松坂大輔がレ軍時代「ポールを掴んで肩を痛めた」と発言 評論家は「大人の発言」と指摘する理由

松坂大輔は引退会見でレッドソックス時代に肩を痛めたと発言 江本孟紀氏が指摘も

記事まとめ

  • 松坂大輔は引退会見でレッドソックス時代に「ポールを掴んで肩を痛めた」と発言した
  • しかし、当時は肩ではなく「WBCの前から股関節を痛めていた」と述べていた
  • 江本孟紀氏は肩を痛めながらの18勝は信じられないと述べつつ「大人の態度」と推測した

松坂大輔がレ軍時代「ポールを掴んで肩を痛めた」と発言 評論家は「大人の発言」と指摘する理由

松坂大輔がレ軍時代「ポールを掴んで肩を痛めた」と発言 評論家は「大人の発言」と指摘する理由

引退会見での松坂大輔

 とっさにポールのようなものを掴むと、右肩を痛めてしまった──現役を引退する西武の投手松坂大輔(41)の発言が、波紋を呼んでいる。

 ***

 10月19日、松坂は引退会見を行った。記者から「最後に自信を持って投げられたのはいつか」と問われると、「2008年の5月か6月か」と答えたのだ。担当記者が言う。

「松坂さんは2006年のオフにポスティングシステムの行使が認められました。独占交渉権をレッドソックスが獲得し、総額5200万ドル(約59億円)の6年契約を結びました。2007年に大リーグデビューを果たしたので、2008年はレッドソックスで2年目のシーズンだったことになります」

 松坂の回答を裏返すと、レッドソックスの3年目からは自信を持って投げられない状態だったことになる。

 これだけでも相当にインパクトのある発言だ。しかし、続く説明は更に衝撃的だった。

 スポニチアネックスは会見当日の午後2時に、「松坂大輔 右肩痛めたのはアクシデントだったこと明かす レ軍時代の08年『足を滑らせて、とっさに…』」の記事を配信した。速報に値するニュースだと判断したのだろう。同記事から松坂の発言を引用する。

《「チームがオークランドで遠征中で、その前の試合で投げてブルペンの日。ロッカーからブルペンに向かう途中で足を滑らせた。とっさにポールのようなものをつかんだ。その時に右肩を痛めてしまって、そのシーズンは大丈夫だったが、オフからいつもの肩の状態じゃなく、そこから肩の状態を維持するのに必死だった」と明かした》


■故障者リスト入りの事実


「松坂さんの発言を報じたのはスポニチだけではありません。福岡・西日本スポーツの電子版や、野球専門のネットメディア『Full-Count』、日テレNEWS24なども、肩を痛めた原因を記事にして配信しました。何しろスポーツ紙の記者でも初めて聞いた話なのです。ニュースバリューがあると判断されたのは当然でしょう」(同・記者)

 松坂は「5月か6月」と説明したが、調べてみると5月で間違いないようだ。

「5月22日、松坂さんはロイヤルズ戦に登板し、負けなしの8連勝となりました。そして翌23日からアスレチックスと3連戦を戦っています。また5月27日に右肩回旋筋腱板の張りを訴え故障者リスト入りしています」(同・記者)

 松坂の1年目は15勝12敗、防御率は4.40だったが、2年目は18勝3敗、防御率は2.90だった。メジャーにはすぐに順応し、「松坂はどこまで活躍するのだろう」と日米のファンが期待していた。


■投手OBは疑問視


 翌2009年3月に開催されたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、松坂は日本の優勝に大きく貢献した。

 ところが、ボストンに戻ってからは苦戦し、何度も故障者リストに名を連ねた。結局、成績は4勝6敗、防御率は5・76と、それまでのキャリアで最も酷い数字となった。

「シーズン中には、レッドソックスの調整方法を批判したというコメントが報じられました。反響は大きく、松坂さんは『言ったことがない』と否定したものの、謝罪はしました。更にオフになると『WBCの前から股関節を痛めていた』ことを告白。球団側に隠していたことが明らかになり、GMのセオ・エプスタインに謝罪しました」(同・記者)

 引退会見では「肩」だったが、2009年のオフで問題になったのは「股関節」だった。不調の原因に関して疑問が残るとはいえ、松坂本人が会見で語ったのだから疑っても意味がない。だが──。

 野球解説者の江本孟紀氏は「松坂くんは、まさに“大人の態度”で記者会見に臨んだのだと思います」と言う。

「率直に言いますが、肩を痛めながら18勝3敗という素晴らしい成績をあげ、シーズンが終わると症状が出るという説明は、元ピッチャーの私としては信じられません。肩の具合はピッチャーの生命線の1つです。ケガをすれば、今日明日のコンディションに直結します。1年後に悪影響が出るというような、ゆっくりとした話ではないのです」


