ラミレスが語る「400本のホームランの中で最も印象に残る一打」 藤川球児を得意としていた理由は?(小林信也)

ラミレスが語る「400本のホームランの中で最も印象に残る一打」 藤川球児を得意としていた理由は?(小林信也)

ムードメーカーの側面も

「僕の野球の原点は、子どものころにストリートでやっていたチャピータだ」

 アレックス・ラミレスが懐かしそうに言った。

「ビールの栓をボールの代わりに投げるんだ。すごく変化するから、ハンドアイコーディネーションを身に付けるには最高だね。バットはないから、箒の柄で打った」

 それがベネズエラの少年たちの草野球だった。6歳のころから近所の仲間と興じたチャピータで、ラミレスは自分の打撃の才に気付いた。誰よりも見事にビールの栓をかっ飛ばした。小学生になると、少年野球チームの監督が誘いに来た。

「でも貧しかったから会費が払えない。お母さんが『無料ならいい』と言うと、監督が会費を免除してくれた」

 それで正式に野球を始めることができた。ラミレスが神妙な顔で続けた。

「後でわかったけど、会費は監督がポケットマネーで払ってくれていた。監督のおかげでいまの僕がある」

 ラミレスは、野球こそ自分の生きる道、貧しい家計を助ける最善の方法だと確信するようになった。

「14歳の時、学校をやめて野球に集中すると決めた。お母さんは泣いたけど、迷いはなかった。ベネズエラでは、学校を出ても、いい仕事に就けなかったから」

 15歳の年、全国大会に勝ち進んだ。投手として出場し、2本のホームランを打った。すると、スタンドにいたクリーブランド・インディアンスのスカウトが降りて来て、監督に言った。

「投手はもうやめさせて、外野手に専念させてくれ」

 翌年、16歳でインディアンスと契約を交わした。


■打球にバックスピン


「最初はドミニカのベースボール・アカデミー。全寮制だから、生活には困らなかった。普通はドミニカで3年過ごすけど、僕は翌年アメリカに呼ばれて、ルーキーリーグでプレーした」

 着実に昇格。23歳でメジャー・リーガーになった。が、外野守備が課題だった。

「いくら打っても、メジャーで長く試合に出続けるのは難しいと思った」

 そんな時、ヤクルトスワローズから声がかかった。家のローンを払うためにも、断る理由はなかった。来日1年目から29本塁打を打ち、人気者になった。ヤクルトの7年間でホームラン211本。打点王、ホームラン王、最多安打にも輝いた。

 しかし、「本当に打撃に目覚めたのは巨人に移籍してからだ」と言う。「ヤクルト時代は、ホームランを狙うには引っ張るしかなかった。神宮球場は風があるからライト・フェンスを越えるのは簡単じゃない。東京ドームは風がないから、きっちりボールを捉えればライトでもフェンスを越える。その安心感は大きかった。打つべきポイントで捉えることに専念できるようになった」

 話しながらスウィングの動作を見せてくれた。バットでボールを捉えた後、右手の甲をかぶせるように手首を返し、ボールの下にバットを潜り込ませて打球にバックスピンをかける。

「これが大切なバッティングの技術なんだ」

 手首をきっちり返せば、打球が上がる、そして飛ぶ。内角でも外角でもスタンドに入るようになった。

「ロードで打てなくても、東京ドームに帰れば打てると思うから、気が楽だった」

 巨人時代に打ったホームランは148本。うち91本を東京ドームで打っている。

「巨人では原監督がずっと信頼してくれた。最後まで打たせてくれたし、故障してもずっと使ってくれた。コーチにも恵まれた。打撃コーチの篠塚さんは、プチ・スランプで調子を崩すと、ビデオを見る機会や打撃練習の時間を作ってくれた。助言や命令はしなかった。それがありがたかった。僕自身が大事なことに気付くようにサポートしてくれた」


■藤川球児の2球目


 ラミレスは、外国人枠で入団した選手で初めて通算2000本安打を達成。巨人時代に2年連続MVPにも輝いた。助っ人史上最強ともいえる強打者。他の打者との違いは何か? 尋ねると、

「データ分析」

 すぐに答えが返ってきた。快速球で強打者をも苦しめた藤川球児(阪神)を「得意にしていた理由もそこにある」とラミレスは言う。

「藤川の投球パターンはずっと同じ。初球はインハイにストレート。これは打てない。最初それを打ったらキャッチャーフライだった。でも2球目は打ちやすいボールが来る。僕はそれを狙って、かなり打たせてもらった」

 日本で打った400本近いホームランの中で、最も印象に残る一打は?

「日本シリーズのサヨナラホームランかな。西武の岡本(真也)から打った」

 2008年のシリーズ第2戦。2対2の9回裏1死。

「岡本が中日にいた時はあまり打てなかった。フォークを多投するのはわかっていたから、フォークが甘い高さに来るのを待っていた」

 1ボールからの2球目。真ん中高めからフォークが落ちて来た。ラミレスはこれを逃さなかった。打った直後に右手を突き上げた。実況アナウンサーは、「これが4番だ!」と絶叫した。

「サヨナラもそうだけど、岡本のフォークを打った、それがうれしかった」

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。大学ではフリスビーに熱中し、日本代表として世界選手権出場。ディスクゴルフ日本選手権優勝。「ナンバー」編集部等を経て独立。『高校野球が危ない!』『長嶋茂雄 永遠伝説』など著書多数。

「週刊新潮」2022年6月2日号 掲載

関連記事(外部サイト)