斎藤佑樹引退 ハンカチ王子ファンにおくる早稲田実業時代の忘れがたき3試合

斎藤佑樹引退 ハンカチ王子ファンにおくる早稲田実業時代の忘れがたき3試合

一躍時代の寵児となった

 10月1日、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が、今シーズン限りでの現役引退を表明した。プロでは通算15勝26敗(2020年度終了時)と思うような活躍が出来なかった。

 一方、学生時代に“ハンカチ王子”フィーバーを巻き起こし、一躍時代の寵児となったのはご存じのとおり。とくに早実(西東京)のエースとして出場した2006年の夏の甲子園の活躍は印象深い。なかでも再試合を含む2試合計24回を投げきった決勝戦、駒大苫小牧(南北海道・以下、駒苫と略)との激闘は、今もなお、高校野球史に燦然と輝いている。

 だが、高校時代の斎藤の名勝負はこれだけではない。今も忘れ難き3つの試合を紹介しよう。


■「1-0ですね」


 まずは斎藤が高2だった2005年秋の明治神宮大会だ。同年秋の東京大会王者として乗り込んだ秋の日本一決定戦で、早実は準決勝に進出。そこで激突したのが田中将大(東北楽天)と主砲の本間篤史擁する北海道大会の覇者・駒苫だった。あの夏の甲子園決勝の約9カ月前に、両校はすでに顔を合わせていたのである。

 試合は早実が初回に2点を先制し、4回表にも1点を追加。3-0と序盤から試合を優位に進めていた。ところが6回裏の駒苫の攻撃から試合の流れが一変してしまう。斎藤が本間にソロ本塁打を、さらに8番の田中にも適時打を喫し、1点差に迫られてしまったのだ。続く7回裏にも2死から3番の中澤竜也以下に4連打を許し、3失点。ついに逆転されてしまった。

 頼みの打線も4回途中からリリーフ登板した田中の前にわずか2安打で13三振を喫し、手も足も出なかった。先発した斎藤は5回まで無失点に抑え、4番・本間からの2つを含む10奪三振の力投を見せたものの、終盤に力尽きる形となってしまったのである。

 痛恨の逆転負けを喫した帰り道の車中で、監督の和泉実は斎藤に「翌年の春の選抜で苫小牧と当たったら、どうやって勝つ?」と聞いたという。斎藤は「1-0ですね」と即答。これに和泉も「僕もそう思う。1-0でしか勝てないと思うよ」と返している。田中の“伝家の宝刀”スライダーを打ち崩すのはかなり難しいと思われたからだ。

 駒苫の出場辞退で春の選抜での対戦は実現しなかった。が、ほぼこの言葉通り、翌年夏の甲子園決勝では1-1の延長15回引き分け再試合を演じ、再試合でも斎藤は8回まで1失点で抑えていた。斎藤の“勝負勘”を証明するエピソードだ。


■もうひとつの2日間にわたる死闘


 次は06年第78回春の選抜2回戦の関西(岡山)戦である。試合前は関西のプロ注目の好投手・ダース・ローマシュ匡(元・北海道日本ハム)と斎藤との投手戦が予想された。ところが関西は2年生の中村将貴を先発させる。試合は6-4と早実のリードで迎えた9回表にさらに1点追加。斎藤の出来からして、このまま試合終了かと思われた。

 ところが甲子園には“魔物”が潜んでいた。土壇場の9回裏、エラーと連続死球によって、斎藤は無死満塁のピンチを招いてしまったのだ。そして4番・安井一平に走者一掃の適時三塁打を打たれ、同点に追いつかれてしまう。なおも無死三塁と一打サヨナラのピンチ。この絶体絶命の場面で、早実サイドは連続敬遠で満塁策を選択。これが結果的に吉と出た。斎藤は渾身の投球で7番の東慎介を投ゴロ併殺打に、8番の小原徹也を三振に仕留め、ピンチを凌いだのである。斎藤が見せた“一世一代”の投球だった。

 試合はこの後、斎藤と途中からリリーフ登板したダースが力投し、両軍1点も奪えないまま、延長15回で引き分け再試合となった。この年の早実は、春夏両方で延長15回引き分け再試合を経験したことになる。

 注目の再試合は早実の先発が2年生の塚田晃平、関西は2日続けて中村の先発で始まった。試合は2-1と早実がリードして迎えた8回裏に、3回からリリーフしていた斎藤が痛恨の一撃を食らってしまう。エラーで出塁した走者を置いて関西の5番・下田将太が逆転2ランを放ったのだ。

