ヤクルト・村上宗隆、覚醒のきっかけは“引っ越し”? 寮のオバケを怖がっていたといううわさも

この貫禄で実は……

 ヤクルト村上宗隆内野手(22)が、ついに日本選手最多、王貞治氏が持つシーズン55号本塁打という大記録に並んだ。そんな破竹の勢いは何に起因しているのか。周囲からは“ある私生活上の変化のおかげでは”とささやく声も聞こえてきたが……。

 ***

 村上は本塁打数だけではなく、打率と打点数でも首位をひた走っている。三冠王獲得の史上最年少記録は、落合博満氏(68)の28歳。今季、このまま順当に村上が三冠王に輝けば、同記録も40年ぶりに更新されるというわけだ。

 普段は辛口で知られる野球解説者の江本孟紀氏(75)も、「悔しいくらいにケチのつけどころがない」と舌を巻く。

「元々、村上君のスイングは速さとフォームの両面で完成されていました。いま、さらにすごいのは、選球眼まで研ぎ澄まされてきたこと。唯一、打率が弱点だと言う人もいますが、それは違います。ヒットだってきちんと狙って打てている。今季、三冠王は堅いでしょう」

村上宗隆

■風呂やトイレに“出る”


 齢22にしてもはや、向かうところ敵ナシといった村上だが、意外な弱点があった。古参のヤクルトファンはこう語る。

「実は村上選手は埼玉・戸田市の球団寮に出るオバケを怖がって、一人で風呂に入れなかったそうです。この寮は2軍の練習場に近く、入団4年目までの若手が共同生活を送っていますが、風呂場で誰もいないはずの人影が鏡に映るなど、“出る”ことで有名なんです」

 ヤクルトOBの広澤克実氏(60)によれば、

「私も入団後の4年間を埼玉の寮で過ごしましたが、当時、霊感のある選手から“出る”という話を聞いたことがあります。各階には共用のトイレがあるんですが、ここに一人で用をたしに行くと姿の見えないオバケから突然、名前を呼ばれると。“ヤクルトあるある”の一つですね」

 現在、入団5年目の村上は寮を出ているが、前出の古参ファンによると、

「引っ越してオバケの恐怖におびえる必要がなくなったことが、神がかった活躍の一因になっているかもしれません」


■引っ越して本当に良かった


 地元の恩師で九州学院高校野球部前監督の坂井宏安氏(65)に聞くと、

「そんなオバケを怖がるようなやつじゃないですよ。村上はノリがいいから、皆に楽しんでもらいたいと思って、冗談を言ったんでしょう。私が引っ越す前の本人から聞いたのは、埼玉は1軍の練習や試合を行う東京まで遠くて、通う時間がもったいないということ。その時間を有効に使って、もっと打ち込みやウエイトトレーニングをしたいと言っていました。いまは寮を出たことでより一層、野球に励める環境が整ったんじゃないですか。そういう意味では本当に良かったと思います」

“村神様”と崇められるほどの活躍の陰には、やはり努力があったということか。

「週刊新潮」2022年9月15日号 掲載

関連記事(外部サイト)