根尾「ピッチャー専念」にオレ流と闘将のカゲ 中日「立浪監督」長期政権への皮算用

根尾「ピッチャー専念」にオレ流と闘将のカゲ 中日「立浪監督」長期政権への皮算用

根尾の一軍初登板は、最速150キロで1回無失点

■元セーブ王からダメ出し


 中日の立浪和義監督が、6月9日に放送された地元テレビ局のインタビューで言及したプロ4年目の根尾昂の起用法に波紋が広がっている。「自分は、主はピッチャーでやっていきたいなと思っています。打てなくても守備さえ良ければショートを任せられるんですけど、現状そこまでの守備力はない。もちろん(現時点で並行して)野手の練習をすることが後にピッチャーをやるとしても無駄になることはない」と二刀流から投手一本に絞るサプライズ構想を明かしたからだ。これのほどまでに「ピッチャー根尾」に固執する指揮官の思惑とは――。

 ***

 立浪監督は昨秋の就任時、根尾は外野一本と宣言した。ところが、課題の打撃で力不足を露呈すると、開幕後には遊撃手に。そして、交流戦前には投手を兼ねた二刀流と、起用法は二転三転している。二刀流挑戦でさえ、球界では否定派が圧倒的多数だった。それがプロ入り時に断念したはずの投手専念とは、思い付きにしか映らないようで、とりわけ中日OBの鈴木孝政氏は舌鋒鋭く批判する。

 通算124勝、最多セーブも獲得した元投手は、地元のラジオ番組で「ちょっと違うんじゃないかと思うんだけどなあ。甘くねえぞって」と“立浪プラン”にダメ出しした。返す刀で、上体に頼り、下半身を使えていない根尾のフォームの欠点を指摘。「大阪桐蔭で投げていたといっても(相手打者は)プロですから。ぽっと来て1軍で投げて活躍するなんてことはちょっと考えられない。考えたくもない」と言語道断と言わんばかりだ。
 
 別の元選手も同調する。コーチで中日のユニホームに袖を通したOBは「根尾が150キロを投げられるとしても、それだけではプロでは通じない。制球力、変化球の質、けん制を含めた守備など1軍のマウンドに立つためには克服すべき課題が山ほどある。ここまでの根尾の登板を見る限り、1軍レベルの投手にはほど遠い」と断言。「立浪監督の契約は3年。契約期間中にものになると本気で考えているとは思えない」と首をかしげるしかない。


■因縁の監督を反面教師に


 プロ経験者から次々に疑問の声が上がる中、核心を突いているように聞こえるのが古参のチームスタッフの言葉だ。

「立浪監督は落合(博満=元監督)さんを反面教師にしているのではないか。在任した8年間、全てAクラスでリーグ優勝は4回、日本一にもなった。勝つことが全てという信条だった。それでも、最後はファンサービスへの理解が足りず、面白みに欠けた采配として事実上、解任となった。立浪監督は同じ轍を踏みたくないのだろう。ピッチャー根尾が話題集めになることは確かで、集客にもつながり、球団に営業的な手腕をアピールできる」

 立浪監督は現役時代の晩年、落合監督に三塁のレギュラーを剥奪された。溝は深く、後に確執を認めている。

「因縁がある落合さんへの対抗意識もピッチャー根尾の底流にあるように思える。ファンサービスや集客に貢献した上で優勝すれば、監督として落合さんを超えた証しになると考えているふしがある」(同)


■根尾は捨て石?


 ピッチャー根尾の奇策に批判が高まるが、その一方で、実はリスクは小さい。

「昨季までの根尾は、与田(剛)監督の下での3年間で野手として芽が出なかった。そもそも、立浪監督が昨春の臨時コーチで指導した時点で、打撃面は半ば、さじを投げていたという。プロ選手としては崖っぷち。万が一、ピッチャー根尾が当たれば、そのまま立浪監督の手柄となり、外れてもダメ元だからとなる。根尾は監督の株を上げるための格好の捨て石」(名古屋の放送局関係者)

 この関係者は根尾が岐阜県出身のご当地選手であることにも着目する。

「近年の低迷もあり、特に岐阜ではチームの勝敗より根尾の動向への関心が高い。(ドラゴンズの親会社の)中日新聞が地元紙などと競っている岐阜で、根尾の投手挑戦の話題は短期間でも部数を伸ばす可能性がある」


■闘将・星野監督を見習う


 立浪監督は1988年、故星野仙一監督の1次政権時代にプロ入りした。星野監督はルーキーイヤーに正遊撃手に抜てきした恩人で、自身の監督像の確立においても大きな影響を受けている。

「星野さんは中日スポーツの1面への話題提供に心を砕いた。第2次政権下で主力だった立浪監督も、その姿を見ていた。今の中日は全国区の選手が皆無に近い。ただ、甲子園のスターだった根尾の知名度は健在で、目新しい話題は1面に堪える。新聞勧誘のセールストークにもなる。岐阜を意識した紙面制作は重要で、立浪監督はそこに貢献する現場トップとの評価が得られる。親会社とも深い関係を築き、長く監督を務めた星野さんに倣おうとしているのではないか。特に立浪監督は就任まで時間を要しただけに、一度手にした監督の座を手放したくない気持ちが強いと思う」(星野監督時代の番記者)

 多くの球界関係者がピッチャー根尾には懐疑的で、プロアマでの輝かしいキャリアから王道の野球を期待された立浪監督にしては不可解なアイデアと捉えている。しかし、それも長期政権を画策する指揮官がオレ流や闘将から学んだ処世術ならば、腑に落ちるというものだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)