プロも大注目の「4番候補」だったはずが……期待外れに終わった“超高校級スラッガー”3人

プロも大注目の「4番候補」だったはずが……期待外れに終わった“超高校級スラッガー”3人

中日がドラフト1位指名した藤王

■相思相愛で中日に入団


 岡本和真(巨人)や村上宗隆(ヤクルト)のようにドラフト1位で入団した超高校級スラッガーが、プロでも不動の4番に成長する一方で、“将来の4番”と期待されながら、花開くことなく終わった“未完の大器”も少なくない。【久保田龍雄/ライター】

 プロ1年目にそこそこ活躍したのに、2年目以降伸び悩み、通算10本塁打に終わったのが、1983年のドラフトで中日に1位指名された藤王康晴(享栄高)である。

 同年のセンバツで3本塁打と大会新の11打席連続出塁を記録した左の長距離砲は、“谷沢健一の後継者”と見込まれて、地元・中日に相思相愛で入団する。

“ミスタードラゴンズ”高木守道の引退以来欠番になっていた背番号1を受け継ぐと、1軍昇格直後の84年7月14日の大洋戦で、7回に代打で登場。2ストライクと追い込まれながら、古賀正明のフォークを痛烈に一塁線に弾き返す二塁打で鮮烈なプロデビューを飾った。

 7月20日のジュニアオールスターにも全ウエスタンの4番として出場し、4打数4安打を記録。同27日の巨人戦では、槙原寛己の146キロを右前安打し、「数字ほど速くはなかった」と言い放った。外角球をバットに乗せるようにして左方向に安打するセンスの良さは、「教えたってできるもんじゃない」(中日・山内一弘監督)とかつての打撃の職人をも唸らせた。

 さらに、藤王は9月23日、2.5ゲーム差で追う首位・広島との直接対決で、0対1の8回に北別府学からプロ1号となる同点弾を放ち、「代打だけで使うのはもったいない」の声も出た。


■スナックでの喧嘩が原因で謹慎処分


 1年目は34試合に出場し、36打数13安打8打点2本塁打の打率.361。2年目はさらなる飛躍が期待された。だが、1年目のひたむきさは、次第に影を潜めて、86年にはスナックの客と喧嘩して謹慎処分を受けるなど、私生活でも問題を起こし、年々出場機会が減少。88年に背番号1を返上し、「0」から再スタートを誓ったが、結果は出なかった。

 90年に日本ハムに移籍すると、心機一転、1本足打法に取り組み、キャリアハイの75試合に出場も、翌年以降は失速し、92年限りで戦力外になった。

 結局、通算成績は、プロ8年間で237試合に出場し、打率.220、10本塁打、37打点だった。「10年に1人」の天才打者でも、ボタンをかけ違うと、せっかくの才能も埋もれてしまうのである。

“ハマの4番”を目標にしながら、1軍出場6試合で終わったのが、紀田彰一(横浜高)である。

 94年の横浜高は、高校通算41本塁打の紀田を4番に、3番・斉藤宜之(巨人→ヤクルト)、5番・多村仁志(横浜→ソフトバンクなど)の超強力クリーンアップを誇っていた。

 だが、夏の甲子園、那覇商戦では、紀田が4打席連続四球と徹底的に勝負を避けられ、2対4でまさかの初戦敗退。1度もバットを振ることなく敗れた紀田は「(明徳義塾戦で5打席連続四球の)松井(秀喜)さんの気持ちがわかりました」と悔しがったが、この“強打者の勲章”が2年前の松井同様、評価を一層高めたのも事実だった。


■3年目の開花を予感させるも


 同年のドラフトでは横浜と中日が競合指名し、抽選の結果、地元・横浜への1位入団が決まる。1軍デビューは、2年目の96年5月14日の巨人戦、9回に代打でプロ初打席に立った紀田は、ガルベスに一ゴロに打ち取られた。

 だが、同16日の巨人戦では、6回に柏田貴史からプロ初安打となる中越え二塁打を記録。5月17日、19日の中日戦では8番サードでスタメン出場をはたした。

 同年はイースタンで10本塁打を記録し、3年目の開花を予感させたが、その後はケガに泣き、再び1軍に上がることのないまま、通算10打数1安打で、00年オフに現役引退(最終年は西武に在籍)。プロ2打席目に放った二塁打が最初で最後の安打になった。一軍での通算成績は、6試合に出場し、打率.100、本塁打と打点はいずれもゼロに終わっている。

 横浜高のチームメイトで、ドラフト4位の同期入団・多村が、肩の大手術を経て、2004年に40本塁打を記録するなど、主軸に成長したことを考えると、紀田も順調に育っていれば、多村と3、4番を打ち、00年代に最下位6度と低迷したベイスターズの“黒歴史”も違ったものになっていたかもしれない。


■“東の沢井、西の福留”


 高校時代は“東の沢井、西の福留(孝介)”と並び称されながら、プロ入り後は明暗を分けたのが、沢井良輔(銚子商)である。

 1995年のセンバツ、沢井は1回戦のPL学園戦で初回に右翼席中段に豪快な先制アーチを放ち、福留とアーチの競演の末、チームは11対7で勝利した。優勝候補を下して勢いに乗った銚子商は準優勝し、沢井も福留のライバルとして注目されるようになった。

 同年のドラフトでは、福留の抽選に敗れたロッテとヤクルトが外れ1位で競合の末、地元のロッテに入団した。福留が近鉄の指名を拒否して社会人入りしたことから、「3年後、沢井がどれだけ福留を引き離しているか」と期待を込めた論調で報じる専門誌もあった。

 だが、初めの2年間は2軍暮らし。3年目に代打で1軍デビューし、プロ初安打を記録したのは、5年目の2000年6月1日の近鉄戦だった。

「一昨年の初打席より緊張しなかった。1軍は応援もすごいし、うれしかった」

 と、初々しいコメントを残した沢井。同8日の日本ハム戦で、伊藤剛からプロ1号を放つなど、次第に結果もついてきた。02年にはキャリアハイの41試合に出場し、3本塁打、8打点を記録した。

 ところが、翌年8月に右肩を痛め、半年間ボールが投げられないうちに、西岡剛や今江敏晃に追い越され、04年以降は1軍出場のないまま、05年オフに戦力外通告を受けた。通算成績は、実働5年で90試合に出場し、打率.225、6本塁打、19打点だった。

 筆者はロッテ退団直後の沢井を取材する機会があった。その時、沢井は、10年間のプロ生活を以下のように、振り返っていた。

「最初の5年間は天狗になってた部分もあったかも。もっと謙虚さがあれば、違った結果が出ていたかな……。後半の5年間は本当に熱中して野球に取り組んでいたのですが……」

“鉄は熱いうちに打て”は、野球の世界でも、大きな意味を持つ言葉だと痛感させられる。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)