ヤクルト・村上宗隆は「寮のオバケが怖くて一人でお風呂に入れない」? 心霊現象多発でお祓いした過去も

ヤクルト・村上宗隆は「寮のオバケが怖くて一人でお風呂に入れない」? 心霊現象多発でお祓いした過去も

身長188センチのタフガイ

 あの清原和博が21歳9カ月で達成した史上最年少記録が、32年ぶりに破られた。9月19日、対広島戦でプロ入り通算100本目のホームランを打った東京ヤクルトスワローズの村上宗隆。21歳7カ月ながら4番としてチームを引っ張るが、“寮にオバケが出る”として怖がる一面もあって……。

 ***

 熊本県出身で九州学院高校からヤクルトに入団した村上は、プロ4年目で年俸1億円を達成。今年は五輪の日本代表にも選抜された。球界の歴史に名を刻み存在感は増すばかりだが、神宮に足繁く通うファンの間では、主砲のイメージを覆すこんな逸話があるという。

「村上は埼玉にある球団寮に住んでいますが、オバケが怖くて一人でお風呂に入れないそうなんです」

 と明かすのは、さる古参のヤクルトファンだ。

「もともとヤクルトの寮は2軍の練習場に近く、入団4年目までの若手が共同生活を送っていますが、心霊現象が多発することで知られています。選手たちが金縛りにあうことはしょっちゅうで、真夜中にエレベーターが人気のない会議室だけのフロアに止まったり、部屋のドアがいきなり開いたり……。風呂場では、いないはずの人の影が鏡に映ることもあったそうです」

 これでは若手の育成に支障が出ると本気で心配したヤクルト球団は、11年前に寮のお祓いをしたそうだ。


■「会議室でお祓い」


 当時、ヤクルト球団で2軍監督を務めていた猿渡寛茂氏はこう振り返る。

「若手選手が怖がっているという話を寮長から聞きましてね。静岡県の伊東にある妙正寺のご住職に頼んでお祓いをしてもらいました。以前、ヤクルトのトレーナーがお寺の息子さんの治療をしたことがあったご縁で、そのお礼だとご住職がわざわざ寮まで来てくださり、2階にある会議室でお祓いをやりました。ご住職は何かを感じたみたいです」

 そうした話を先輩選手たちから村上も聞かされ、怖くなってしまったのだろうか。そもそも彼は、熊本から上京するまで実家暮らし。つまりは初めて親許を離れて暮らしているのだ。

 地元の恩師で前九州学院高校野球部監督の坂井宏安氏によれば、

「そんなに怖がるような男ではないですけどね。思い出すのは熊本で大地震が起こった時のこと。ちょうど夜の9時過ぎだったかな。練習を終えた村上は、震源地に近い家に帰る途中だったそうで、道路が波打つように揺れて怖くなり、足がすくんで歩けなくなってしまった。それで親に迎えに来てもらったらしいけど、その時のことがトラウマになっているのかもしれない。普段は昭和のガキ大将みたいに男気がある奴で、弱い者イジメはしないし、野球が下手な子をバカにしたりすることもなかった」

 着実に自信と結果を積み重ねている若大将にしては意外な繊細さなのだ。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)