佐々木朗希をどう育てるべきか? 「メジャー球団がよだれ」でも代理人が指摘する不安材料

佐々木朗希をどう育てるべきか? 「メジャー球団がよだれ」でも代理人が指摘する不安材料

ダイナミックな投球フォームに懸念も

 ロッテの佐々木朗希投手が10日のオリックス戦での完全試合に続き、17日の日本ハム戦でも8回までパーフェクトの快投を演じた。井口資仁監督が102球という球数を考慮し、この回限りでの降板を命じたため2試合連続の快挙とはならなかったものの、「17イニング連続無安打」の球界新記録を樹立している。2007年の日本シリーズでは、佐々木と同じく8回まで相手チームを完全に封じた中日の山井大介投手に対し、落合博満監督が交代を告げて大いに物議を醸した。だが、今回は「交代やむなし」の論調が支配的。メジャーの関心も高まるなか、日本球界は「令和の怪物」をどう育てていくべきなのか――。【津浦集/スポーツライター】

 若手のロッテ番記者が、佐々木が交代を告げられた直後のZOZOマリンスタジアムの様子を振り返る。

「“なぜ代えるんだ!”とモノが投げ入れられることもなく、ブーイングさえ聞こえませんでした。ファンは至って冷静に受け止めているようでしたね」

 場内が騒然とし、翌日のスポーツ紙に〈オレ流 非情采配〉という文字が躍った落合監督時代とは対照的だった。


■唯一無二の才能を守る


 佐々木が岩手・大船渡高3年生だった2019年夏。甲子園出場が懸かった最後の県大会の決勝で國保陽平監督が連投となるため登板を回避させた。「英断」との声もあったが、「佐々木一人のための高校野球ではない」などと賛否両論が巻き起こった。

 その論争はしかし、3年の時を経てケリがついている。

「高校時代にあれだけの球数を投げてプロ1年目から活躍した松坂大輔投手は別として、甲子園での熱投で鮮烈な印象を残した安楽智大投手(楽天)や吉田輝星投手(日本ハム)はプロで苦しんでいます。若年期の投げすぎが素質の開花を阻むことはプロアマの指導者、ファンにも共有されつつありましたが、今回の佐々木の完全試合達成によって、やはり國保監督の判断は正しかった、と。いまはこの唯一無二の才能を、球界をあげて守っていかなければならないと考えるようになった」(高校野球キャップ)

 元阪神投手の藤川球児氏も〈佐々木投手の交代に一安心〉とツイッターに書き込み、野球評論家たちも相次いで「井口采配」への支持を表明している。


■「サンデー朗希」の裏事情


 ロッテは佐々木について5年に及ぶ長期育成プランを立てている。プロ1年目の2020年は2軍を含めて1試合も実戦で投げさせず、プロ初登板を飾ったのは昨年のこと。今季は開幕からローテーション入りさせたものの、登板は週1度に限定し、1試合100球をめどとしている。実は、日曜日に登板させるのにも集客以外に大きな理由がある。

「プロ野球は月曜日に試合がないため、日曜日は中継ぎを総動員させやすい。本来、エースは3連戦の初戦に投げるものですが、ケガに細心の注意を払うベンチの方針が“サンデー朗希”にも表れています」(元パ・リーグ監督経験者)

 大リーグでは、佐々木が完全試合を達成した直後の13日にドジャースのエース、クレイトン・カーショー投手が7回まで完全試合を継続しながら降板した。開幕戦では、やはり6回までノーヒットノーランの好投を見せたダルビッシュ有投手(パドレス)が交代。

「今回のような交代劇は、記録より投手の体調管理を優先するメジャーでは珍しくありません。いかにも合理的なメジャーらしい光景ですが、こうした発想が日本球界にも浸透しつつある。それが今回、騒動が起きなかった一因ではないでしょうか」(大リーグ記者)

