ドラフト「甲子園未出場組」は宝の山? 有力候補10人の“気になる評価”

ドラフト「甲子園未出場組」は宝の山? 有力候補10人の“気になる評価”

ドラフト1位指名が有力視されている高知・森木大智(写真提供:プロアマ野球研究所)

■4打席連続で三振を奪う


 ドラフト会議での指名に必要となるプロ志望届の提出が9月27日に締め切られた。過去最多となった昨年よりは少ないものの、150人を越える高校生がプロ志望届を提出している。このなかには、風間球打(明桜)や石田隼都(東海大相模)といった甲子園を沸かせた選手だけではなく、大舞台には縁のなかった有力選手も少なくない。春夏の甲子園で一度も見られなかったドラフト候補について、有力選手を中心に評価を探ってみたい。

 投手でまず1位指名が有力視されているのが、森木大智(高知)だ。中学時代に軟式で150キロをマークして、大きな話題となった。しかしながら、高校での3年間は、同じ県内の明徳義塾の壁を破ることができず、甲子園の土を踏むことはできなかった。ここ一番で勝負弱く、森木の成長について危惧する声はあるが、ピッチングは順調にスケールアップしており、高校生の中でも総合力の高さは指折りであることは間違いない。

 筆者が最後に森木のピッチングを見たのは、夏の高知大会前の7月3日に行われた大阪桐蔭との練習試合だった。全国屈指の強力打線を相手に7回を投げて3失点、11奪三振と見事なピッチングを披露。大阪桐蔭の主将、池田陵真との“ドラフト候補対決”では、4打席連続で三振を奪った。この日のストレートは、スカウトのスピードガンで152キロをマーク。それほど全力で投げていないように見えても、コンスタントに145キロを超え、決め球となるスライダーの鋭さと精度も目を見張るものがあった。


■細身ながら躍動感溢れるフォーム


 森木と同じ右の本格派で、今夏、一気にスカウト陣の評価を上げたのが竹山日向(享栄)だ。下級生の頃から好素材と評価されるも、昨秋に肘、今春に太ももと故障に苦しみ、なかなか本領発揮とはいかなかった。

 だが、夏の愛知大会準々決勝では最速151キロをマークし、見事に成長した姿を見せた。決して力任せではなく、柔らかさのあるフォームから楽に腕を振って速いボールを投げられる。ただ、少しリズムが単調になるなど投球術に課題が残ることから、風間や石田、森木より評価が低くなると見られる。ただし、抽選の展開次第では、1位か2位で消えることも十分に考えられる。

 3位から4位あたりで名前が呼ばれそうな選手は、田中楓基(旭川実)と山本大揮(九州国際大付)である。田中は、細身ながら躍動感溢れるフォームで、投手としてのセンスの高さは抜群だ。夏は北北海道大会の初戦で敗れたが、プロからの評価は変わらず高い。

 山本は九州を代表する本格派右腕。昨秋の九州大会では、今春の選抜で準優勝した明豊に敗れるも、8回を投げて1失点と好投した。スピードは145キロ前後。184センチの大型右腕でありながら、バランスが良いフォームで、今後球速が上がりそうな雰囲気がある。また、リリースの感覚が良く、カットボールやスライダーといった変化球も高校生とは思えないレベルだ。このほか、黒田将矢(八戸工大一)と羽田慎之介(八王子)は、スケール抜群の大型投手だけに、下位指名で狙っている球団は多いだろう。


■打撃が売りの高校生野手が指名される傾向


 一方の野手は、投手以上に甲子園未出場組の有力候補が目立つ。まず、2位以内に入ってくる可能性があるのが、阪口樂(岐阜第一)、有薗直輝(千葉学芸)、吉野創士(昌平)という3人の強打者だ。ポジションは、阪口が一塁手兼外野手、有薗が三塁手、吉野が外野手。近年は、紅林弘太郎(オリックス)をはじめ、井上広大(阪神)や井上朋也(ソフトバンク)といった打撃が売りの高校生野手が上位で指名される傾向がある。この流れに乗って、阪口ら3人が上位で指名される可能性は十分に考えられる。

 最後にもう1人。粟飯原龍之介(東京学館)は、比較的早く名前が呼ばれる可能性がありそうだ。中学時代は9番、セカンドで細身の脚力が目立つ選手だったが、高校で力をつけて長打力もある大型ショートへと成長した。昨秋の関東大会では、相手の守備が極端にライト寄りに守る「粟飯原シフト」が敷かれるなど厳しくマークされているところにも大物ぶりがよく表れている。もともとの持ち味だったプレーのスピードが健在で、守備や走塁も高いレベルにある。今年は高校生だけでなく、大学生や社会人を含めてもショートに有力候補が少ないことから、二遊間が手薄な球団が粟飯原を高い順位で狙ってくる可能性もある。

 侍ジャパンのエースとなった山本由伸(オリックス)、4番を任された鈴木誠也(広島)も甲子園の舞台を経験せずに球界を代表する選手に成長した。今回、取り上げた選手たちも、彼らのように、甲子園に出場できなかった悔しさを糧として大きく飛躍することを願っている。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月8日 掲載

関連記事(外部サイト)