんでした。それこそ、拓也と同じように、韓国の外野手はとても大事そうにフライをキャッチしていた。そこにこもっていた気迫と執念。それに我々は負けてしまったのだと。

 この悔しさを胸に今回の東京五輪に挑んだわけですが、拓也の捕球シーンを見て、北京五輪で失った「何か」を取り戻すことができたように感じています。


■流れが悪い時に…


〈最終的に2対0で勝利した決勝戦での「苦しいアウト」に象徴されるように、侍ジャパンは5戦全勝で金メダルを獲得したものの、その道のりは平坦ではなかった。

 初戦のドミニカ共和国戦(7月28日)から、相手に先制を許し、9回裏に何とか逆転サヨナラ勝ち(4対3)をおさめるという苦戦を強いられたのだ。

 とりわけ、6回まで0封と好投していた先発投手の山本由伸(よしのぶ)を交代させ、7回から投入した青柳晃洋(こうよう)が打ち込まれると、「継投が早すぎたのではないか」と、稲葉氏の采配に批判の声があがった。〉

 由伸が投げていた6回まで0対0だったので、その段階で交代させてしまう怖さは当然ありました。しかし、酷暑の中で昼の12時スタートのデーゲームであったことに加え、五輪独特の緊張感もあり、次の試合に備えてもらう意味でも、由伸の疲労を勘案して6回で交代してもらうことにしました。

 国際大会の独特のプレッシャーのなかで、絶対に先制点を取られてはいけないという重圧を抱えた先発投手には、普段のシーズンとは違った疲労が蓄積されます。ですから、5回まで抑えてくれれば充分で、早めの継投をしていくことは事前に決めていました。結果的にドミニカ戦でこの戦略が裏目に出てしまったのは私の責任です。

 しかし、選手たちの頑張りによって逆転サヨナラ勝ちをすることができた。選手に感謝するしかありませんが、ここで改めてチームがひとつになったんじゃないかと思います。窮地に陥りながらも終盤で逆転する。「俺たちはいけるぞ」とまとまった気がします。(19年に開催された五輪前哨戦の)プレミア12でも、初戦のベネズエラ戦で、2点のビハインドを終盤にひっくり返して勝ってから、チームに勢いがつくという経験をしていました。したがって、流れが悪いからといってバタバタするのはよそう、練ってきた戦略を変える必要はないと、五輪の前から決めていたんです。

〈ピンチに動じない。これも組織のリーダーに求められる資質のひとつに違いない。

 こうして初戦に勝利し、「チーム内」は勢いづいたものの、「チーム外」はやや違った。前記したように、「迷采配」などと、稲葉氏の継投策に疑義を呈する声がメディアを賑わせることになったのだ。〉


■新聞もネットニュースも見ないように


 野球は結果論でいろんなことが言えるスポーツです。ファンや評論家など、それぞれが“監督目線”で、「こうするべきだった」「あそこがダメだった」と議論する。それが野球のひとつの面白さだと思います。批判も含めていろいろな声が出てくるのは注目されている証しだとも思いますし、有り難いことです。

 でも、そうした意見を見聞きして、現場を実際に動かす“監督”の私が、そこから何か影響を受けることがあってはならない、絶対に左右されてはいけない。なぜなら、自分は自分で、しっかりと考えや信念をもってチームを動かしているからです。

 ドミニカ戦の翌日のスポーツニュースを見ると、やはり継投の面などを批判する声があり、日本は勝ったのに、何だかまるで負けたような感覚を覚える自分がいました。その時、思ったんです。

「あっ、監督である私がこれで流されてはいけないな」

 と。もちろん、継投への批判は受け止めますが、こうしたニュースに身を浸してしまうと身動きが取れなくなり、マイナスになると感じたんです。それ以降は新聞もネットニュースも見ないようにしました。


■控え選手のすごい一言


〈ピンチと同時に「雑音」にも動じない。監督のこの姿勢に導かれた侍ジャパンは、2戦目以降も勝利を重ねていく。

 準決勝(8月4日)では宿敵の韓国を5対2で破り、決勝では千賀と甲斐のバッテリーが「苦しいアウト」をもぎとる。なかでも、2度戦うことになったアメリカとの初戦(同月2日)はタイブレーク(延長戦)にもつれこむ激闘となった。

 10回裏、1アウト二、三塁のサヨナラのチャンス。スクイズも予想されるなか、打者の甲斐は打席に入る前に稲葉監督にこう尋ねた。

「打っていいですか?」

 スクイズではなく強行策の選択。監督からの指示を待つのではなく、選手自ら状況を考えてリーダーに判断を仰ぐ。侍ジャパンが「自発的」なチームになっていることを証明した瞬間だった。

 そして甲斐はサヨナラ安打を放つ。〉

 今回のチームは、野球をよく知っている選手が集まっていました。どうしたら点が取りやすいか、どうすれば良い流れを引き寄せられるか。選手みんながそれをよく分かっていた。

 そうやって考えた意見を、いつでも私に言ってきてほしいと選手たちには伝えていました。プレーするのは選手であって監督ではない。監督が動かすのではなく、選手同士がいろいろと考えて試合を動かしていく。それが良いチームだと考えていたんですが、今回の侍ジャパンは本当にそういうチームになりました。

 例えば決勝戦の試合前のバッティング練習でのことです。控えに回り、出番が少なかった(源田)壮亮(そうすけ)、近(こん)ちゃん(近藤健介)、栗原(陵矢)の3人に、「今日も頼むよ!」と声を掛けると、壮亮がこう言ったんです。

