高校野球で球児に過密なスケジュールを強いるのは「もはや虐待」と、門田隆将氏が指摘

記事まとめ

  • 平成最後のセンバツ高校野球で、習志野の“サイン盗み疑惑”が取り沙汰された
  • 白黒つけるのは極めて困難だといい、高野連は疑惑や批判にはことごとく蓋をするとも
  • 一方で球児に過密なスケジュールを強いるのは、「もはや球児虐待」と指摘する声もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております