25日の中日戦は今季の巨人を凝縮していた試合だった【柴田勲のセブンアイズ】

25日の中日戦は今季の巨人を凝縮していた試合だった【柴田勲のセブンアイズ】

岡本和真

■ヤクルトの強さ


 高津臣吾監督が率いるヤクルトが2年連続9度目の優勝を決めた。V2はその高津監督が師と仰ぐ故・野村克也監督が率いた1993年以来、29年ぶりとなる。

 振り返るとヤクルトは一年通して安定した戦いをしていた。開幕直後は3勝3敗だったが4月は12勝9敗、そして5月は16勝7敗1分と調子を上げて6月には8連勝するなど19勝4敗で主導権を握った。

 7月2日には2リーグ制後史上最速でマジックを点灯させた。独走でこのままだと優勝は早いと見ていたが、それからコロナ禍で失速した。シーズンは長い。どのチームにも好不調の波はある。ヤクルトの場合はコロナ禍も重なった気がする。

 これを乗り越えて8月は12勝11敗1分と、ほぼ五分で乗り切った。DeNAが頑張ったからVがちょっと遅くなったようなもので順当に勝ったと思う。

 やはり大黒柱がしっかりしているチームは強い。不動の4番・村上宗隆がシーズンを通してけん引した。コロナ禍の中で山田哲人らが不在の9試合で本塁打を4本放った。

 家でも一番大事なのは大黒柱だ。村上を中心にスキのない、大崩れしないチームにまとまった。優勝できた要因はいろいろあるだろうが、これが一番だったのではないか。


■一方の巨人は……


 さて巨人だ。17日からの9連戦を5勝4敗と勝ち越したが、24、25日の最下位・中日(バンテリンドーム ナゴヤ)に連敗して自力でのクライマックス・シリーズ(CS)進出の可能性が消えた。さらに06年以来16年ぶりとなる2年連続シーズン負け越しも決定した。

 これで3位以下が確定し4位の阪神、広島とのゲーム差は0.5だ。阪神、広島の残り試合は3、巨人は2、これはもうなにがなんでも2勝するしかない。

 それにしても戸郷翔征、菅野智之の両エースで連敗とはガッカリだ。最後の大詰めに来てこの二人で勝てなかったのだから、今年は巨人の年ではなかったということだ。

 先ほど大黒柱の例えを出したが、今年の巨人は投打の大黒柱がダメだったということに尽きる。菅野と岡本和真の不振だ。

 25日の中日戦、菅野は2週連続の中5日での登板となった。今季は中6日を守り、時には中12日とするなど大事に起用してきた。勝負所での投球に期待してのことだろう。

 だが、結果は5回途中4失点で降板だ。原辰徳監督は「本来のピッチングではないね」と話していたが、真っすぐのコントロールが悪いから変化球に頼る。頼り過ぎだ。打者を抑えるのがスライダーなら打たれるのもスライダーだ。

 いい真っすぐがあってこそスライダー、フォークといった変化球が生きる。打者をかわそうという投球ではなく、打者の外角低めにビシッと決めるような真っすぐがほしい。ここ2、3年の菅野を見るとこう思う。10勝に届かなかったのもわかる。


■今季の巨人を凝縮した試合


 これも25日の試合だった。5点を追った6回に中田翔のタイムリーで1点を返してなお1死満塁で5番・岡本和は谷元圭介の変化球に浅い中飛に倒れた。グレゴリー・ポランコも二ゴロで1点止まりだった。

 ボールのセレクション(選択)がヘタだ。これは岡本和に限った話ではない。巨人の打者は無死満塁といった場面で低めのボールや難しい球に手を出す傾向が強い。

 長嶋(茂雄)さんはこんな場面になるとよく「柴田、ここはおいしい。外野フライ、内野ゴロでも点が入るんだからな」と言っていた。長嶋さんはしっかりモノにしていた。

 空中戦を挑むチームの主力がこうでは試合展開が苦しくなるのは当然だ。確かに岡本和は5年連続で30本塁打を記録したが、前にも記したように村上と岡本和の違いは打てる球を我慢して待てるかどうかだ。岡本和は9月に入り復調してきたが、それまでは主砲としては物足りなかった。

 25日の中日戦は今季の巨人を凝縮していたように思える。

 巨人は終盤、4番に座った中田のおかげでなんとか格好が付いたが、ポランコ、アダム・ウォーカーは20本塁打以上打ってはいてもチャンスで強くなかった。

 坂本勇人のケガによる再三にわたる離脱も痛かった。コロナ禍に見舞われたけど、これはどこのチームも一緒だ。ケガもそう。言い訳はできない。

 反省材料はたくさんあるが投手陣に限って言えば制球力アップが重要な課題になろう。472四死球はリーグワーストだ。まずは外角低めへの真っすぐとストライクを取れる球を磨くことだろう。


■桑田コーチに言いたいこと


 一つ注文がある。巨人ベンチでイニングを投げ終えた投手に桑田真澄投手チーフコーチが歩み寄って話しかけるシーンをよく見かける。時にはグータッチをして始まる。

 あれはやめた方がいい。なにか気を使っているように見えるし、また媚びを売っているようにも映る。

 なにか言いたいことや教えたいことがあるのなら試合が終わってやればいい。なぜ打たれたのか、なぜあの球ではダメだったのか。自分で考えさせることが先決であり、大事なことではないか。あんなことを投手コーチがやっているのは巨人だけだろう。見苦しい。

 泣いても笑っても残り試合は2。仮にCSに出場できないようならいろいろな問題が浮上してくるだろう。

 10月1、2日は横浜に乗り込んでDeNA戦だ。先発は戸郷と菅野か。今度は2連勝してもらいたい。勝つしかない。ファンとともにCS進出を願っている。
(成績は26日現在)

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長を務める。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)