日本ハム再建へ…「新庄剛志」新監督の“命運”を握る8人の若手選手リスト

日本ハム再建へ…「新庄剛志」新監督の“命運”を握る8人の若手選手リスト

「新庄語録」全開となった日ハム・新庄剛志監督の就任会見

■完全な低迷期


 日本ハムの新庄剛志新監督が11月4日、就任会見を行い、初めて公の場でその思いを語った。「優勝なんか一切目指しません」、「監督ってみなさん呼ばないでください。ビッグボスでお願いします」、「新しい野球というものを作っていきますので、乞うご期待」などといった「新庄語録」全開の会見となり、地元・札幌の期待は早くも高まっている。

 しかしながら、監督のスター性だけでチームが強くなるほど、プロ野球は簡単なものではない。日本ハムは、2016年に大谷翔平(現・エンゼルス)の大活躍で日本一に輝いたが、それ以降の5年間は3位が1回、5位が4回と完全な低迷期に入っている。そんなチームを立て直すためには、現有戦力の底上げは必要不可欠だ。そこで、今回は、日本ハムの再建に向けてカギを握る選手は誰なのか、考察してみたい。


■長打力の野村と高浜


 今季のチーム成績を見てみると、大きな課題となっているのは得点力不足だ。チーム打率.231、78本塁打、454得点は、いずれもリーグ最下位。長年、主砲として君臨した中田翔をシーズン途中に巨人に放出しただけに、クリーンアップをどう組んでいくか、大きなポイントとなる。

 新庄新監督にとって幸運なのは、長打力が自慢の若手選手が比較的揃っているという点である。今季、高卒3年目の野村佑希と7年目の高浜祐仁が、その能力を開花させる兆しを見せた。

 野村は、開幕早々に左膝を痛めて、約2カ月間の二軍暮らしが続いたものの、復帰後にサードの定位置を獲得。99試合に出場して、99安打、7本塁打をマークし、シーズン終盤には4番も任された。高い弾道の打球が持ち味で、広い本拠地も苦にしないところは、大きな魅力である。

 高浜は19年オフに一度、育成契約となったものの、翌年早々に支配下登録に復帰した。今季はプロ初ホームランを含む8本塁打を放ち、大きく飛躍した。8月と9月は調子を落としながら、シーズン終盤に再び持ち直してきたことは大きな自信となったはずだ。野村と高浜が、今年以上の成績を残し、揃ってクリーンアップとして固定できれば、チームの得点力は大きく改善するだろう。


■チャンスメーカーの五十幡


 彼らに続く“中軸候補”として期待したい選手が、万波中正と清宮幸太郎、今川優馬である。万波は今季一軍で初安打、初本塁打を記録。打率こそ1割台と確実性には課題が残ったが、その飛距離はチームの中で上位である。また、清宮は4年目となる今季、初の一軍出場なしに終わった。だが、二軍でイースタン・リーグトップタイの19本塁打を放つなど、やはり長打力には非凡なものがある。ルーキーの今川は一軍では苦しんだが、二軍で打率.310、14本塁打と見事な数字を残した。この3人がレギュラー争いに加わってくると、チームの将来は一気に明るくなる。

 ここまでは強打者タイプを取り上げたが、チャンスメーカーとして期待したい選手が五十幡亮汰だ。ルーキーイヤーの今季は、度重なる脚の故障で27試合の出場にとどまった。それでも盗塁9、成功率9割と自慢のスピードがあり、片鱗は見せている。

 五十幡が大学時代にマークした各塁への到達タイムは、球界を代表する“足のスペシャリスト”周東佑京(ソフトバンク)を凌駕しており、長い球史のなかで、走力はナンバーワンといえる存在だ。オフの間に長いシーズンを戦える体力をしっかり身につけて、1年間万全の状態でプレーが出来れば、ダントツの数字で盗塁王を獲得する可能性もある。


■4本目の先発の柱


 続いて、投手陣を見ていこう。エースの有原航平が退団したが、チーム防御率は大きく改善して、シーズン前の見通し以上に整備が進んだ。先発では上沢直之や加藤貴之、伊藤大海がシーズンを通して安定した投球を見せている。

 この先発陣に続く存在として期待したいのが、立野和明だ。1年目の昨季は、一軍登板がなかったが、今季は、後半戦から先発ローテーションに定着。4勝3敗ながら、防御率2.45という安定した数字を残している。高校から社会人を経てのプロ入りで、来年で24歳と若さもある。来季は“4本目の先発の柱”として期待したいところだ。

 もう1人面白い投手が、サウスポーの根本悠楓だ。今季は高卒1年目ながら、二軍で12試合に登板して防御率1.82をマーク。10月30日に行われたフェニックスリーグのオリックス戦では5回投げて1失点と好投を見せている。上背がないため、ドラフトでの順位は5位となったものの、コントロールと投球術は高卒ルーキーと思えないだけのレベルにある。今季は宮城大弥(オリックス)が2年目で大ブレイクしている。根本もまた早い段階で一軍に抜擢すれば、さらなる飛躍が期待できる。

 有原と中田という“投打の柱”が立て続けに抜けたが、裏を返せば、チームの世代交代を一気に進めるチャンスだ。“ビッグボス新庄”が日本ハムの命運を握る若手選手をどのように引き上げていくか、注目していきたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月7日 掲載

関連記事(外部サイト)