自らバリカンで頭を丸めた巨人の4番も…「強制送還」を食らった選手、その後どうなった

自らバリカンで頭を丸めた巨人の4番も…「強制送還」を食らった選手、その後どうなった

頭を丸めて打撃練習に励む村田修一

■「神宮で投げさせるわけにいかないしな」


 5月4日のDeNA戦で、敗戦につながる拙守を犯した中日・京田陽太が試合中にもかかわらず、立浪和義監督から2軍落ちを命じられ、遠征先の横浜から名古屋に強制送還された。選手会長の“懲罰降格”は大きな話題になったが、過去にはどんな選手が強制送還され、その後どうなったのだろうか。【久保田龍雄/ライター】

 中日は、落合博満監督時代にも強制送還が何度となく行われていた。第1号は、最優秀防御率2回、二桁勝利3度の実績を誇る左のエース・野口茂樹である。

 2004年8月7日の広島戦、先発・野口は1回、先頭の尾形佳紀に二塁打を許したあと、シーツに先制2ランを浴び、1死後、ラロッカ、前田智徳に連続被弾。さらに、緒方孝市にも右翼フェンス直撃の二塁打を打たれたところで、早過ぎる降板となった。

 プロ入り後最短のわずか1/3イニングでのKO劇……。この年の野口は5月以降不調に陥り、6月6日に登録抹消。2軍で走り込んで復調し、1軍再昇格直後の同20日の横浜戦で完封勝利を挙げた。ところが、6月27日の阪神戦で4勝目を挙げたのを最後に、1ヵ月以上も白星がなく、広島戦が背水のマウンドだったが、打者5人で4失点では、お話にならない。

 落合監督はその場で野口に登録抹消を告げ、名古屋に強制送還すると、「今日のような状態では、神宮(13日からのヤクルト3連戦)で投げさせるわけにいかないしな」と吐き捨てた。


■あわや「完全試合」の大野雄太も


 一方、広報を通じて「何もないです」とコメントした野口は、“カンフル剤”効果もなく、同年は4勝8敗に終わった。2年後にFAで巨人に移籍したが、新天地でも復活することなく、ユニホームを脱いでいる。このほか、08年に山内壮馬、09年には山井大介が不甲斐ないピッチングを見せたことで、試合途中に遠征先から名古屋に帰されている。

 中日・谷繁元信監督時代の14年に強制送還されたのが、先日の阪神戦であわや完全試合の快投を演じた大野雄太である。

 14年4月26日のヤクルト戦、先発・大野は初回に連続四球などで5失点。2回の自軍攻撃中、ベンチ前で続投準備のキャッチボールを始めようとしたところ、首脳陣に却下され、そのまま名古屋へ戻された。

 友利結コーチは試合後、大野について「あんな投球をされるとみんなの輪を乱して迷惑です。開幕(投手)宣言までした人。責任を取ってもらう」と厳しく批判した。開幕からの5試合で0勝3敗と結果を出せないエース候補にきついお灸を据えた形だ。しかし、その後調子を取り戻して、10勝8敗でシーズンを終えている。

 その大野は、かつての自身と同じ境遇の京田について「僕も全然勝てなくて苦しいときがあった。でも、そこを乗り越えていかないといけない」とエールを贈っている。


■2度あることは…


 1度だけならまだしも、計3度にわたって強制送還の悲哀を味わったのが、オリックス・山崎福也である。

 17年5月26日のロッテ戦、先発・山崎は制球に苦しみ、3回途中4失点KO。福良淳一監督は「ほかのコーチからもそういう話が出たから帰そうと。同じ失敗を繰り返している。話にならない」と心を鬼にして強制送還を命じた。

 試合中にもかかわらず、ホテルに戻って着替えを済ませたあと、新幹線で帰阪する羽目になった山崎は「悔しいということしかありません」と雪辱を誓い、1軍再昇格後の7月10日の日本ハム戦で意地のプロ初完封勝利を挙げた。

 ところが、至福のときもつかの間、9月18日の日本ハム戦で、初回に3四球と乱れて4点を失う“背信投球”で、シーズン2度目の強制送還となった。

 さらに、19年4月28日の西武戦、2対0とリードの8回に2番手・近藤大亮が押し出しを含む4与四球で降板したあと、なおも1死満塁のピンチで、山崎はマウンドに上がった。だが、森友哉に同点の押し出し四球を与え、栗山巧には勝ち越しタイムリーを浴びる。続く中村剛也にも2つ目の押し出し四球と、火に油を注いでしまう。

「近藤も山崎も打者と勝負できていない。明日からファームに行かせます」と怒り心頭の西村徳文監督は、逆転負けの戦犯となった山崎と近藤に強制送還を命じた。

 そんな試練の数々を乗り越えた山崎は、7年目の昨季は6月下旬からシーズン終了まで先発ローテーションを守り、日本シリーズ第5戦で先発するなど、ようやく一本立ちをはたしている。


■「試合途中での強制帰宅」


 このほか、12年、巨人FA移籍1年目の村田修一の“準強制送還”とも言うべき、「試合途中での強制帰宅」を覚えているファンも多いはずだ。

 9月7日のヤクルト戦、5番サードで出場した村田は、1回無死一、二塁のチャンスに空振り三振に倒れると、2回1死一、二塁の2打席目も三ゴロ併殺と精彩を欠いた。前日の阪神戦でも3度の得点機にいずれも凡退するなど、「チャンスに弱い」というイメージが定着していた。

 2打席目の凡退後、原辰徳監督は、ベンチに戻ってきた村田に「今夜はもう自宅に帰っていい。また明日元気に会おうじゃないか」と告げ、サードの守備を古城茂幸に交代した。

 翌日のヤクルト戦は神宮球場からハードオフ新潟に移動しての連戦。村田は「2試合連続で、得点機で打てていない。気持ちと体をリフレッシュして新潟で頑張ります」と決意を新たにして帰宅した。岡崎郁ヘッドコーチは「彼にとっても、屈辱的な交代だと思う」と評したあと、「明日はどういう姿で彼がグラウンドに来るのか楽しみです」と意味深なコメントを口にした。

 そして翌日、村田は前夜、家にあったバリカンで「自分でやった」という丸刈りにイメージチェンジしてグラウンドに現れた。気合十分の姿を見た原監督も「いいねえ」と笑みを浮かべながら、頭を撫で回した。

 この日の村田は3打席続けて凡退したあと、4打席目の6回2死、待望の左前安打を放ち、「得点圏とか関係ない。1本出たことに尽きる」と語気を強めた。その後も村田は、もがき苦しみながら全144試合に出場し、打率.252、12本塁打、58打点でチームの日本一に貢献。自身2度目のベストナインに選ばれている。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)