実績なしの「最速156キロ右腕」がドラフト戦線に! 社会人&独立リーグの大化け候補5人

実績なしの「最速156キロ右腕」がドラフト戦線に! 社会人&独立リーグの大化け候補5人

ストレートの迫力は今年のドラフト候補の中でも上位に位置している日本通運・柴田大地(写真提供:プロアマ野球研究所)

■スカウト陣の間で密かに話題


 10月11日に開かれるドラフト会議がいよいよ迫ってきた。大きくクローズアップされるのは、もちろん上位指名が予想される選手だが、下位指名や育成指名のなかでも、大化けの可能性を秘めた選手は誰なのか、楽しみな野球ファンも多いだろう。高校生、大学生に続き、今回は社会人と独立リーグのドラフト候補のなかで、将来性がある有望株を探ってみたい。

 まず、ほとんど実績がないにもかかわらず、スカウト陣の間で密かに話題となっている社会人投手がいる。それは、柴田大地(日本通運)だ。日本体育大時代は肘の故障などで公式戦の登板はない。それでも社会人強豪のチームに進んだのは、素材の良さが評価されたためだ。

 昨年はリハビリと体作りに費やすと、2年目の今年はオープン戦で最速156キロをマーク。公式戦の登板はわずか3試合しかないが、10月1日に行われた都市対抗南関東予選の第1代表決定戦では、9回からマウンドに上がり、三者凡退で締めて、チームの本大会出場を決めている。この日の最速は152キロで、投じた13球のストレートのうち9球が150キロを超えていた。ストレートの迫力は今年の候補の中でも上位に位置しており、近い将来のクローザー候補として期待したい投手である。


■プロでもトップレベルの2600回転を記録


 同じく実績は乏しいものの、スケールの大きさが魅力なのが米倉貫太(Honda)だ。埼玉栄時代にダルビッシュ有(パドレス)を指導した若生正廣監督(当時)の下でプレーし、下級生の頃から大器として評判だった右腕だ。

 チームが優勝を果たした昨年の都市対抗では、打者2人、わずか6球だけの登板で、ワンアウトもとれずに降板した。しかしながら、ストレートは151キロをマーク。試合中継で紹介されたボールの回転数は、プロでもトップレベルの2600回転を記録するなど、能力の高さを見せた。悪い癖のないバランスの良いフォームで、素材の良さは誰もが認めるところ。もう1年、会社に残り、結果を残してからプロ入りを目指すべきとの声も少なくないが、“先行投資”で米倉の指名を検討する球団も出てきそうだ。

 一方、独立リーグの投手では、大型右腕の堀越歩夢(栃木ゴールデンブレーブス)に注目。関東学園大付、東日本国際大では目立った実績はなく、大学4年だった昨年夏にBCリーグの栃木へ入団したという異色の経歴の持ち主である。昨年はリリーフで登板を重ね、今年は先発としてリーグ7位となる防御率2.76をマークしている。186cm、93kgという恵まれた体格から投げ込むストレートは威力十分。9月23日に行われたBCリーグ選抜チームと巨人三軍との交流試合では、151キロのストレートを武器に巨人打線を封じ込めた。1回を三者凡退、2奪三振という素晴らしい投球で、スカウト陣へのアピールに成功した。


■タイミングのとり方さえ改善できれば


 続いて、社会人の野手。近畿大学出身の大型ショート、中川智裕(セガサミー)は、長打力がスカウト陣の注目を集めている。190cm近い長身でとらえた時の打球の迫力は申し分なく、ショートから見せる強肩もプロで上位に入るレベルにある。ただ、大学時代から打撃に粗さがあり、社会人2年目となる今年もその傾向が続いている。タイミングのとり方さえ改善できれば、一気に大化けする可能性を秘めている。

 独立リーグの野手では、村川凪(徳島インディゴソックス)の俊足に期待が集まる。四日市大時代から抜群のスピードを誇り、独立リーグ1年目となる今年は40盗塁(63試合出場)をマークして、見事に盗塁王に輝いた。常に全力疾走を怠らず、4.00秒を切ればかなりの俊足と言われる一塁到達タイムは3.8秒台を記録している。打撃のパワーに課題が残るものの、スイングの形は悪くない。しっかり鍛えれば、NPBで勝負できる可能性は十分にあるだろう。ソフトバンクで活躍する周東佑京のような「足のスペシャリスト」として、プロでの飛躍を期待したい。

 昨年のドラフトでは6位指名だった中野拓夢(阪神)が早くも1年目からレギュラーを獲得し、2年目の滝中瞭太(楽天)や岸潤一郎(西武)も下位指名での入団ながら、すでに一軍で活躍している。今年のドラフトでも、彼らに続くような社会人や独立リーグの選手がきっと出てくるはずだ。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月7日 掲載

関連記事(外部サイト)