中日のエース候補 19歳「高橋宏斗」はなぜ急成長したのか

中日のエース候補 19歳「高橋宏斗」はなぜ急成長したのか

好投を続ける高橋に竜党も歓喜

■現役の超一流選手からも高評価


 昨年は12球団でトップのチーム防御率をマークした中日。そんな投手王国で“次世代のエース候補”として期待が高いのが高卒2年目、19歳の高橋宏斗だ。【西尾典文/野球ライター】

 高橋の名前が意外なことで話題となったのは2月のキャンプ中のことだった。メジャーで活躍する前田健太(ツインズ)が以下のようにツイートしたのだ。「YouTubeで紅白戦をちょっと見ただけですが中日の背番号19のピッチャー良くないですか? 吉見さん(※元中日のエース、吉見一起)引退されてるので 新しい選手かな?」(2月12日)。現役の超一流選手が、高く評価しているところに、高橋の非凡さがよく表れている。

 一軍初登板、初先発となった3月30日のDeNA戦は5回4失点で負け投手となるも、4月7日のヤクルト戦は6回3失点でプロ初勝利をマークした。そして、圧巻だったのが3度目の先発となった同20日のヤクルト戦だ。立ち上がりから150キロを超えるストレートで相手打線を圧倒。6回を投げて、村上宗隆のソロによる1失点のみ、8奪三振で自身2連勝を飾った。

 村上との対戦では、3打数2安打1本塁打だったが、ワンアウト二塁のピンチで迎えた4回の第2打席では、内角いっぱいの151キロのストレートで三振を奪っている。次の打席では、ホームランでリベンジした村上も見事だが、若き2人の対決は今後、注目を集めることになりそうだ。


■中日がドラフト方針を転換


 高橋の経歴を振り返っておこう。

 高橋は中日の地元、愛知県尾張旭市の出身で、強豪・中京大中京ではエースとして活躍。2年秋にはチームを明治神宮大会優勝に導くと、3年時はコロナ禍で春夏の甲子園大会が中止となったものの、選抜出場校を対象に行われた甲子園交流試合で150キロを超えるストレートを連発する。

 当初は進学希望で、兄の母校である慶応大学の環境情報学部をAO入試で受験したものの、不合格だったことから、プロ志望に切り替えた。これを受けて、中日はドラフト方針を転換。ドラフト1位指名が有力視されていた栗林良吏(当時はトヨタ自動車、現・広島)ではなく、高橋の指名に踏み切った。

 高橋、栗林ともに中日が重視する地元出身の実力者だが、上位指名で入団した高校生投手で戦力となっているのが、岡田俊哉(2009年ドラフト1位)と小笠原慎之介(15年ドラフト1位)くらいしか見当たらないというチーム事情を見ても、将来を考えて、高橋を優先したというのはよく理解できる。


■打ち込まれたルーキーイヤー


 しかし、ルーキーイヤーの高橋は、二軍で14試合に登板したものの、0勝5敗、防御率7.01と全く結果を残すことができなかった。シーズンオフに行われたフェニックスリーグでも、最初の2試合は無失点だったが、3試合目となった10月31日の楽天戦では、4回1/3を投げて被安打10、6失点と打ち込まれている。

 他球団の編成担当は、1年目の高橋について、以下のように分析していた。

「高橋くんは高校時代から有名な選手でしたから、甲子園でのピッチングも映像で見ていました。高校生ではトップの投手でしたね。プロでも、いきなり150キロ以上のスピードボールを投げていましたが、狙ったところにコントロールできるボールが少なかったです。フォームに緩急がなく、投げるリズムも単調で、相手バッターに簡単に合わせられていました。バッターは『いち、にの、さん』のタイミングで待っていれば、ある程度、打てるなという印象でしたね」(他球団のプロスカウト)

 高校生の打者であれば、ある程度スピード、球威で圧倒的することができても、プロではなかなかそうはいかない。このプロスカウトが話すように、昨年二軍戦で打ち込まれた試合を見ても、打者にとって持ち味であるスピードボールが脅威になっていないように感じられた。


■“間”が作れるようになった


 では、昨年苦しんでいた高橋がこの短期間で一軍でも活躍できるようになった要因はどこにあるのだろうか。前出のプロスカウトは以下のように話してくれた。

「まずフォームが大きく変わりましたよね。昨年は速いボールを投げようとして体を左右に振る動きが大きくて抜けるボールも多かったのですが、今年はそういうことがなくなりました。(チームの先輩である)藤嶋健人もそうでしたけど、縦に腕が振れるようになってボールの角度が出てきました。また、左足を踏み出し始めてからリリースするまでに“間(ま)”が作れるようになって、バッターもタイミングをとるのが、簡単ではなくなったように見えます。それで150キロのストレートが生きるようになったんじゃないですかね。急に良くなる選手というのはいますけど、短期間でフォームを変えてここまで変わる例は珍しいですよね。ただ、相手チームも当然、研究してきますから、このまますんなりといくとは思えません。やはり、気になるのは変化球ですね。スプリットはいいですけど、他のボールは、まだまだ見せ球にしかなっていません。もうひとつ頼れる変化球をマスターできるか、それが重要になってくると思います」


■中日のエースナンバー「20」を背負えるか


 高橋が今シーズン、マークしたストレートの最速は153キロだが、これは高校時代と同じ数字である。スピードガンの数字は変わらないのに、一軍の打者を相手にも抑えられるようになったというのは、やはりボールそのものだけではなくフォームの変化によるものが大きいのではないだろうか。

 また、ここまで最も多く三振を奪っているスプリットも大きな武器となっている。前出のプロスカウトが指摘するように、もうひとつ決め球となる変化球があれば、より攻略が困難な投手になる可能性は高いだろう。

 中日黄金時代のエースだった吉見一起から背番号19を受け継いでいることからもチームの高い期待が伺えるが、中日のエースといえば、やはり杉下茂、星野仙一、小松辰雄などが背負った「20」という印象が強い。その背番号20は18年以降空き番号になっており、高橋にその番号を背負ってほしいと願うファンも多いのではないか。投手王国の“真のエース”になることができるのか。今後のピッチングにぜひ注目してもらいたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)