大工さんから球宴出場も…ドラフト「最下位指名」から大化けしたスゴい選手たち

大工さんから球宴出場も…ドラフト「最下位指名」から大化けしたスゴい選手たち

1991年、ダイエーの新入団発表でガッツポーズをする田畑一也(右端)。「現役大工」という異色の経歴で話題を呼んだ。前列右が田淵幸一監督(当時)

 いよいよ10月11日にドラフト会議が開催される。風間球打(ノースアジア大明桜)、隅田知一郎(西日本工大)などの目玉候補が、どの球団に指名されるか注目されるが、プロで成功するのは、必ずしも上位指名選手とは限らない。過去には“最下位指名”からスターになった選手もいた。そんなスカウト冥利に尽きる大化け選手たちはどんな野球人生を歩んだのだろうか。


■草野球でノーヒットノーラン


 ドラフト史上初の「現役大工」という異色の経歴で話題を呼んだのが、1991年のダイエー10位・田畑一也である。全指名選手92人の大トリでもあり、“正真正銘の最下位指名”だった。高岡第一時代はエースとして夏の県大会4強入り。社会人の北陸銀行でも野球を続けたが、3年目に右肘を痛めて退職。この時点で野球を一度あきらめていた。

 だが、実家の工務店で大工として働きながら、草野球でノーヒットノーランを何度も記録するうち、再び野球への情熱が高まり、ドラフト直前にダイエーの入団テストを受験。見事合格をかち取った。

 本来なら「元北陸銀行」と紹介されるところなのだが、「実家の両親を喜ばせてあげよう」という球団側の厚意により、所属は「田畑建工」になった。

「誰からも立派なプロと言われるよう頑張りたい」と誓った田畑は、ヤクルト移籍1年目の96年に12勝を挙げ、オールスター初出場。翌年にも自己最多の15勝を記録し、チームの日本一に貢献した。


■まさに“ギリギリセーフ”


 田畑同様、全体指名の最下位から頂点に上りつめた男が、93年のロッテ7位・福浦和也(習志野)だ。高校時代は1年からエースで4番を打ち、2年夏に県大会8強入り。最後の夏は雨にぬかるんだグラウンドで力を発揮できず、3回戦で敗退したが、スポーツ紙での評価はランクCながら、貴重な左腕としてリストアップされていた。

 そして、ドラフトではロッテが7位、全体でも最下位の64番目に指名。まさに“ギリギリセーフ”だが、本人は「地元・千葉だったことが幸いしたのでは」と回想している。92年から本拠地を千葉に定めたロッテは、成績不振も影響し、93年の観客動員数は12球団でもワースト。この状況を打開するために、地元出身選手を入団させ、“千葉の球団”のイメージを一層アピールする必要に迫られた。

 同年のドラフトでも、夏の甲子園で活躍した立川隆史(拓大紅陵)を2位指名しており、最下位ながら福浦が指名されたのも、地域密着型の営業戦略の一環と言えなくもない。

 入団時に打者転向を打診された福浦は「1年でもいいからやらせてください」と投手にこだわったが、半年で3度も肩を痛め、投げられない日が続くうち、山本功児2軍打撃コーチから「お前は打者に転向したほうがいい」と強く勧められ、ようやく踏ん切りがついた。

「もともと打つことは嫌いではなかった。投手経験を生かして配球を読んだり、打たれたときの悔しさもわかりますから、そういうことが打者としての成長にとても役立ちました」(福浦)

 以来、「練習量はすごかった」と山本コーチも感心するほどの精進を重ね、97年に1軍昇格。“64番目の男”は、01年に小笠原道大(日本ハム)との争いを制して首位打者に輝き、18年には通算2000本安打も達成した。


■「どちらのほうが打てるんだ?」


 93年のロッテは、福浦以外にも5位・諸積兼司(日立製作所)、6位・小野晋吾(御殿場西)と下位指名の3人全員が主力に成長。これもドラフトの面白さである。

 昨年のセ・リーグ首位打者、DeNA・佐野恵太もまた、16年のドラフトでは最下位の9位指名。全体でも87人中84番目と、意外に低い評価だった。

 明大時代には2年春からリーグ戦に出場し、3年秋からレギュラー定着。4年時は春秋とも打率3割以上をマークし、大学通算6本塁打を記録するなど、強打の左打者として安定した成績を残したが、プロでは主に助っ人の定位置となる一塁手であることがネックになった。

 そして、9位指名も、一歩間違えれば幻と消えていた可能性があった。同年はチーム最後の指名枠をめぐり、もう一人、大学生の内野手が候補に挙がっており、一塁手の佐野より守備面で評価が高かった。総合力で見れば、こちらに軍配が上がっていても、おかしくないところだ。

 だが、代打陣の補強を考えていた高田繁GMは「どちらのほうが打てるんだ?」とスカウトに尋ね、「佐野です」の答えが返ってくると、佐野の9位指名を決断する。プロ入りの夢を実現させてくれたのは、まさに紙一重の幸運だった。


■伯父、甥ともに最下位指名から首位打者へ


「自分は、順位は低いけど、入ってからが勝負。即戦力として1日も早く1軍でプレーしたい」と力強く抱負を語った佐野は、外野手にも積極的にチャレンジし、昨季は筒香嘉智が抜けたあとの4番として打率.328、20本塁打、69打点の好成績で首位打者を獲得したのは、ご存じのとおりだ。

 ちなみに佐野の母方の伯父は、ダイエー時代の92年に首位打者を獲得した佐々木誠だが、実は佐々木も83年の南海の最下位6位指名。伯父、甥ともに最下位指名から首位打者へと同じ道を歩んでいることに不思議な因縁を感じさせられる。

 このほか、現在活躍中の選手では、楽天・島内宏明(11年6位)、DeNA・宮崎敏郎(12年6位)、オリックス・杉本裕太郎(15年10位。全88人中87番目)も最下位指名からチームの主力となった。今年のドラフトでも、下位指名の選手の中に“未来の大物”が隠れているかもしれない。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮取材班編集

2021年10月7日 掲載

関連記事(外部サイト)