小園健太は「二軍でも登板なし」、風間球打は「スキャンダル」 ドラ1ルーキー12人の気になる“現在地”

小園健太は「二軍でも登板なし」、風間球打は「スキャンダル」 ドラ1ルーキー12人の気になる“現在地”

セーブ数でトップ争いを繰り広げる大勢の雄叫び!

■期待以上の活躍を見せた2人


 まもなく前半戦も終わる今年のプロ野球。開幕前に話題となることが多いのがやはりドラフト1位で入団した選手たち。いざシーズンが始まってみると期待通りの選手ばかりではないということはよくあることである。今回はそんなドラ1選手12人の現在地と、後半戦に向けての展望を探ってみたい(成績は7月10日試合終了時点)。【西尾典文/野球ライター】

 まず、想像以上の活躍を見せた選手といえば、大勢(巨人)と松川虎生(ロッテ)になるだろう。大勢は開幕からクローザーを任せられると、ここまで両リーグ通じてトップとなる24セーブをマークしている。大学時代から150キロを超えるスピードはあったものの、故障で投げられないシーズンが多かっただけに、これだけの活躍を見せると予想していた人も少なかっただろう。

「高校時代はオーソドックスなフォームでしたが、大学では故障もあってかよくフォームを変えていた印象です。サイド気味の今のフォームが本人にとってはしっくり来たんじゃないですかね。巨人はチームにいないタイプの変則投手と言うことで評価も高くなったようです。ただ、ストレートの力はありましたが、変化球やコントロールがそこまで良くなかったので、いきなりこんなに活躍するとは全く思いませんでした。最初からリリーフで起用したのも、はまったと思いますね。夏場に疲れが出て、ストレートが走らなくなると苦しくなるかもしれませんが、1年目からこれだけ投げられるのは立派ですね」(他球団の関西地区担当スカウト)

 このスカウトのコメント通り、6月には2試合連続で失点するなど少し不安定な投球もあったが、その後は持ち直しており、首脳陣の信頼を完全に勝ち取っている。このままいけば、ルーキーで最多セーブのタイトル獲得の可能性も十分にあるだろう。


■佐々木朗希の女房役としてブレイク


 そして、大勢以上に“驚きの活躍”を見せているのが松川だ。プロ野球史上3人目となる高卒新人で開幕マスクに抜擢されると、4月10日には佐々木朗希の完全試合達成にも大きく貢献した。

 打率は.149と一軍レベルの投手に苦しんでいるが、安定したキャッチングとブロッキング、大胆なリードは高校生離れしており、既にベテランのような風格を醸し出している。ファン投票でオールスターにも選出された。高卒新人捕手としては史上初の快挙である。後半戦もエースに成長した佐々木の女房役として、重要な役割を担うことは間違いない。

 現在は二軍調整となっているものの、隅田知一郎(西武)と黒原拓未(広島)といった大学卒サウスポーは一軍出場を果たしている。

 隅田は11試合に登板して1勝7敗と大きく負け越してはいるとはいえ、防御率は3.19をマーク。6回以上を投げて自責点2以内に抑えながらも勝ち星がつかなかったケースが4試合あり、打線との巡り合わせの悪さが勝敗に繋がっている。二軍調整となる前の試合も内容は決して悪くなかっただけに、後半戦は勝ち星を増やすことも十分期待できそうだ。


■“未完の大器タイプ”


 一方の黒原は、ここまでリリーフで12試合に登板して防御率は6.52で、デビューからは7試合連続無失点を記録した。150キロに迫るストレートは十分に一軍の打者にも通用していただけに、変化球の精度を上げることができれば再び昇格のチャンスもあるだろう。

 怪我で出遅れながら徐々に実力の片鱗を見せつつあるのが、椋木蓮(オリックス)、山下輝(ヤクルト)、ブライト健太(中日)の3人だ。

 特に椋木は、ここまで二軍でチームトップタイとなる4勝をマーク。大学時代はリリーフでの起用が多かったが、長いイニングでも力を発揮できるようになってきている。一軍デビュー戦となった7月7日の西武戦では、6回2安打無失点の好投、プロ初先発初勝利を達成した。昨年の大学生右腕ではトップと言える投手だっただけに、後半戦のキーマンとなることも十分に考えられる。

 山下は、二軍でまだ1試合の登板ながら140キロ台後半のスピードをマークし、ブライトも同じく二軍で2本塁打を放っている。ともに“未完の大器タイプ”だけに今年の戦力としては考えづらいが、テスト的な意味合いでの一軍デビューはあってもおかしくないだろう。


■気がかりな「高校ナンバーワン」右腕


 残るは、松川以外の高卒ドラ1である小園健太(DeNA)、風間球打(ソフトバンク)、達孝太(日本ハム)、森木大智(阪神)、吉野創士(楽天)の5人。

 この中で順調にステップアップしているのが、達と森木の2人だ。達は、短いイニングでの登板ながら、二軍で7試合12回を投げて14奪三振、防御率は1.50を記録。ストレートは自己最速を更新する150キロをマークしている。

 森木は達を大きく上回る35回2/3に登板し、防御率は4.29ながら37奪三振を記録。持ち味であるストレートとスライダーは二軍の中でも目立つレベルにあり、早ければシーズン後半の一軍デビューもありそうだ。

 少し気がかりなのが高校ナンバーワンの呼び声高かった小園だ。大事に育てるという球団の方針もあるが、一軍も二軍も投手陣が苦しい中でまだ実戦デビューを果たしていない。この起用に他球団のスカウトからも疑問の声が上がっている。

「去年は高校生にいいピッチャーが多かったですが、完成度は小園が頭一つ上という印象でした。コントロールと変化球は特に高校生離れしたものがありましたね。ストレートの力がもう少し出てくれば早くから一軍でも投げられると考えていたチームも多いと思います。少なくとも今の森木より二軍では投げられるんじゃないですかね。ただ、怪我をしているわけではないのに、7月になってもまだ(試合で)投げていない。佐々木(朗希)みたいに明らかに身体がスピードに耐えられないというわけではないのに、ここまで投げないというのはちょっと遅いように見えますね。試合で投げてみないと分からないこともあるし、そこで色々気づいてレベルアップしていくわけですから。後半戦は投げると思いますが、少し慎重過ぎないかなと思いますね」(他球団の関西地区担当スカウト)

 7月下旬には実戦デビューの予定とも報道されており、順調にトレーニングを積んでいるようだが、実戦で投げて得られるものもあるというのは確かである。親会社がDeNAとなって、初となるドラフト1位で入団した高校生投手ということで、かなり慎重になっているという面は間違いなくありそうだ。

 一方、風間はソフトバンクは時間をかけて育成する方針で、二軍戦でも実戦デビューしていない。ただ、週刊文春(2022年7月14日号)で女性スキャンダルが報じられるなど、私生活の乱れが少し気になるところだ。

 同じドラフト1位でも1年目に求められるものはそれぞれ違い、現時点の差は決して大きいものではないかもしれないが、来年にはまた新たなドラ1が入団してくるため、期待される期間は決して長くない。来年以降に繋げるという意味でも後半戦に、この12人がどんなパフォーマンスを見せるのかにぜひ注目してもらいたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)