西口文也、杉内俊哉、川上憲伸…「完全試合」を阻止した3人の“パーフェクト・スポイラー”を振り返る

西口文也、杉内俊哉、川上憲伸…「完全試合」を阻止した3人の“パーフェクト・スポイラー”を振り返る

ノーヒット・ノーランが幻に終わり、苦笑いを浮かべる西口文也(中央)

■3度の“ノーヒットノーラン未遂”


 5月6日の中日対阪神で、中日・大野雄大が延長10回2死までパーフェクトに抑えながら、30人目の打者・佐藤輝明に初安打を許し、惜しくも快挙を逃した。“パーフェクト未遂”に終わった投手は、ファンの記憶に長く残るが、阻止した打者たちは、意外に忘れられがちだ。パーフェクト・スポイラーとなった男たちを振り返ってみよう。【久保田龍雄/ライター】

 中日・大野同様、延長10回に涙をのんだのが、計3度の“ノーヒットノーラン未遂”で知られる西武・西口文也である。阻止したのは、楽天の1番打者・沖原佳典だった。

 2005年8月27日の楽天戦、西口は140キロ台半ばの直球とスライダーを低めに集め、初回から1人の走者も許さない。0対0で迎えた9回2死、過去2回ノーヒットノーランを逃している“鬼門”と言うべき場面でも、藤井彰人を遊ゴロに打ち取り、9回をパーフェクトに抑え切った。

 その裏、西武が得点すれば、史上16人目の完全試合が達成されるところだったが、楽天のルーキー・一場靖弘も、2死から2人の走者を出しながらも踏ん張り、試合は延長戦に突入する。そして10回表、楽天の先頭打者として打席に立った沖原は、1回に右飛、4回に二ゴロ、7回には三振に打ち取られていた。


■パーフェクト阻止打


「(西口は)良かったけど、何とかしないと思った。とにかくバットに当てることだけを心掛けていた」という沖原は、ファウルと見逃しで簡単に2ストライクと追い込まれたが、2球ボールのあと、カウント2-2から西口の124球目、外角スライダーをうまく合わせ、二塁右に打ち返した。片岡易之が必死にダイビングするも及ばず、打球は右前へ。この瞬間、西口の完全試合は幻と消えた。

 01年に28歳で阪神入りした沖原は、同じ遊撃手の鳥谷敬が入団すると、出番が激減。05年は、6月10日に前田忠節との交換トレードで、楽天の球団創設後、交換トレード第1号選手として移籍してきたばかりだった。

 つい2ヵ月前まで1軍出場わずか3試合だった“窓際”の33歳が、新天地で働き場所を得て、“パーフェクト阻止打”を放つ。トレードによって野球人生が好転した典型的なケースと言えるだろう。楽天移籍後、64試合に出場した沖原は、キャリアハイのシーズン83安打を記録している。


■あと一球で快挙を逃す


 9回2死までパーフェクトに抑え、27人目の打者も2ストライクと追い込みながら、あと1球で快挙を逃したのが、巨人時代の杉内俊哉である。四球を選ぶことによって、完全試合をノーヒットノーランに“格下げ”する役割を演じたのは、くしくも杉内と同名で、同じ“松坂世代”の楽天・中島俊哉だった。

 12年5月30日の楽天戦、直球の切れが抜群の杉内は3回まで7三振を奪い、8回までパーフェクトを続ける。楽天の先発・田中将大に6回までゼロに抑えられていた巨人打線も、7回に高橋由伸の2ランが飛び出し、あとは杉内の快挙が達成されるのを待つだけとなった。

 2対0で迎えた最終回も、杉内は西村弥を投ゴロ、銀次を三振に打ち取り、あと1人。次打者は田中の代打・中島だった。“左キラー”中島は、ソフトバンク時代の杉内から09年に2ランを放つなど、カモにしていた。楽天・星野仙一監督は、最後の最後でとっておきの“刺客”を送り込んできたのだ。

 捕手・阿部慎之助がマウンドに足を運んで言った。「(中島とは相性が悪いので)そんなにうまくいかないんじゃねえか。そう思ってこいよ」。杉内は笑顔で頷いた。

 一方、「みんなから“打て”と言われたので、ヒットを狙っていた」という中島は、初球から積極的に打ちにいったが、ファウル。2球目ボールのあと、3球目を見逃し、たちまち1ボール2ストライクと追い込まれた。

 あと1球で完全試合達成という場面で、杉内の4球目は外角低めギリギリに決まったかに見えたが、良川昌美球審の右手は上がらない。命拾いした中島は、5球目の高め直球を見送り、フルカウントまで持ち込んだ。

 そして、運命の6球目は、内角低めへ。コース、高さとも微妙ながら、中島は「低かったですから」と自信を持って見送り、四球で一塁に歩いた。杉内が「勝つことが重要。無責任に真ん中には投げられなかった」と四球覚悟で際どいコースをついた結果でもあった。

 史上16人目の完全試合を阻止した男は「四球でもノーヒットノーラン(に変わりはない)」と安打ではなかったことを残念がったが、杉内は18年の現役引退に際して「(最後の球は)ボールですね。中島にはよく打たれていた。僕が逃げたんでしょう」と苦手意識の影響があったことも明かしている。


■「僕の人生を象徴している」


 四球覚悟で際どいコースを攻めた杉内とは対照的に、「四球を出したくない」の思いが裏目に出て、完全試合を逃したのが、05年の中日・川上憲伸である。

 5月20日のロッテ戦、7回までパーフェクトピッチを続けていた川上は、7対0で迎えた8回もフランコを三振、ベニーを左飛に打ち取り、完全試合達成まであと4人となった。ところが、次打者・李承Yを「抑えれば、できると思った」と意識するあまり、カウントは3ボール1ストライクと苦しくなった。四球を与えれば、完全試合は途切れてしまう。

「真っすぐを待っているのはわかっていても、投げるしかなかった」という川上は、真ん中低めに146キロの速球を投じた。だが、「このまま負けたら、チームの勢いが消える」と一矢報いようとしていた李も、四球を恐れた川上が真ん中に投げてくることを読み切っていた。「手応えは完璧だった」という打球は、バックスクリーンへの特大アーチになった。

 後続4人を打ち取り、1安打1失点完投勝利を収めた川上は「僕の人生を象徴しているような感じ」とたった1球の失投を悔やみに悔やんだ。一方、李も「打ったことより、チームが負けたことが残念」と無念さが滲み出る言葉を残している。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)