今年の巨人は何位?“1番当たる”と評判の野球評論家が、今季セ・リーグの順位を予想

■蘇る悪夢「95年の巨人」


 2019年のプロ野球は、セ・リーグもパ・リーグも3月29日の金曜に開幕を迎える。球春到来まで、ほぼ1週間というわけだ。

 ***

 オープン戦も佳境。12球団の戦力が明らかになってきた。スポーツ紙や野球専門誌に順位予想が掲載される時期とも言える。そして野球解説者の小田幸平氏が、「予想が当たりまくる解説者」という異名を持っているのをご存知だろうか?

 小田氏の今期セ・リーグの順位予想と、昨季のセパ両リーグの順位予想と順位結果の比較を表にまとめてみた。一気に掲載するので、まずは隅々までご覧いただきたい。

 プロの解説者を含め、小田氏の予想が評価されたのは、何よりも昨季パ・リーグの優勝を西武と予想したことだ。大半の解説者がソフトバンクを本命に選んでいたのは、ご記憶の方も多いだろう。

 セパ両リーグで、それぞれ優勝を含む4チーム、計8チームの順位を的中させ、違っていたのはセではヤクルトと巨人、パでは日ハムとオリックスの順位が入れ替わっていただけで、ほぼパーフェクトと言える内容だった。

 また日本シリーズも、「週刊ポスト」(11月9日号)で「ホークスが4勝1敗で日本一。広島は甲斐拓也(26)の強肩に走塁を封じられる」と予想し、これも的中したと大きく取り上げられた(NEWSポストセブン「小田幸平氏が日本シリーズ予想『強肩捕手がカープ封じ込め』」10月30日)。

 そして今季セ・リーグの順位予想は、表にある通りだ。V4のかかる広島の1位は当然かもしれないし、続く2位のDeNAも17年にクライマックスシリーズ(CS)でペナントレース3位からの大下剋上を成し遂げたことは記憶に新しい。

 もちろん巨人ファンは、今年こそ優勝するのは間違いないと信じているに違いない。原辰徳監督(60)が復帰し、オフには完璧とも言える大補強を行った。これで勝てないはずがないだろう!――と。

 小田氏は巨人のOBでもある。それでも優勝はないと予測した理由について、「実はキャンプを視察した時点では、巨人はCSの進出も難しいと思っていました」と率直に言う。

「3位に順位を上げたのは、やはり丸佳浩くん(29)が絶好調だからです。彼は今季、間違いなく巨人の打線を引っ張り、なんとかCS進出に漕ぎ着けるのではないかと予想しました。誤解のないよう言い添えておきますが、私は巨人の戦力を12球団でトップだと考えています。それでもリーグ優勝できないと考えるのは、チームとしてバランスが取れていないと見るからです」

 小田氏が不安の具体例として挙げるのが、1995年の巨人だ。監督は長嶋茂雄氏。3番・松井秀喜、4番・落合博満、5番・ジャック・ハウエル、6番・広澤克実、7番・シェーン・マック――という4番打者が5人も並ぶという恐ろしい打線をご記憶のオールドファンも多いだろう。

 誰もが優勝すると思っていたが、なんと野村克也氏率いるヤクルトが2年ぶり4度目のリーグ優勝を果たし、日本シリーズではオリックスを倒して日本一に輝いた。結局、巨人は屈辱の3位でシーズンを終えた。

「いつも巨人が8対0で勝てば問題ないわけですが、そんな試合ばかり続くはずがありません。95年の巨人は、マックがバントを命じられて話題になりました。やはり野球は、1番から9番まで様々な選手が、それぞれの役割を担ってこそ勝てるのです。そして今季の巨人は、先発メンバーこそタレント揃いかもしれませんが、代打や代走、守備固めの要員を探すと、意外に選手層が貧弱なことに気づきます。0−0や1−0、2−1といった僅差のゲームに弱いチームのような気がしてなりません」

■安定しない先発メンバー


 更に小田氏は「オープン戦も終盤に向かっていますが、巨人の打順が確定しないことにも不安を感じます」と指摘する。そこで巨人と広島の「打者の先発率」を調べてみた。オープン戦はDH制が採用されることが多く、1番から9番まで打者が並ぶ。

 確かに、巨人の打線が安定していないことは、“一目瞭然”と言っていい。まず広島だが、1番・田中広輔(29)、2番・菊地涼介(29)、4番・鈴木誠也(24)は先発100%だ。しかも、最も流動的な6番でも、最下位の安部友裕(29)は12%を保っている。

 一方の巨人は、表でお分かりの通り、出場率が8%の選手が5人もいる。そして100%の選手は誰もいない。原監督が様々な選手にチャンスを与えていると見ることも可能だが、小田氏は、その見方には否定的だ。

「結局のところは、特に吉川尚輝(24)、坂本勇人(30)、丸佳浩という3人の打順が決まっていない印象を持ってしまいます。特に丸くんは『攻撃的2番』を担うはずだったのに、3番での出場も増えています。私は1番・坂本、2番・丸、3番・外国人の誰か、4番・岡本和真(22)というオーダーが理想だと考えています。もう3月中旬ですから、クリーンナップはこの4人で常に先発させたほうがいい。それが現実のものとなっていないのは、原監督の構想が崩れているのか、他球団を騙すカムフラージュかのどちらかでしょう」

 原監督は常に「競争の激化」を全面に掲げてきた。だが、小田氏が1位と2位に予想した広島とDeNAにおける“競争”と、巨人の“競争”は実情が異なるという。

「キャンプやオープン戦を見て、『選手が競争の意識が高いな』と思うのは広島とDeNAです。両チームの若手からは、『先輩がケガで休場することになったらオレがレギュラーを奪ってみせる』という気概が感じられます。ところが巨人の選手を支配しているのは、『打てなかったら2軍に落とされる』、『ピッチングが悪かったら2軍に落とされる』という緊張感です。“常勝巨人”のプレッシャーと言えばそれまでですが、選手が萎縮していないかが心配です」

 投手陣について言えば、不安は先発陣ではなく、抑えにあると言う。

「スコット・マシソン(35)は感染症に罹患し、開幕1軍は絶望的。これは本当に痛い。更に新外国人のライアン・クック(31)ですが、クローザーとしてオープン戦でどんな投球をしても――それが良くても悪くても――開幕して実戦で投げさせないことには、やはり計算はできません。リリーフ陣が巨人のアキレス腱という可能性は否定できないと思います」

 巨人が優勝するためには、「開幕ダッシュが不可欠」だと小田氏は指摘する。圧倒的な戦力で交流戦も含めて11球団を蹴散らし、大差を付けてリーグ制覇を果たすシナリオだ。それが序盤から苦戦を強いられる展開になると、小田氏の予想が当たる確率が上がっていくことになる。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月21日 掲載

関連記事(外部サイト)