巨人1位「翁田大勢」はようやく復調…「ドラフト2021」意外な順位で指名された選手たち

巨人1位「翁田大勢」はようやく復調…「ドラフト2021」意外な順位で指名された選手たち

巨人からドラフト1位指名を受けた関西国際大・翁田大勢(写真提供:プロアマ野球研究所)

 2021年のドラフト会議が10月11日に開かれ、支配下で77人、育成で51人が指名された。年間300試合以上のアマチュア野球を取材する筆者は、昨年に引き続き、今年もドラフト会議の生中継(CS放送・スカイA)で解説を担当した。ドラフト当日は、前評判が低い選手が上位指名される一方で、上位指名が有力視されていた選手の名前がなかなか呼ばれないなど、意外な展開が見られた。そこで、今回は「意外な上位指名」と「意外な下位指名」という視点から、今年のドラフトを総括してみたい。


■想像以上の高評価


 まず、予想外の展開を見せたのが、1位指名の最初の入札で3球団が野手を指名したことだ。打線に大きな課題のある中日が、大型外野手のブライト健太(上武大)に入札したことはある程度予想通りだった。しかし、楽天が強打の外野手、吉野創士(昌平)とロッテが強打の捕手、松川虎生(市立和歌山)の1位指名を予想した球界関係者は少なかったようだ。

 実際、当日の主要なスポーツ紙を確認すると、楽天とロッテの1位指名を的中させた予想はなかった。楽天はレギュラー野手の高齢化と右打者不足、ロッテは次世代の正捕手候補という、それぞれの補強ポイントがあるとはいえ、吉野と松川は高校球界で飛び抜けた存在ではなく、想像以上の高評価だったというのが正直な印象だ。

 吉野はまだまだ細いだけに体作り、松川はディフェンス面のレベルアップが課題となるが、ドラフト1位としての大きな期待が冷めないうちに、二軍で万全の結果を残せるかが、重要になりそうだ。

 中日に指名されたブライトもまた、決して完成度が高い選手とはいえない。3年秋まではリーグ戦で1本のヒットも打てず、結果を残したのは今年の春だけだ。芯でとらえた時の飛距離は魅力だが、攻守ともにまだまだプレーの安定感は乏しい。中日は貧打解消の切り札として期待しているかもしれないが、1年目から過剰な期待をかけるのは危険である。


■わずか1試合の登板


 一方、外れ1位に目を移すと、最速157キロ右腕の翁田大勢(関西国際大)を巨人が1位で指名したことは予想外だった。兵庫県内では高校時代から評判の右腕だったとはいえ、大学では故障もあって活躍を見せたのは2年秋のシーズンのみ。今年の春も調整が遅れ、わずか1試合の登板でワンアウトもとれずに降板している。

 今秋になって、ようやく復調。プロ12球団のスカウトが集結した10月4日の大阪体育大戦では14奪三振、2失点完投と結果を残すも、6四死球とコントロールや変化球に課題が残った。巨人は、常時150キロ前後をマークするストレートの勢いを高く評価したようだが、翁田を1位候補として考えていた球団は少なかった。即戦力というタイプではなく、まずは二軍でしっかりと、投球全体のレベルアップに取り組むことが必要になるだろう。

 続いて2位指名で、意外な高評価だった選手は2人。ロッテに指名された池田来翔(国士舘大)と、楽天に指名された安田悠馬(愛知大)だ。池田は東都二部を代表する強打のセカンドで、大学日本代表候補にも選ばれた経歴を持つ。ただ、4年間のリーグ戦通算本塁打は3本と多くない。守備や走塁もドラフト候補としては“及第点”というレベルで、2位指名は予想外だった。

 安田は、愛知大学リーグの二部所属。今年はオープン戦や公式戦を通して、特大弾を連発し、長打力が注目されていた捕手だが、これほど上位で指名されると予想していた球団は、楽天以外になかったのではないか。


■新人王争いの中心となるか


 逆に指名順位が低く、評価が低いと感じた投手は、ロッテ3位の広畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)と日本ハム8位の北山亘基(京都産業大)。広畑は社会人ナンバーワンの呼び声高い本格派右腕で、最速154キロのストレートだけでなく、変化球やコントロールも高いレベルにある。今年の候補の中では、最も即戦力として期待できる投手だけに、3位まで指名されずに残っていたことは本当に驚きだった。

 ドラフト前に行われた都市対抗予選で打ち込まれたことと、上背の無さが評価を下げた原因と考えられるが、上位指名で野手を優先したロッテにとって、広畑を指名できたことは、大きな幸運だった。く、広畑は新人王争いの中心となることも期待できる。

 北山は最速153キロを誇る本格派右腕。投手としての総合力も大学球界では屈指の存在だ。少し癖のあるフォームや今秋は好投しながら勝ち運に恵まれない点などが、指名順位が低くなった理由として挙げられる。だが、日本ハムにとっては、戦力として大きなプラスで、1年目から一軍の戦力となる可能性は高いだろう。

 冒頭で触れたように目玉候補が不在で、展開が非常に読みづらいと言われた今年のドラフトだったが、終わってみると、やはり各球団の思惑などによって、前評判とは異なり、指名順位が大きく変動することがはっきりとわかる結果となった。果たして、来年はどんな展開になるのだろうか。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月14日 掲載

関連記事(外部サイト)