■“真実”の無意味


 江本氏は、松坂の発言を聞いて、江川卓氏(66)の引退会見を思い出したと言う。江川氏は1987年に引退を表明したが、その際に「禁断のツボ」に鍼治療を行ったと説明したのだ。

「会見で江川さんは、長年の疲労で右肩の具合が限界に達していたが、優勝のかかった広島戦にはどうしても登板したかった。そこで『即効性はあるが確実に選手生命を縮める』という“禁断のツボ”に鍼を打ってもらったというエピソードを明かしたのです。会見で取材をしていた記者も涙を流すほど感動的な秘話でした」(前出の記者)

 ところが、江川氏の発言が報道されると、「そんな危険なツボはない」と鍼灸医の団体が抗議する事態に発展。最終的に江川氏は謝罪した。現在では「何らかの事情があり、江川氏は真実を口にできなかったのだろう」と見られている。

「松坂くんも同じ可能性があります。レッドソックスに在籍していた時、調整方法を巡って首脳陣と対立があったことは日本でも大きく報道されました。恐らく、それが不調に大きく影響しているでしょう。引退会見で記者の質問に答えようとすれば、どうしてもその問題に触れざるを得ない。しかし、もう引退するのです。蒸し返しても意味がないでしょう。それどころか、野球ファンから『恨み節を口にしている』と反感を買う可能性さえありますからね」(同・江本氏)


■口を閉ざした小林繁


 江川氏だけではない。江本氏の知る多くの選手が、引退に際しては過去の軋轢は“封印”し、恨み節は口にせず去っていったという。

「1つだけ具体的な話をしましょう。私は阪神OBで、1981年に引退しました。チームメイトだった投手の小林繁(1952〜2010)は83年に引退しましたが、その理由を『自分の思い描いたボールが投げられない』などと説明しました。それは決して嘘ではないでしょう。でも当時の小林は、体力面なら充分に現役レベルを維持していました。本当の理由は気力がなくなったことで、それは阪神フロントと対立していたからです。私も小林の気持ちはよく理解できましたが、彼は最後まで自分の口から真相を明かすことはありませんでした」

 ならば松坂とレッドソックスには、どんな“確執”があったのだろうか。江本氏は「考えられるのは、やはり調整方法を巡る対立ではないでしょうか」と言う。

「松坂くんの武器は、ずば抜けて早いストレートだったのは言うまでもありません。では弱点はと言うと、太りやすい体質だったことです。西武時代は徹底した走り込みと投げ込みで体重を調整していました。ところがレッドソックスにとって松坂は、59億円の買い物でした。彼を信じて任せればよかったのに、肩は消耗品だと神経質になった。大リーグらしからぬ“管理野球”で、松坂をコントロールしようとしたのです」(同・江本氏)


■レッドソックスの“管理”


 朝日新聞は10月20日の朝刊に「怪物、最後の5球 背番号18をつけ、松坂大輔は去る プロ野球」の記事を掲載した。そこにレッドソックスの“管理”について、こう書かれている。

《大リーグの球数制限が厳しいと日本で広く認識されるようになったのは、松坂が理由ともいわれる。レッドソックス時代は「投げすぎ」とみられ、球団はキャッチボールの球数まで管理し、自主トレに「監視役」を送ったこともある》

「思うような練習ができなくなった松坂くんは、ストレートの威力が落ちました。そこで変化球で打者をかわすピッチングを取り入れようとしました。しかし、変化球は余計に肩や腕に負担をかけることが珍しくありません。本来はストレートでねじ伏せる実力を持っていたのですから、精神的なストレスもあったでしょう。悪循環が始まってしまい、成績が低迷するだけでなく、ケガにも泣かされました。遂に松坂くんは過去の輝きを取り戻すことはできなかったのです」(同・江本氏)

 もし引退会見で正直に、過去の不満を赤裸々に語ったとしても、今となっては何の意味もない。

「松坂くんは自分の本音をオブラートに包み、マスコミやファンが興味を持つようなストーリーを披露したのでしょう。誤解してほしくないのですが、松坂くんが嘘を言ったというわけではありません。肩を痛めた実体験があり、それを元にポールの話をしたはずです。ただその際、関係者を傷つけないよう大人の発言をしたと見ています」(同・江本氏)

デイリー新潮取材班

2021年11月3日 掲載

関連記事(外部サイト)