「西武ルーキー」が異例の自主退団 野球選手の不祥事がなくならない“根本的な原因”

「西武ルーキー」が異例の自主退団 野球選手の不祥事がなくならない“根本的な原因”

西武の入団会見に臨む川村啓真

■東都大学リーグで首位打者に輝いた期待の新人が……


 連日熱戦の続くプロ野球だが、プレー以外の点でショッキングなニュースが飛び込んできた。6月10日に西武を自主退団した川村啓真元外野手が持続化給付金の不正受給に加担していたと、週刊FLASH(2022年7月12日号)で報じられたのだ。退団の4日前である6月6日には川村の兄である川村太晟容疑者(24)が詐欺の疑いで山梨県警に逮捕されており、そのことが引き金になったと見られている。【西尾典文/野球ライター】

 川村啓真元外野手は、日本文理時代の3年夏に甲子園に出場し、ホームランを放つなどの活躍を見せた。国学院大進学後、4年春には全国トップレベルを誇る東都大学野球一部リーグで首位打者を獲得。ドラフトの指名順位こそ育成4位と高くなかったが、将来を高く期待されていた。

 そんな選手が1年目に自らの申し出で退団することは異例だけに、様々な憶測が飛び交っていたが、まさかの事態にファンの間で衝撃が広がっている。プロ入り前に球団は、その選手についてあらゆることを調査すると言われるが、今回の事態はプロ球団側に与えたショックも大きかったようだ。

「球団によって多少の差はありますが、指名を検討する選手については、担当スカウトがあらゆることを調査します。高校生、大学生の場合、表立って本人と接触できるのはプロ志望届を提出してからですが、両親や指導者にはそれ以前から話を聞くことも多いですね。以前は、多少やんちゃな選手の方がいいみたいなこともよく言われていましたけど、最近はプロ野球もコンプライアンスが厳しくなっているので、当然、トラブルになるようなことは事前に知っておく必要があります。ただ、川村元外野手のようなケースまで把握しておくことはなかなか難しいですね。事前に分かっていれば、ドラフト指名を回避するはずで、西武の担当者もビックリしたんじゃないでしょうか。コロナ禍で思うように練習ができなかった時期みたいですから、チーム(大学)の方も目が届かなかったというのはありそうですね」(他球団の関東地区担当スカウト)


■甲子園優勝チームの元主将は強盗致傷事件で逮捕


 ここ最近、世間を騒がせることが多い犯罪に現役のプロ野球選手がかかわっていたことが与えた衝撃は大きいが、これまでもOB、現役選手による不祥事は少なくない。今年5月には巨人、近鉄でプレーした小野仁元投手の窃盗容疑による裁判が秋田地裁で開かれ、懲役3年、執行猶予5年の判決が言い渡されている。また、昨年12月にはソフトバンクに所属していた古谷優人元投手がロッカーでの私物窃取が発覚し、球団は自由契約を言い渡し退団となっている。

 このほか、現役選手の大幅な速度超過運転、元選手の詐欺、さらには強盗殺人など悪質な犯罪を挙げればかなりの数にのぼる。最近ではプロ野球選手ではないが、夏の甲子園で優勝したチームの主将を務めた選手が大学の野球部を退部し、その後、強盗致傷事件を起こしたこともあった。

 高校野球、大学野球では「野球を通じた人間教育」を標榜するチーム、指導者も少なくないが、トッププロやトップアマの世界でこれだけ事件が頻発していては、その言葉もむなしく響くだけである。では、こういった不祥事がなくならない背景にはどのような事情があるのだろうか。


■野球部員は貴重な収入源


「昔はいわゆる“ワル”と呼ばれるような選手も多かったですが、それを厳しい規則や規律で押さえつけて、矯正していた部分があったと思います。そういうやり方についていけなかった選手はドロップアウトすることも多く、その後に何か問題を起こしても『野球部としての』不祥事にはならなかったというのはあるかもしれませんね。最近はそういうやり方をするチームは、比較的少なくなっています。高校でも100人単位、大学だと200人以上の部員を抱えているチームもあって、どうしても全部員に指導者の目が行き届かなくなる。人数を絞りたくても、学校、大学としては少子化の中で、野球部員は貴重な収入源なので減らしたくないという思いもある。そんな中で部員全員をまとめて、一つの方向を向かせるというのは簡単ではないと思います」(関東地区の高校野球指導者)

 筆者は、甲子園をはじめ全国大会で優勝経験のある強豪と言われる高校、大学を訪れたことは度々あるが、そのなかには控え部員に対して全く指導者が目もくれないチームや、室内練習場が乱雑なまま整理されていない場面を目にしたことがある。大人数のチームを昔のような厳しい規律ではなく、管理していくことはやはり簡単ではないと言えそうだ。


■驚くほど野球以外のことを知らない


 ただ、スター街道を歩んできた選手が不祥事を起こしている点を考えると、他にも問題の原因があるのではないだろうか。

「やはり、学生時代に野球だけをしていれば良いという環境が影響していることは少なからずあると思います。最近はちゃんと授業に出ないといけない大学も増えていますけど、中には野球部などの力を入れている部活の部員はテストで名前だけ書けば単位をもらえるところもあると聞きます。昔ほどではないにしても、単位をとらずに大学を卒業できない選手もいる。驚くほど野球以外のことを知らない選手が多いです。それでも、超一流になればいいのかもしれないですけど、そんな選手は一握りですよね。高校時代から全て揃った環境でプレーしてきて、一般常識もないままプロになって、若くして戦力外になって苦労するケースがよくあります。入団後、特にお金のこととかを教育する球団がありますけど、基本的には、個人事業主なので本人任せになる部分が多いですよね。今回の給付金詐欺も割の良いアルバイトくらいの感覚で、犯罪という意識はなかったのではないでしょうか」(前出の関東地区担当スカウト)

 こういった不祥事はもちろん野球界に限ったことではなく、他のスポーツ、他の業界でも起きていることかもしれない。しかしながら、人間教育をうたいながら、野球以外のことを知らない選手を多く生み出しているのであれば、やはりプロ野球、学生野球ともあらゆる面を見直す必要があるのではないだろうか。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)