打撃はいいが…守備は心もとないウォーカーへ唯一の処方箋【柴田勲のセブンアイズ】

打撃はいいが…守備は心もとないウォーカーへ唯一の処方箋【柴田勲のセブンアイズ】

逆転弾を放って笑顔を見せる、ドレッドヘアの新助っ人・ウォーカー

■シューメーカーの素晴らしい投球


 巨人が19日からの広島(東京ドーム)、中日(バンテリンドーム ナゴヤ)6連戦を5勝1敗と勝ち越して貯金を「10」とした。24日は5点差を守り切れず逆転負けを喫した。連勝も「6」で止まった。

 痛い1敗ではあったが、いまのところは投打がかみ合っている。首位固めを狙える。
 
 それにしても中日との3連戦、投手の基本の差が明確に出た。
 
 23日に先発したマット・シューメーカーがお手本ともいえる素晴らしい投球を見せてくれた。122球、被安打2で来日初勝利を完封で飾った。四死球0が光る。
 
 150キロを超えるスピードはないが、真っすぐ、カーブ、フォークといった変化球を丁寧に低めに集めた。とにかくコントロールの良さが目を引いた。コーナーの四隅にキッチリと投げ分けて中日の打者に的を絞らせなかった。投げるテンポもいい。投手はやはりコントロールだ。


■ベンチにいい先生がいる


 で、翌日に先発した赤星優志であり、2番手で登板した高橋優貴だ。赤星は3回途中での降板となった。ピンチを招いて痛打されたがこの日は「売り」のコントロールが武器にならなかった。打者17人に4四球だ。

 新人として5試合目の先発、そろそろプロの打者の怖さを意識する頃だ。22歳、若い。精神的な疲れがあっても、肉体的な疲れはないはずだ。打たれたくない。この意識が強くなった。くさいところを突く。慎重に。

 これまではストライクを先行させて、打者を追い込んできた。この姿勢に欠けていたと思う。これがベンチにも伝わる。前日のシューメーカーもそうだが、ベンチにはいい先生がいる。桑田真澄投手チーフコーチだ。現役時代は球威というよりも制球力で勝負してきた。打ち取るタイプだ。

 投手を含めれば9人で守っている。打者を常に追い込む。打たせて取る。10安打されてもいい。だが無四球を狙う。ベンチはこんな気持ちで送り出してほしいし、本人もまた目指すことだ。

 高橋にしても2四球もそうだがもっと低めに意識を集中すべきだ。これまた基本だ。


■外角低めの真っすぐ


 これは打者も同じだ。1番・吉川尚輝が落ちてきた。見ているとボール球に手を出し始めた。打者の基本は甘い球を見逃さないことに尽きるが徐々にできなくなってきた。

「1番・二塁」がしっかりしていればチームに好循環をもたらす。守備は文句なしだ。
基本を大事にしてもらいたい。

 エース・菅野智之は良くない、というよりも悪い。22日、7回を被安打7、1失点で3勝目を挙げたが彼本来の投球ではない。
 
 私はよく「外角低めの真っすぐ」を強調している。そこでこの日は111球すべてをチェックしながら見た。打者のベルト辺りに集中してほとんど変化球だった。真っすぐは10球、真ん中やや外角よりの低めの真っすぐは1球だった。

 スライダー、フォーク、カットボールなどを使ってなんとかごまかしながら投げていた。目一杯だった。よく1失点でしのいだ。投球術のなせるところだろうが、あれでは次回の登板で打たれると思う。
 
 真っすぐが思ったところにいかないから変化球に頼る。いまの投げ方だと高めに浮く。前回も記したがタテの変化球で勝負することも一考してもらいたい。このままだと完投できずに7回を2、3失点、いや4、5点を取られる投手になる。シーズンは長い。


■ウォーカーのバットはチームに欠かせなくなっている


 打線は坂本勇人、グレゴリー・ポランコ、岡本和真、丸佳浩、そしてアダム・ウォーカーと機能している。そのウォーカーだが、守備が心もとない。打球への判断が悪い。スローイングもよくない。肩も弱そうだ。

 だが、そのバットはチームにとって欠かせなくなっている。まあ、欲を言えばきりがない。本人は一生懸命やっているのだが、俊敏な日本人と比較すると、どうしても緩慢に見えてしまう。手を抜いているように映る。

 外国人選手には細かいことを言ってもうるさがられる。でも、担当コーチは普段から通訳を通して、「打球が全部自分のところに来ると思って守ってくれよ」と伝えておく必要がある。

 本人は、「わかっているよ」と答えると思うのだが、常日頃から意識させることに意味がある。

 巨人の場合は松原聖弥、立岡宗一郎、若林晃弘と守備固めで起用できる選手がいる。リードしている試合展開では7、8回あたりで替えるのもいいが、本人もできることなら最後まで出たいはずだ。成績やこれからの給料のことがある。とにかく普段からの意識付けが大切だ。

 26日からはDeNA(横浜)、阪神(東京D)6連戦だ。2位・広島とは2ゲーム差だ。でも貯金があるのはいいね。邪魔にならない。さて首位固めできるか。要注目だ。
(成績は25日現在)

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長を務める。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)