習志野の「サイン盗み」はあったのか――エースに揺さぶり当然? 両監督の主張

選抜高校野球大会で習志野高校にサイン盗み疑惑 星稜高校の監督が主張も証明は困難か

記事まとめ

  • 選抜高校野球大会の習志野高校と星稜高校の試合で、習志野にサイン盗み疑惑が出ている
  • しかし、『自白』がなければ証明はできず、サイン盗みはなくならないのだという
  • イチロー氏も少年時代に夢中になったという『キャプテン』にもサイン盗みの場面がある

習志野の「サイン盗み」はあったのか――エースに揺さぶり当然? 両監督の主張

習志野の「サイン盗み」はあったのか――エースに揺さぶり当然? 両監督の主張

渦中の星稜・林監督

 バッターボックスに立つ打者の動きから、その捕手はある疑念を抱いた。

「こいつ、はじめから外角とわかってたような足の運びをしやがったな?」

 試しにミットをインコースに構えると、二塁ランナーが左手をパッと開く。そこでアウトコースにミットを動かしたところ、今度は右手を開いたのだ。

「タ……タイム!」

 マウンドに駆け寄った捕手は投手にこう告げる。

「あのイガラシとかいうのがセカンドからコースをバッターに教えてるぞ」

 先日、現役生活に終止符を打ったイチローも少年時代に夢中になったという、野球漫画の名作『キャプテン』(ちばあきお・著)。1972年に連載がスタートしたこの作品は、「墨谷二中」野球部の成長と活躍を描く。冒頭で引用したのは、3代目キャプテンのイガラシが「サイン盗み」でライバル投手に揺さぶりをかけるシーンだ。

 翻って、3月23日に開幕した平成最後のセンバツ高校野球――。

 ベスト8をかけて激突した習志野(千葉)と星稜(石川)との一戦は、下馬評を覆し、習志野が「3‐1」で勝利を収めた。

 習志野にしてみれば、ドラフトの目玉候補にも挙げられる星稜のエース・奥川恭伸投手を攻略しての大金星。観客席からナインを強烈に後押しする吹奏楽部の「美爆音」も注目を集めた。その後、センバツ初の決勝進出を果たした古豪は、まさに今大会の台風の目だった。

 だが、ご承知の通り、この試合で取り沙汰されたのは全く別の「波乱」である。

 試合翌日のスポーツ紙の紙面には、〈サイン盗み疑惑「証拠ある?」星稜林監督前代未聞怒鳴り込み〉〈サイン盗んだ 星稜監督 鬼の形相で激怒〉などという仰々しいタイトルが躍った。

 スポーツ紙記者がこの一戦を振り返るには、

「問題となったのは4回表の攻防です。1死二塁というところで、奥川投手とバッテリーを組む捕手の山瀬君が球審に二塁ランナーの動きがおかしいと指摘した。その後、同点に追いつかれ、なおも2死満塁の場面で、今度は星稜の林和成監督が“セカンドランナー!”と声を荒げた。これを受けて4人の審判が協議したものの、結局は二塁ランナーに対し、“紛らわしい仕草はしないように”と注意するに留まった」

 それでも林監督の怒りは収まらず、

「試合終了後、習志野の控室に乗り込んで小林徹監督に猛抗議したのです」(同)

 先の『キャプテン』では、頭脳プレーのひとつとして描かれていた「サイン盗み」だが、実は、高野連は98年にこれを禁止している。高校野球の「周知徹底事項」にも、〈走者やベースコーチなどが、捕手のサインを見て打者にコースや球種を伝える行為を禁止する〉と明記されているのだ。ただし、罰則規定は存在しない。

「昭和の高校野球ではサイン盗みは当たり前の戦術でした。サイン盗みは全野球部で解禁するか、または禁止するかの二者択一しかありえない。とはいえ、高野連が禁止した98年以降、私たちは根絶に向けて努力を重ねてきたわけです。時代を逆戻りすることが良いとは思えません」

 そう語るのは他ならぬ林監督ご本人である。


■処分も覚悟の上


 林監督が続ける。

「もし、習志野が実力を発揮できずに次戦で負けていたら、騒動を引き起こした当事者として申し訳なく感じていたでしょう。彼らが勝利してくれてよかったし、チームを作り上げた小林監督の人徳も素晴らしいと思います。ただ、それだけに我々との試合は残念でなりません。私は習志野の1回戦、日章学園戦でサイン盗みに気づきました。ビデオを分析したところ、二塁ランナーのジェスチャーで球種を伝えていたことが分かりました。習志野戦の前に、石川県の高野連に所属する審判にもそのことを伝えています」

 しかし、先述の通り、試合中の審判団の判断は「“そういうこと”はなかった」。

 また、林監督は試合翌日、高野連に騒動を謝罪して口頭注意を受けている。

 それでも、

「私は野球界全体のためを想い、処分も覚悟の上で行動しました。私は野球部員と同じ気持ちで試合に臨み、1試合、1試合に勝負をかけている。だからこそ、私はあのような行動を取ったのです」(同)

 とはいえ、高校野球の監督が相手方に直接抗議すること自体、前代未聞である。スポーツジャーナリストの安倍昌彦氏によれば、

「林監督がここまで思い切った行動に出たのは、サイン盗みについて確信があったからでしょう。私が高校球児だった時代にもサイン盗みは平然と行われていました。正直なところ、直球か変化球かが分かれば、普段の打率が2〜3割の打者でも5割は打ててしまう」


■熾烈な駆け引き


 そこで、抗議を受けた習志野の小林監督に、サイン盗み疑惑について尋ねると、

「そうしたことはない、という原則でやってきました。今大会でも、子ども達には“普段通りにやりなさい”と言っています」

『甲子園への遺言』の著者で、ノンフィクション作家の門田隆将氏はこう語る。

「今回、習志野がサイン盗みをしたとは思えません。そもそも、打者一巡しかしていない段階で二塁走者がコースだけでなく球種まで読み切って、それを打者に伝えることなどできるでしょうか。そんな高度なことが可能なら、もっと有効な戦術は、ほかにいくらでもありますよ」

 その一方で、高野連が禁止に踏み切ってからも、サイン盗みがたびたび取り沙汰されてきたのは事実だ。

「たとえば、02年のセンバツでは、宇都宮工と対戦した福岡工大城東が、ネット裏から相手投手の攻略法をベンチにメモで伝達していたことが発覚しました。しかし、ことなかれ主義の高野連はこれをうやむやにして、同校はそのまま次戦に出場しています」(同)

 16年のセンバツでも花咲徳栄と戦った秀岳館がサイン盗みを疑われ、審判から注意を受けている。こうした事情を踏まえた上で、門田氏が断じるには、

「例えばスクイズのサインをどう見破るのか。高校野球とは、人生でわずか2年半しか許されていない期間限定の究極の勝負の世界です。だからこそ、甲子園では、さまざまな熾烈な駆け引きがある。まして星稜の奥川投手は将来“奥川世代”という言葉が生まれてもおかしくないほどの逸材で、メジャーでの活躍も期待されている。そんな投手に相手があらゆる揺さぶりをかけてくるのは当然。今回のように、それにまんまと乗って自滅してしまうのはいかがなものでしょうか」

 先の安倍氏も、この「疑惑」に白黒つけるのは極めて困難だと語る。

「サイン盗みがなくならないのは証明ができないから。今回の件も、最終的には“自白”がなければ断定はできないでしょう」

「週刊新潮」2019年4月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)