「いや、僕たちが出ないほうがいいんですよね」

 控え選手の出番が必要となる試合は緊迫した展開になっている場合が多いことを踏まえてそう言ってくれたわけですが、試合に出たくない選手なんていません。にも拘(かかわ)らず、そんなことが言えるなんてすごい、なんてできた選手なんだと。なかなか言えないですよ。そんなことを言われると、何としてでも選手たちを守ってやりたい、勝たせてやりたいという気持ちになりますよね。


■「飯食いに行くぞ!」で付いてきたのは前の時代


〈侍ジャパンの選手たちが「結束」していたことを物語る逸話である。しかしそれは、選手たちだけの力ではあるまい。選手にそう言わせる稲葉監督のチーム作りの賜物でもあろう。つまり、稲葉監督は若き侍たちの心を掴んだのだ。ここで、冒頭の「価値観」についての話に戻る。〉

 監督というリーダーを務めるにあたり、ビジネスマン向けの動画などを観たりして、ささやかながら私なりに勉強しました。

 戦後間もない頃であれば、食糧事情が良くないなかで、「飯食いに行くぞ!」と言えば若い人は付いてきた。上司にとって、部下に食事を食べさせることがリーダーシップにつながった。食の時代ですよね。

 一方、私が現役選手だった頃はお金の時代です。とにかくお金を稼ぐために働く、それがモチベーションでした。


■現代のキャプテンシーとは


 それでは、今の若い子たちにとって大事な価値観とは何か――。自分の存在感、存在価値をいかに認めてもらえるか、だというのです。インスタグラムをはじめとするSNSでの発信がその象徴ですが、要は「自分」というものをしっかりと外に出しつつ、自分の存在感を大事にする、認めてもらうことを重要視するのが今の若い子たちの価値観なのだと。

 なるほどと思いました。

 これを具体的に侍ジャパンでどう活かしたか。選手それぞれの役割を明確にしてあげることで、彼らが大事にしている存在感を尊重し、モチベーションを保つことにつなげられたのではないかなと感じています。

 壮亮ら控えの選手にも大事な役割があることを伝え、所属チームでは先発を務めている千賀たちにも、第2先発(中継ぎ)の重要性を説明したところ、「どこでも行きます」と言ってくれました。本当だったら先発で行きたかったでしょうけど、我慢して、理解してくれた。感謝ですね。

 また、選手の中にキャプテンを置くこともしませんでした。昔は、ヤクルトの宮本(慎也)さんのように、強力なキャプテンシーを持つ人がいて、そのキャプテンが引っ張っていくという時代がありました。宮本さんは、まさに「ザ・キャプテン」です。

 一方、今の時代、果たしてキャプテン制度が本当に合っているんだろうかと考えたんです。キャプテンがいることで、周りの若い選手は遠慮してしまって、言いたいことが言えなくなる。それが、自分の存在感を大事にする今の若い子たちにとって良いことなのだろうか。今の時代を考えると、若い選手を含めて言いたいことを言い合え、選手たち同士でチームを作り上げていくほうが良いんじゃないかと考えたんです。

 あとは、私に意見を言ってきやすいように、選手たちとのコミュニケーションを大切にしました。侍ジャパンは、一年中、常に行動をともにできるわけではありません。ですから、合流した時にどれだけコミュニケーションを取れるかにかかっている部分があります。

 選手と会話し、私の思いを伝えると同時に、選手たちを理解することにも努める。控えの選手に声を掛けるのと同様に、打たれたピッチャーにも「また次の機会があるからね」と言ったりもしました。

 全員で一緒に戦う。一人でもそっぽを向いていると、チームの力はまとまらずに拡散してしまいます。その点は一番強く意識していました。


■叱る代わりにやったことは


〈細やかな気遣いに気配り。温かく手を差し伸べる優しいリーダー。「若い子」にとって理想的な上司に映るが、他方で、組織を単にまとめるだけでなく勝たせるためには、手綱をきつく締める局面も求められたのではないか。アメとムチ。激励と叱咤。この使い分けが、いつの時代も世の組織人を悩ませる。稲葉氏がムチを使う場面はなかったのか。〉

 選手を叱ったことはないですね。その代わりというか、選手たちに向けて強いメッセージを出しました。とにかく日本が勝つこと。それが一番大事であり、その点においては妥協しないというメッセージを選手たちには伝えたつもりです。

 プレミア12の初戦で、私は調子の悪かった(坂本)勇人(はやと)に代打を送りました。何としてでも勝利をつかみ取るためには、中心選手であろうと代える。このことで、「稲葉監督は勝つためであればこういうこともするんだ」という強固な意志、メッセージが選手たちに伝わったのではないかと思います。

 だから今回の東京五輪でも、サヨナラ勝ちしたアメリカ戦で、先発の(田中)将大(まさひろ)を、逆転を許した4回でスパッと代えました。もう少し投げさせてあげたいところもあったんですが、やはりあそこは勝つために将大の交代しかなかった。ムチと言えるのか分かりませんが、そうしたメッセージは常に送ってきたつもりです。そして、それによって腐ってしまう選手はひとりもいませんでした。将大も、交代した後にベンチで必死に応援し続けてくれました。

 侍ジャパンに課されていた使命は五輪で金メダルを獲ることです。そのためには、「良い選手を集める」のではなく、「良いチームを作る」。まさにその通りのチームになったと思います。そして、我々は勝ったのです。

「週刊新潮」2021年9月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)