巨人・森福允彦が古巣のソフトバンク戦で満塁弾被弾 糸井重里氏もTwitterで呆れる

記事まとめ

  • 巨人・森福允彦が古巣のソフトバンク戦で、満塁の場面でマウンドに立った
  • しかし、森福允彦は満塁ホームランを浴び、「ソフトバンクのスパイ」と批判されている
  • 熱烈な巨人ファンとして知られる糸井重里氏も「呆れるのも飽きた」とツイートした

G党「糸井重里」が森福允彦に呆れる “巨人FA組”で最もコスパの悪い選手

■「スパイ」に「ふるさと納税」などと散々


 6月23日の巨人−ソフトバンク戦は、まさに天王山。勝ったチームが交流戦優勝という大一番だった。特に巨人が勝てば、2014年以来の優勝ということもあり、ジャイアンツファンの期待は非常に高まっていた。

 ***

 おまけに14年に巨人はセリーグを制している。残念ながらCS(クライマックスシリーズ)では阪神に敗れたが、交流戦優勝は幸先がいいのは言うまでもない。

 しかし結果は1−5の完敗。先発の菅野智之(29)が、1番の福田秀平(30)に先頭打者ホームランを浴びるなど4失点、2回無死でKOという予想外の展開が痛かった。最後まで序盤の躓きを回復することができなかったのだ。

 ところが3連戦の“戦犯”として、G党の怒りの矛先は、森福允彦(32)に向かっているという。菅野の比ではない。

 まずは21日に行われた初戦、1回戦から試合を振り返っておこう。先発は巨人がメルセデス(25)、ソフトバンクは千賀滉大(26)。

 先制したのは巨人で、3回裏に阿部慎之助(40)のタイムリーヒットで1−0。5回裏には丸佳浩(30)のソロホームランで2−0とした。順調な滑り出しに、巨人の勝利を確信したファンも多かったかもしれない。

 ところが6回表、先頭打者の上林誠知(23)がソロホームランで2−1。それから2アウトを取るが、デスパイネ(33)とグラシアル(33)がヒットで1、2塁。ここで原辰徳監督(60)はメルセデスを諦め、宮國椋丞(27)に交代する。

 しかし宮國は松田宣浩(36)に四球を与えて2アウト満塁。そして甲斐拓也(26)がセーフティーバントを決め、2−2の同点に追いつく。

 ここまでは緊迫感の溢れる、まさに天王山に相応しい白熱した試合だったことは、巨人ファンもソフトバンクファンも等しく認めるところだろう。

 ソフトバンクの工藤公康監督(56)は福田秀平を代打に送る。原監督も動き、ソフトバンクから巨人に移籍した森福允彦をマウンドに立たせる。

 森福と言えばソフトバンクに所属していた2011年、中日との日本シリーズ第4戦で6回1点リード無死満塁という大ピンチで登板。打線を三振、レフトフライ、ショートゴロに抑え込み、これが「江夏の21球」をもじって「森福の11球」と呼ばれた。

 ところが森福は福田に満塁ホームランを浴びてしまう。たちまちネット上では「森福はソフトバンクのスパイ」、「森福の“ふるさと納税”」と炎上したのだった。

 しかも、あの糸井重里氏(70)もツイッターで「森福が抑えたのって、2年で1回くらいしか見たことない。呆れるのも飽きた。」とツイート。確かに糸井氏は熱烈なジャイアンツファンとして知られているが、これもネット上で「森福允彦さん、糸井重里氏からキャッチコピーを頂く」と話題になった。

 巨人のFA組は、成功した例が少ない。巨額の契約金を払っても、それに見合う成績を残していないケースが多いのだ。

 11年の杉内俊哉(38)と村田修一(38)から、17年の野上亮磨(32)までを投手と打者に分け、4つの表にしてみた。まずは投手篇の【上】からご覧いただきたい。

 ソフトバンク戦ではKOされてしまったが、菅野は昨季、チームトップの15勝をあげている。契約更改は6億5000万円でサインした。1勝あたり約4333万円という計算だ。

 表の杉内俊哉(38)もソフトバンクからジャイアンツに移籍し、4年20億円という巨額条件が話題になった。

 4年で39勝を挙げ、18年に引退。5年目は5億円から4億5000万円ダウンの5000万円プラス出来高でサインし、「プロ野球史上最大のダウン」と話題になった。これを同じように勝ち星で契約金を割ると、1勝あたり5128万円という数字になる。菅野より高額なのは間違いないが、G党は杉内にどのような評価を下しているのだろうか。

 表の2人目である大竹寛(36)は昨年の契約更改で、記者を前に「クビを覚悟していた」と明かした。ちなみに森福が満塁ホームランを打たれた21日のソフトバンク戦で今季初登板。1回を無失点に抑えた。

■森福クラスの“給料泥棒”は陽岱鋼!?


 次は投手篇の【下】だ。森福は、この表に入っている。18年の防御率は、なかなか衝撃的な数字だろう。

 森福は1勝3敗、6ホールドなのに4億円も支払われた。彼の“本業”はセットアッパーのため、4億円を6ホールドで割ると6666万円。やはり、ズバ抜けて高い買い物だったのは間違いない。

 ソフトバンクとの初戦を落とした原監督は、先発のメルデセス、2番手の宮國、そして森福が期待に応えられなかったことに「投手として戦う以前の問題」と切ってすてた。そしてこの日、宮國と森福は2軍に落とされている。ネット上では「もう森福は引退だろう」との声も飛び交った。

 これで投手篇は終わりだ。次は打者篇の【上】をご覧いただこう。

 村田修一(38)は現役時代、巨人ファンからバッシングされることは少なくなかった。例えば松井秀喜(45)の場合、巨人最後の3年間でホームランを42本(00年)、36本(01年)、50本(02年)放っている。

 どうしたって村田も同じ数字を期待されており、それが批判の源泉になっていたわけだが、他のFA選手に比べれば活躍したのは間違いない。【上】と【下】を合わせて5人の打者が登場するが、成績は悪い。では【下】をご覧いただこう。

 多くのジャイアンツファンにとっては“常識”に違いないが、やはり打者における最大の給料泥棒は陽岱鋼(32)だろう。

 村田の出場数は毎年、しっかり100試合を超えている。ところが陽の場合は17年も18年も87試合と3ケタに達していない。“稼働率”という点だけでも、「5年15億円以上」という条件に見合っているとは考えにくい。

 FA選手の成績不振を見てきたが、ソフトバンク戦のスタメンを見てみれば、巨人生え抜きの選手が少なくないことに気づく。

 1番・亀井善行(36)、2番・坂本勇人(30)というベテラン・中堅選手だけでなく、4番・岡本和真(22)、5番・大城卓三(26)、7番・若林晃弘(25)という若手も活躍している。

 ちなみに若林は昨年の契約更改は、80万円増の880万円でサイン。今年、巨人のFAは丸佳浩(30)が大成功を収めたとはいえ、本当にチームを強くするには、やはり“外様”は必要ないということではないだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月27日 掲載

関連記事(外部サイト)