清原和博の長男・正吾選手、慶大野球部での“本当の実力”と、“追い風要素”

清原和博の長男・正吾選手、慶大野球部での“本当の実力”と、“追い風要素”

父親から譲り受けたリストバンドで試合に臨んだ正吾選手

■中高野球経験なしの「4番」


 5月30日から4日間にわたって行われた東京六大学野球のフレッシュトーナメント。1、2年生だけが出場できる試合で、いわゆる“新人戦”に位置付けられているものだが、昨年秋、今年春と大きな注目を集めたのが、清原和博氏の長男である慶応大2年、清原正吾だ。全3試合に4番、ファーストで出場すると、5月31日の東京大戦では2安打2打点をマークすると、6月2日の早稲田大戦でも8回に貴重な追加点となるタイムリーを放ち、チームの勝利に大きく貢献した。【西尾典文/野球ライター】

 注目されているのは、清原氏の長男だからという理由だけではない。野球を本格的にやっていたのは小学校までで、中学と高校では野球部に所属していなかったという“異色の経歴”の持ち主なのだ。

 東京六大学といえば、全国の大学野球の中でも長い伝統と高いレベルを誇るリーグである。今回のフレッシュトーナメントに出場した選手も、東京大学を除くと、高校時代から名の知られていた選手が非常に多い。

 主な出身校を並べてみると、大阪桐蔭、浦和学院、東海大相模、横浜、智弁学園、健大高崎、花巻東といった甲子園の常連校がずらりと並んでいる。そんな中で、新人戦とはいえ高校野球を経験していない選手が4番を任せられているということは、かなり異例だと言える。

 では、このまま清原がリーグ戦でも活躍することができるのかと言えば、それほど簡単なことではない。


■レギュラー定着までは“イバラの道”


 まず、下級生でも力のある選手は、フレッシュトーナメントを経験することなくいきなりレギュラーに定着するケースも見られる。同じ2年生では、法政大の篠木健太郎(木更津総合、投手)が既にエース格となっているほか、明治大の宗山塁(広陵、遊撃手)もまた、今年春のリーグ戦で首位打者に輝いている。

 また、来年以降も有望な新入生が続々と入学してくるため、下級生の頃に将来が有望視されていても、上級生になってなかなかレギュラーになれないという選手も少なくない。それを考えると、清原がこのままリーグ戦でもレギュラーに定着するのは、“イバラの道”が待ち構えている。

 筆者は、昨年秋の明治大戦、今年春の法政大戦とフレッシュトーナメントでの清原のプレーを2試合現地で取材したが、正直に言って、リーグ戦でプレーするには、まだまだ足りない部分が多いように見えた。


■140キロ超のストレートに振り遅れる


 まず一つ目は、打つ以外のプレーに特長がないところである。守備の動きや走塁を見ても、脚力は大学野球の平均レベルより明らかに下であり、ファースト以外を守ることは考えづらい。

 指名打者制を導入していない東京六大学で「ファースト専門」の選手となれば、よほど打ってアピールすることが必要になるだろう。それに加えて、持ち味と言われているバッティングでも、今春の法政大戦では同じ二世選手である吉鶴翔瑛(父はソフトバンク・吉鶴憲治一軍バッテリーコーチ)などの投手陣に4打数ノーヒット、1死球と完全に抑え込まれたほか、140キロを超えるストレートには完全に差し込まれ、振り遅れていた。

 この春の3安打もうち2安打は、東京大戦で記録していることを考えると、大学の一軍レベルのボールに対応できていないという厳しい現状がある。念のために付け加えておくが、一部のメディアでは、清原のプロ入りを期待する声も出ているが、現時点でスカウト陣は、ドラフト候補として見ている球団はないだろう。


■レギュラーに食い込む余地は……


 ただし、そんな清原にも“追い風”となる要素もある。慶応大の同じ2年生となる代の選手は、高橋宏斗(現・中日)をはじめ、入学を希望していた選手がことごとくAO入試に不合格となり、例年と比べて有望選手が少なくなっている。

 その流れは今年も続いており、高校時代に評判だった選手は投手の外丸東眞(1年・前橋育英)くらいしか見当たらない。この春のフレッシュトーナメントに出場した慶応大のメンバーを見ても、付属の慶応高校以外は、ほとんどが公立高校出身で、高校時代は無名の選手ばかりだった。

 来年以降、また力のある選手が入ってくることは考えられるとはいえ、例年よりは選手層が薄くなる可能性があることから、ここに清原がレギュラーに食い込む余地が出てきそうだ。

 繰り返しになるが、フレッシュトーナメントとはいえ、「4番」を任されているというのは期待の大きさの表れであり、この春それなりの結果を残したことはプラスとなったはずだ。偉大な父を持つことで注目を浴び、高校野球が未経験というハンデがありながら、大学野球の最高峰に挑戦している姿は立派の一言に尽きる。高いハードルに挑戦する“清原ジュニア”の奮闘にぜひ注目してもらいたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)