阪神 まさかの2位、CS惨敗も…ヤクルトや巨人より“未来”は明るい理由

阪神 まさかの2位、CS惨敗も…ヤクルトや巨人より“未来”は明るい理由

リーグ優勝を逃し、CSも敗退した責任を問われる阪神・矢野監督だが、「強い阪神」復活の兆しも見える

 開幕直後から首位を独走し、一時は2位に7ゲーム差をつけながらもヤクルトに逆転優勝を許した阪神。続くクライマックス・シリーズでは、ホームゲームというアドバンテージがありながら、シーズン3位の巨人に連敗して敗退となり、ファンにとっては非常に悔しいシーズンに終わった。来季続投が決まった矢野燿大監督やフロントに対する批判の声も多いが、長い目で見れば、チームは決して悪い方向へ向かっていないことは確かである。


■当時多かった批判の声


 まず大きいのが、野手の世代交代が一気に進んだという点だ。金本知憲監督が指揮を執って2位となった2017年の主力を見てみると、二遊間の上本博紀、鳥谷敬、外野の糸井嘉男、福留孝介などベテラン揃いだった。しかし、糸井を除いて今のチームに残っていない。現在のレギュラー陣の大半が、過去5年間に入団した自前の選手たちばかりなのだ。

 それだけドラフト戦略が上手く機能しているということに他ならないが、大きな転機となったのは、やはり金本監督時代の16年だ。この年は、田中正義(創価大→ソフトバンク1位)、佐々木千隼(桜美林大→ロッテ1位)の大学生投手2人が注目を集めていた。そのなかで、阪神は「将来の4番候補」として、大山悠輔を単独で指名した。

 当時は、この指名に批判の声が多かったものの、大山は3年目からサードのレギュラーに定着し、中軸を打ち続けている。さらに、昨年のドラフトでは、野手の目玉だった佐藤輝明を引き当て、今年の前半戦はフィーバーとも言えるような活躍を見せた。仮に大山がこれほど早くレギュラーに定着していなければ、佐藤を指名しなかったことも十分に考えられるだろう。

 現場の意見を強く反映したドラフトは成功しない例も多いが、金本監督の意見で、大山を指名したことはプラスに働いたと言えそうだ。このほか、近本光司をはじめ、糸原健斗や中野拓夢も入団して間もなくレギュラーをつかんでおり、これだけの短期間に生え抜きの選手でレギュラーを入れ替えることができた球団は阪神だけである。


■ドラフトは将来性を重視


 そして、19年以降の3年間。阪神のドラフト戦略は、さらに冴えを見せることになる。19年には、球団史上初めて1位から5位まで高校生で揃える思い切った指名を断行した。この中から3位の及川雅貴が、今年早くも中継ぎ投手として、一軍の貴重な戦力となったほか、1位の西純矢と2位の井上広大もまた、二軍で順調に成績を伸ばしている。

 今季はルーキーの佐藤や伊藤将司、中野が、期待以上の働きを見せてくれた。20年のドラフトでこれだけ即戦力に振り切った指名ができたのは、前年の高校生の大量指名があったからに他ならない。

 今年のドラフトは、再び将来性を重視して、超高校級投手の森木大智を1位で指名している。優勝まであと一歩に迫っているチーム事情を考えると、2年続けて即戦力を狙った指名をしてもおかしくない。それを我慢して、未来のエース候補を優先したことは高く評価できるだろう。

 また、過去3年間に指名した支配下選手のポジションの内訳を見ると、投手11人、野手10人。カテゴリーの内訳を見ても、高校生9人、大学生8人 社会人3人 独立リーグ1人と、非常にバランスの取れた指名となっている。

 03年と05年の優勝は、他球団で実績のある選手を集める“血の入れ替え”で成し遂げたものだった。現在のチームからはそのような匂いはほとんど感じられない。23歳以下の若手に将来性のある選手が揃っていることは、優勝を争ったヤクルト、巨人にはない大きなアドバンテージである。彼らが不動の主力となって、生え抜きの力で、他球団を圧倒する強い阪神を復活させてくれることに期待したい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月13日 掲載

関連記事(外部サイト)