「ポスト原」は原しかいない…巨人がまだ阿部政権に慎重な理由【柴田勲のセブンアイズ】

「ポスト原」は原しかいない…巨人がまだ阿部政権に慎重な理由【柴田勲のセブンアイズ】

「ポスト原」の最有力候補は阿部慎之助1軍作戦コーチだが……

■惨状にファンは泣いている


 巨人、ひどいことになってしまった。惨状にファンは泣いているよ。

 5日からのヤクルト3連戦(神宮)、逆転優勝には3連勝するしかない。前回の今コラムでこう記し、期待して観戦したが、なんのことはない、3連敗だ。続く広島戦(マツダ)も3連敗、ファンにすれば悪夢の1週間だったろう。今季ワーストタイの6連敗、最短で12日にも3連覇の可能性が完全に消滅する。

 最近よく、巨人ファンに声を掛けられる。

「(巨人)なんとかなりませんかね? ゲームを観ていても面白くない。原(辰徳)監督はクビですかね?」

 答えようがない。「エースが不振で4番が打てないのだから仕方ない…」と話すのだが、実際、今の巨人に特効薬はない。ここ6試合連続2得点以下だ。貧打は深刻、25イニング連続でタイムリーが出ていない。

 これはもう、クリーンアップが打てていないということだ。4番・岡本和真の不振が打線全体に広がってしまった。打率は.285くらいあったのに、いまは.266か。打点は106で止まっている。やはり中心選手がしっかりしないとダメだ。

 坂本勇人が頑張っているが限界があるし、丸佳浩にしても相手投手にボールを長く持たれるなど研究と対策が進んでいる。


■阪神3連戦から歯車が狂った


 巨人のチーム打率は.244でリーグ5位だ。先発投手が5、6回くらいまでそこそこ抑えていても、つながらない打線に期待はできない。悪い方へ悪い方へと行ってしまう。

 いまの巨人、「覇気がない」と言われるけど負けているからそう見えるのだろうし、事実そうなのだろう。手の施しようがない。

 これまた一度、今コラムで指摘したが、9月3日からの阪神3連戦(甲子園)から歯車が狂った。首位に立っていたが、3日の試合は3点をリードしながら逆転負け、翌4日はチアゴ・ビエイラが大山悠輔にサヨナラの2ランを浴びた。今季初のサヨナラ負けで首位から陥落した。

 そして5日、序盤で6点をリードしながら好投していたC.C.メルセデスを5回限りで引っ込め、また坂本を6回の守備からベンチに下げた。「いい時は動くな」の鉄則を破り動いて相手に、しかもライバルに流れを渡した。結果はご存じの通り、阪神の猛追に遭って引き分けとなった。

 滅多にない試合だった。連敗して引き分けたこの試合が今季のターニングポイントになってしまった。

 勝負事は怖い。采配ミスで相手を活気づかせてしまい、また自分の手元にあった流れを引き戻すのは容易なことではない。9月3日から30日まで5勝14敗4分、勝負の9月に完全に失速した。10月も同様だ。


■バトンタッチには慎重


 秋風が吹き始めて、球界人事も動き出した。西武の辻発彦監督、日本ハムの栗山英樹監督、そしてソフトバンクの工藤公康監督が今季限りで退任することが決まったようだ。

 そして巨人・原監督は来季も続投する方向だと一部で報じられた。原の気持ちひとつだろうが、現在の巨人で他にやれるような人材はいない。もちろん、5日に1軍の作戦コーチに配置転換となった阿部慎之助2軍監督が「ポスト原」の最有力候補だが、巨人はもう1、2年は勉強させたいと考えているはずだ。

 というのも、15年に第2次政権を終えた原監督が辞表を提出して、その座を高橋由伸に譲ったものの、2、4、3位で結果を出せなかった。高橋は指導者としての経験をほとんど積まずに指揮官となった。当時、禅譲された本人が「エッ!」とビックリしたと伝え聞いた。監督への準備期間もなく手探り状態で指揮を執っていたようだ。

 巨人はだからこそ、原監督から阿部へのバトンタッチには慎重なのだろう。巨人フロントはそこを踏まえて、「君しかいない。全面的に協力する」となるのではないか。

 第一、現在のチーム状態で阿部に禅譲しても苦労するのは確実だ。戦力をキッチリ整えて阿部に渡す。そして阿部はもっと経験を積む。巨人はそんな青写真を描いていると思う。


■巨人はクジ運がない


 で、今年のドラフトである。巨人は1位指名で大学No.1左腕の隅田知一郎(ちひろ)投手を指名したが4球団競合の末に敗れた。巨人はクジ運がないからなあ。これで11連敗だ。

 でも、外れ1位で関西国際大の右腕・翁田大勢投手の交渉権を獲得した。翁田はスリークオーター気味のフォームで最速157キロを誇る。伸び代が大きい投手という評判だ。

 巨人は菅野智之、山口俊、戸郷翔征、高橋優貴、メルセデスの5人で先発を回しているが、イキのいい投手が欲しかったところだ。阪神、ヤクルトを見ると、「オッ、これは」という投手が結構いるものの、巨人にはあまり見当たらない。入団して新風を巻き起こしてほしい。

 巨人は12日から東京ドームに阪神を迎えての3連戦だ。まだ戦いは終わっていない。CSはまず間違いないだろう。野手は1本のヒットを貪欲に狙い、投手は1イニングを0に抑えて積み重ねる投球を心がけることだ。巨人の首脳陣はなんとかCSまでに態勢を整えてもらいたい。

 ファンはガックリきて泣いているが、OBたちも同じだ。このままで終わってほしくない。

(成績は11日現在)

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長を務める。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月12日 掲載

関連記事(外部サイト)