 加えて、対戦相手だった日ハム・新庄剛志監督は試合後にこう語った。

「これから3度でも4度でも5度でも、完全試合のチャンスはあるでしょう」。

 一生に一度あるかどうかという完全試合も、佐々木には当てはまらない。BIGBOSSの言葉は、ファンの不満が噴出しなかった背景を言い当てている。


■ショートアーム投法


 井口監督は今回の交代によって、球史に残る大記録、そして、チームの勝敗すら二の次にしてでも、佐々木を故障から守る方針を明確に打ち出した。チームより一選手を優先する――。佐々木の規格外の活躍ぶりは、長く個人主義を排してきた日本球界の有り様まで変えようとしているのだ。

 とはいえ、「令和の怪物」を育て上げることは、一チームにとどまらず、球界全体の一大テーマとなった。

「井口監督のプレッシャーは想像を絶します。佐々木が故障すれば、矛先が自分に向くのは間違いありません。今後も球数を厳密に管理し、少しでも体調に異変があれば登板間隔を空けるでしょう。チームの勝敗とは別に、その起用法で神経を擦り減らすことになると思います」(ロッテ番記者)

 一方、渡米を心待ちにする大リーグの代理人はある懸念を示す。この人物が強く勧めるのは、佐々木のフォーム改造だ。

「近年、メジャーでは、ダルビッシュやトレバー・バウアー(ドジャース)ら有力投手が、テークバックを小さくした“ショートアーム”投法を取り入れています。大きなテークバックが、肩や肘に負担をかけることが知られるようになったからです。正直なところ、長い手足を存分に活かした佐々木のダイナミックなフォームには冷や冷やしますよ。球威が落ちるショートアームを取り入れても、彼ならば150キロ台を保てますし、制球がより良くなって十分に勝てる。早急に変えてもらいたいですね」


■登板するたびに完全試合の紙面を想定


 投手に対して〈球威を抑えろ〉とは、ぜいたくな課題だ。とはいえ、発展途上中の現在でさえ、「小学生のなかに高校生がいるようなレベル」(元中日投手の岩瀬氏)だからこそのアドアドバイスと言えるだろう。

「毎回、完全試合の紙面を想定するなんて経験したことがありません。ファンにはかつての松坂大輔、大谷翔平以上の期待感があるんじゃないでしょうか」(大手紙デスク)

 無論、佐々木が登板するたびに、“完全試合の屈辱”と隣り合わせの恐怖を味わう「対戦相手は堪ったものではないはずだ。

 5月下旬には交流戦がスタートする。果たして、パ・リーグよりも速球が苦手とされるセ・リーグのチームが攻略の糸口を見出せるのか。

 在京セ球団のスコアラーは早くもお手上げ状態だ。

「まずは“走者を出すこと”を考えないといけない投手。待球作戦を採ってもコントロールがいいから四球は期待できない。当てにいっても160キロ超の球をミートするのは至難の業。球界一、三振をしない吉田正尚(オリックス)でさえ1試合3三振ですからね。かといって、ファンが許さない雰囲気だから、バントばかりするわけにもいかないし…」


■メジャー全30球団でエースになれる


 弱冠20歳にして最年少完全試合、13連続奪三振など数々の金字塔を打ち立てた佐々木。野球の本場・米国でも毎週、その登板が話題を呼んでいる。

 契約金が制限を受けない25歳以上のポスティング移籍は最短で2026年オフだ。日本選手の最高額は、2014年に前年24勝0敗の好成績をひっさげて、ヤンキース入りした田中将大投手の7年総額1億5500万ドルだが、これを塗り替える可能性は高い。

「すぐにでもメジャー全30球団でエースになれますよ。仮に今オフに渡米できれば、田中の契約をはるかに超えるでしょう。投手として完成し、渡米が決まったときにどんな値が付くのか。現時点では想像もつきません」(大リーグ代理人)

「怪物」の物語は、まだ序章に過ぎない。

津浦集(つうら・しゅう)
スポーツライター

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)