 これで試合は決まったと思われた。だが、またも9回に甲子園の魔物が現れた。1死から早実の4番・後藤貴司が左前安打で出塁すると、続く5番・船橋悠の打球は右前へ。次の瞬間、関西のライト・熊代剛がこの打球を後逸し、打った船橋までもが生還。早実が4-3と再逆転に成功したのだ。

 その裏、このままでは終われない関西は2死満塁と一打サヨナラのチャンスを作る。バッターは前日の9回裏に起死回生の同点三塁打を放っている4番・安井。関西にとってはこれ以上ない場面だったが、ここで斎藤が最後の力を振り絞り、安井を捕邪飛に。試合終了のサイレンと同時に降り出した季節外れの雪が2日間の激闘の幕を引いたのだった。

 2日間で斎藤は22回を投げ、被安打19、16奪三振、与四死球11、失点10、自責点8という熱投を披露した。ここから約5カ月後の夏、早実は駒苫と高校野球史に残る名勝負を繰り広げることとなるが、この春の延長15回引き分け再試合の経験が、もしかしたらあの死闘に活かされていたのかもしれない。


■“打倒・斎藤”に燃えた日大三戦


 最後は06年夏の西東京大会決勝戦の日大三戦だ。この年の春の選抜8強の早実と、当時3年連続で夏の甲子園出場を果たしている日大三との頂上決戦となり、ファンは熱戦を期待していた。しかしその期待を遥かに上回る展開が待ち受けていたのである。

 試合は一進一退の攻防を繰り返し、8回を終わって3-3の同点と両チーム相譲らない展開となっていた。迎えた9回表、日大三に連打が飛び出し、1死一、二塁と一打勝ち越しのチャンスが到来。しかしここまで力投を続ける斎藤が後続を捕殺、空振り三振に仕留め、エースの底力を見せる。

 ピンチを脱した早実は土壇場の9回裏、連打に四球で1死満塁と一打サヨナラのチャンスを迎える。打席には6番を打つ斎藤。まさに投打の活躍で甲子園切符を掴むかと思われた。だが、三ゴロで三塁走者が本塁で捕殺。続く7番・小沢秀の痛烈な当たりもライトの正面を突き、絶好のチャンスを逃してしまう。

 ピンチの裏にチャンスあり。10回表の日大三は四球などで無死一、二塁のチャンスを作る。すると続く打者の犠牲バントをなんと投手の斎藤が三塁へ悪送球、最悪の形で勝ち越し点を奪われてしまった。それでも後続を抑え、裏の攻撃に望みをつないだのである。

 その裏、1死無走者から早実は代打の神田雄二が左中間突破の二塁打を放って出塁し、同点のチャンスを演出。ここで1番の川西啓介がレフト右を破る打球を放ち、見事同点に追いつくのだ。川西は三塁で刺されてしまい、激闘はまだ終わらなかった。

 11回表、日大三は2死無走者から二塁打と斎藤のワイルドピッチで2死三塁と再び勝ち越しのチャンスを迎える。次打者の打球は勢いよくレフトへ。これをレフトの船橋が前方へ倒れこみながらキャッチし、勝ち越しを許さなかった。

 その裏、ついに試合は決着のときを迎える。3番・桧垣皓次朗の二塁打と4番・後藤の送りバントで1死三塁と絶好のサヨナラのチャンス。ここで5番・船橋のバットから放たれた打球は糸を引くように中前へ。3時間46分の激戦についに終止符が打たれたのである。

 この試合、斎藤は11回を投げて11安打を浴び、4失点を喫した。しかし自責点は2。実はこの両校はこの前年の秋の東京大会準決勝で対戦しており、そのときは2-0で斎藤が完封勝ちを収めている。“強打の三高”と言われていた日大三の看板に傷をつけたわけだ。そのため日大三は“打倒・早実”“打倒・斎藤”に燃えていたが、それでも攻略できなかったのである。

 とあるインタビューで早実の和泉監督は「あれだけ力のある三高が1年かけて対策を立てても打てなかった斎藤ですから、甲子園で初めて対戦するチームが簡単には打てないだろうと思ってました」と語っている。この年の夏の甲子園での早実の全国制覇はまさに必然だったのかもしれない。

 斎藤は10月3日に、2軍戦でのラスト登板を終えた。栗山英樹監督は17日のオリックス戦で「投げさせる」と明言している。文字通りの“ラスト登板”。万感の思いを込めてのマウンドとなる。

上杉純也

デイリー新潮取材班編集

2021年10月5日 掲載

関連記事(外部サイト)