これが本当の「ドラフト隠し玉」…四国に151キロを投げる軟式野球の投手がいた! 大学時代は「巨人大勢」のチームメイト

これが本当の「ドラフト隠し玉」…四国に151キロを投げる軟式野球の投手がいた! 大学時代は「巨人大勢」のチームメイト

知られざる逸材・四国明治乳業の赤尾侑哉(写真提供・プロアマ野球研究所)

■「レベルの違うところに来てしまった」


 香川県三豊市にある「四国明治乳業」。よほどアマチュア野球に詳しくても、この社会人チームを知っている人はなかなかいないのではないだろうか。それも当然で、同社には、硬式野球部ではなく、2002年に創部された軟式野球部がある。そんなチームに密かにプロが注目している投手がいるという。それがこの春に入部した赤尾侑哉だ。【西尾典文/野球ライター】

 高校時代は坂出商(香川)でエースだったものの、目立った成績を残すことはできず、3年夏の香川大会は初戦で敗れた。卒業後は関西国際大学へ進学。3年秋にリーグ戦デビューを果たし、4年春にリリーフで4試合に登板したが、主戦投手に定着できなかった。ちなみに、今年ルーキーながら巨人の抑えとして大活躍した大勢(本名・翁田大勢)は大学の同期にあたる。

「高校時代は全然勝てなくて、3年夏はそれなりにいいピッチングはできましたが、ストレートは130キロ台前半だったと思います。大学は同じ高校から進んでいる先輩もいて、ピッチャーの指導がしっかりしているということを聞いて、関西国際大に決めました。自分が入った時も1つ上の武次さん(武次春哉・現日本生命)や、先輩にいいピッチャーがいっぱいいて、全然レベルの違うところに来てしまったなと思いましたね。翁田(大勢)も高校の時からプロ志望届を出していて、指名がなくてうちの大学に決まったので入寮が少し遅かったんですけど、いきなり147キロくらい投げていました」(赤尾)

 関西国際大は、赤尾が入学した年の秋、武次の活躍もあって、リーグ戦で優勝を果たし、明治神宮大会に出場している。しかし、当然赤尾はメンバーには入っていなかった。下級生の頃は、なかなかチーム内でも結果を残すことができず、ようやく浮上のきっかけをつかんだのは3年生になってからだ。


■球速が一気にアップ


「高校の時は、とにかく上半身の力で腕だけで投げようとしていたと思います。大学でコーチからしっかり軸足で立って、踏み出した足も強く着地して、体幹も使って投げるようにということをずっと言われていました。ランニングやトレーニングした成果もあって、ようやくそのイメージで投げられるようになったのが3年生になってから。春に140キロを超えるくらいスピードも出るようになりました。大学時代の最速は145キロくらいだったと思います。ただ3年春は新型コロナでリーグ戦が中止になって、その後もリリーフでは投げさせてもらったんですけど、最後のシーズンは翁田(大勢)がフル回転したこともあってほとんど出番はありませんでした。社会人の練習にも参加させてもらいましたが、実績がなかったので、硬式の強豪と言われるチームに行くことはできず、地元で軟式チームがある今の会社に決めました」(同)

 昔と比べて、硬式野球部がある企業は減っており、また社会人野球で最大の大会である都市対抗は一発勝負のトーナメントということもあって、大学卒の選手はより安定感や実績が求められる傾向が強くなっている。

 赤尾の「最速145キロ」という数字は、最近の大学生のなかでは、社会人の強豪チームに入れるような、大きなアドバンテージではなかった。こうして地元の香川に戻り、軟式チームである四国明治乳業でプレーすることになった赤尾だが、チームに入って早々ストレートが151キロをマークしたという。

 表面がゴムでできており、硬式球に比べると、スピードが出づらいと言われている軟式球で、これだけの数字をたたき出す投手はなかなかいるものではない。果たして、この短期間の間に何があったのか。


