選手やファンが大乱闘…熾烈な優勝争いで起きた「とんでもない大騒動」

選手やファンが大乱闘…熾烈な優勝争いで起きた「とんでもない大騒動」

西武・細川亨捕手を投げ飛ばそうとするロッテのベニー

■「王退場!」


 9月12日、首位・ヤクルトと2位・DeNAとの直接対決で、ヤクルト・村上宗隆への死球直後、DeNA・佐野恵太に対し、報復に思える内角攻めが行われ、あと味の悪さを残した。過去にも優勝争いの渦中で、死球などをきっかけとする乱闘やスタンドのファンが騒ぎを起こした“事件”があった。【久保田龍雄/ライター】

 まずは伝統の一戦、巨人対阪神をめぐる騒動を紹介する。1968年9月18日、阪神が連勝し、ゲーム差なしまで追い上げた天王山決戦第3戦は、阪神・バッキーの王貞治への危険球をめぐり、両軍ナインによる大乱闘が勃発。巨人・荒川博コーチとバッキーが暴力行為により、ともに退場になった。

 だが、2人の退場だけでは収まらず、その後もファンを巻き込んでのゴタゴタが続く。岡田功球審が荒川コーチとバッキーの退場を場内放送で告げると、スタンドの阪神ファンが「騒ぎの発端になった王が退場にならないのはおかしい」と騒ぎだし、「王退場!」「王退場!」の大合唱。興奮してグラウンドに飛び降りるファンも出て、甲子園は再び異様な雰囲気に包まれた。

 これに対して、岡田球審は「王選手は暴力行為をしていないので、退場処分の対象にならない」と説明し、20分の中断を経て、ようやく試合再開に漕ぎつけた。

 ところが、バッキーに代わって登板した権藤正利のシュートがすっぽ抜け、王の右耳後部を直撃する。王は昏倒し、グラウンドに搬送用の担架が運び込まれた。「わざとやったろう」と巨人・金田正一がベンチを飛び出し、権藤を突き飛ばしたのを合図に再び両軍ナインによる乱闘が始まった。

 そんな殺伐とした空気を一瞬にして吹き飛ばしたのが、4番・長嶋茂雄のバットだった。試合再開後、怒りを闘志に変えて、左翼席に試合を決める3ランを叩き込んだのだ。「あの打席はどんなことをしても打ってやるという気持ちだった」という長嶋の快打で首位を守った巨人は、同年V4を達成した。

 一方、阪神は13勝を挙げていた先発三本柱の一角・バッキーが右手親指骨折で残りシーズンを棒に振ったのが致命的となり、失速して優勝を逃して、乱闘に泣く結果となった。


■「首投げ」で左肩脱臼


 優勝を目前にしながら、乱闘で正捕手が負傷するアクシデントに見舞われたのが、2008年の西武である。9月24日のロッテ戦、マジック2ながら連敗中の西武は、次節は札幌遠征とあって、「何としても地元で胴上げを」と必勝を期した。

 日本ハムと3位争い中のロッテも、クライマックス・シリーズ進出を実現させるためにも負けられない。

 試合が大きく動いたのは0対0の4回だった。大松尚逸に先制2ランを喫した西武の先発・涌井秀章が直後に集中打を浴び、なおも1死満塁のピンチで、里崎智也に押し出し死球を与えてしまう。

 代わった三井浩二も2死後、ズレータに押し出し死球。さらに3番手・許銘傑も代わりばな、ベニーにぶつけてしまう。NPBタイの1イニング3死球。ベニーは当然のように怒り、マウンドに向かおうとした。捕手・細川亨が「ソーリー」と謝って制止したが、逆上しているベニーには通じない。次の瞬間、細川は首投げのような形でグラウンドに叩きつけられ、左肩を強打した。

 ベニーは退場。細川も左肩脱臼で、優勝目前の大事な時期に3試合欠場する羽目になった。控え捕手が銀仁朗(現在の登録名は炭谷銀仁朗)しかいない西武は、急きょ野田浩輔を合流させ、捕手経験のある江藤智にも準備させるなど、穴埋めにあたふた。

 銀仁朗、野田の2人でやり繰りした9月26日の日本ハム戦は、わずか2安打で0対2と完敗し、ついに4連敗となったが、2位・オリックスが楽天に敗れたため、棚ぼたで優勝が決まった。

 しかし、その後復帰した細川は、巨人との日本シリーズ第5戦で今度は右肩を脱臼し、日本一達成の試合も欠場と、とことんツイてなかった。


■ファンがスタンドで乱闘


 西武といえば、球団誕生2年目の80年後期(当時のパ・リーグ前後期制)に、ファンがスタンドで乱闘する事件も起きている。初年度の1979年は開幕から12連敗を喫して最下位に沈んだ西武だったが、80年後期は投打がかみ合い、9月26日の時点で2位・ロッテに2.5ゲーム差の単独首位。早ければ翌日にもマジック10が点灯するという快進撃に、地元・埼玉のファンのボルテージも上がる一方だった。

 だが、9月28日に阪急に連敗してから、歯車が狂いはじめる。翌29日は本拠地・西武球場で近鉄を迎え撃つも、6回を終わって1対8と敗色ムード濃厚になった。

 そして7回、一塁側のみならず、三塁側の近鉄応援団席の7割を占めていた西武ファンが、怒りの矛先を近鉄ファンに向け、襲いかかってきた。

 当時、近鉄応援団の一人だった佐野正幸氏の著書「完本プロ野球乱闘伝説」(ミライカナイ)によれば、グラウンドに物を投げ込んだ西武ファンを応援団員が注意したことがきっかけで、激高した西武ファンが一斉に襲いかかってきて、殴り合いになったという。

 警備員が仲裁し、何とかことを収めたが、翌日、一部の新聞は「近鉄応援団席でバンザイを何度も叫び、何度も喧嘩になりそうな険悪な空気が流れた」という論調で報じ、あたかも近鉄ファン同士が喧嘩をしているかのよう。佐野氏は「事実と違う」と新聞社に抗議の電話をかけたという。結局、西武は6連敗して優勝戦線から脱落。近鉄が連覇を達成した。

 天王山の一戦でファンが起こした騒動は、ほかにも中日の選手6人が負傷し、翌日の試合中止の非常措置がとられた75年9月10日の広島対中日、V9達成直後の巨人の選手たちが阪神の大敗に怒ったファンに襲撃された73年10月22日の甲子園暴動事件が知られている。

 選手のみならずファンもヒートアップする優勝争い。節度ある観戦マナーを心掛けたいものだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)