■「軟式で凄いボールを投げるピッチャーがいる」


「大学野球を引退してからもとにかくトレーニングは続けていて、香川に帰ってきてからも毎日ジムに通いました。(硬式の)社会人には進めず、野球をこのまま諦めていいのかという、もやもやした気持ちがどこかにあったので、とにかくやれることをやって軟式でもどこまでできるかやってみようと思ったのが大きかったですかね。軟式ボールは中学校以来だったので、最初はコントロールするのが難しかったですが、慣れてきたらトレーニングの成果もあってか、明らかに大学の時よりもボールが走っている感覚はありました。そうしたら151キロ出ていると……。もっと早く大学の頃から取り組んでおけばよかったですね」(同)

 ただ、いくら151キロを投げたと言っても軟式チームの試合をプロのスカウトが見に来ることはまずない。スカウトの中で評判になったのは、偶然の出会いがあった。それが、かつてDeNAにも所属していた高橋塁トレーナー(現・四国学院大コーチ)だ。高橋トレーナーがかつて指導していた選手が四国明治乳業で捕手を務めており、赤尾の投球を見てもらいたいという話を持ち掛けたのだという。

 実際に、高橋トレーナーが、ブルペンでの投球を回転数など詳細な数字が分かる機器で計測したところ、スピードも148キロをマークしたという。

「軟式で凄いボールを投げるピッチャーがいるから計測してほしいと言われたので見てみたら、ほんとに凄かったですね。選手が伸びるのは、いろんなきっかけがありますけど、赤尾くんの場合は一度(硬式の)野球を諦めた経験があったことが良かったのかもしれません。軟式でこんなボールは自分も初めて見ました」(高橋トレーナー)


■“正真正銘の隠し玉”


 今年、西武で中継ぎ投手として大ブレイクした水上由伸は、大学時代に高橋トレーナーが指導していた選手である。DeNAや四国アイランドリーグ・香川にも所属していた高橋トレーナーは、NPBの関係者とも当然繋がりがあり、その筋からスカウト陣に赤尾の評判が広がっていったという。

 筆者が取材した日に、高橋トレーナーが指導する野球塾のブルペンで、赤尾のピッチングを見せてもらったが、本人が「今日は最低限ぐらいの出来でした」と話しながらも、ストレートの最速は146キロをマークし、ほとんどが145キロ前後を記録していた。

 また、本人が自信のある変化球だというカットボールも130キロ台中盤のスピードで鋭く変化しており、打者にとっては厄介なボールに見えた。また軟式を経験したことで新たな球種とピッチングの幅も広がったという。

「軟式の試合では完璧に打たれることはなくても、叩きつけるバッティングや足を使われて失点することはありました。(硬式野球とは)ちょっと違うスポーツという感じですね。カットボールに自信があるんですけど、横の変化だとバットには当てられてしまうので、監督にも言われてスプリットを練習しました。(オリックスのエース)山本由伸選手の映像を参考にしたら、上手く落ちるようになって、場面によって落差の大小をつけたり、シュートさせたりしています。狙い通りにスプリットで空振りをとれることが増えました」

 取材した日の時点で、既に1球団から調査書が届いており、その後にも2球団の前でピッチングを披露する機会があるという。高橋トレーナーの話では、スカウトからも軟式での経験を肯定的にとらえる声が聞かれているそうだ。赤尾本人もドラフト指名に関して手応えはまだ分からないと話すが、やはりプロに挑戦したいという気持ちはあるという。それには同級生である大勢の活躍が与えた影響も大きかったようだ。

「翁田(大勢)の1位は驚きましたけど、あれくらいやるんじゃないかというのは少しありました。プレッシャーとかに全く動じるタイプじゃなかったです。今も連絡を取り合っていますが、やっぱりあれだけの活躍をしているのは刺激になりますよね。自分のことはまだどうなるか全然分からないですけど、(プロで指名されて)機会をもらえるのであれば、挑戦したいという気持ちは強いです」

 情報化が進んでいる近年は、本当の意味で“隠し玉”と言われるような選手は少なくなっているが、赤尾に関しては“正真正銘の隠し玉”と言えるのではないだろうか。果たして、その名前が呼ばれ、同級生である大勢と同じ舞台に立つことはできるのか。10月20日に行われるドラフト会議でぜひ注目してもらいたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)