怪物・佐々木朗希だけじゃない!ドラフト戦線に浮上する“注目の逸材13人”

 今年のプロ野球ドラフト会議、最大の注目選手は最速163キロを誇る佐々木朗希(大船渡)である。史上初の「12球団1位競合」との噂もあるほどの大器だが、それ以外にもドラフト1位で指名される可能性がある“逸材”は少なくない。

 特に、今年は高校生投手に注目だ。佐々木と並んで早くから名前が挙がっているのが奥川恭伸(星稜)、西純矢(創志学園)、及川雅貴(横浜)だが、完成度と大舞台での実績では、奥川が一歩リードしている。2年春から3季連続で甲子園に出場し、昨年夏は下級生ながら、ただ一人高校日本代表にも選出された。この春の選抜でも初戦で、強打の履正社を相手に被安打3、17奪三振完封と圧巻の投球を見せた。少しステップの幅が狭く、重心の高いフォームだが、コンスタントに145キロを超えるストレートと多彩な変化球をコーナーに投げ分ける投球は安定感抜群だ。1年目からもある程度一軍の戦力として期待できるだけに、競合を避けて一本釣りを狙う球団も出てきそうだ。

 西は、昨年の夏の甲子園で、優勝候補の創成館を相手に被安打4、16奪三振の無四球完封という投球を見せて、一気に名を挙げた本格派右腕。昨秋は中国大会で広陵相手にコールド負けを喫し、惜しくも選抜出場は逃したが、恵まれた体格でスケールの大きさは奥川を上回るものがある。その潜在能力の高さは全国でもトップクラスだ。佐々木の「外れ1位」として有力な候補となるだろう。

 一方、及川は今春の選抜で打ち込まれて少し評価を落とした。高校入学当初から大器と評判で、既に3度甲子園にも出場しているが、なかなか大舞台で力を発揮できずにいる。時折目を見張るようなボールは来るが、それが続かず、突如として崩れる悪癖が課題だ。今年は大学生、社会人も含めてサウスポーの有力候補が少ないのは追い風となるが、1位指名の12人に入るには、この夏のピッチングが重要になる。

 この3人に次ぐ存在になるのが、井上広輝(日大三)と宮城大弥(興南)である。井上は昨年春の選抜で見事な全国デビューを飾った後は、右肘の故障に苦しんだものの、この春はしっかり調子を上げてきた。バランスの良いフォームから投げ込む140キロ台後半のストレートは威力十分。投手としての総合力は奥川、西と大差ない印象だ。宮城は173cmと上背はないものの、一冬超えて驚くほど投球が力強くなった。力を入れると楽に145キロ以上をマークし、サウスポーらしいボールの角度があるのも長所だ。打者の手元で鋭く変化するスライダー、チェンジアップも超高校級の迫力がある。上背の無さを気にするスカウトもいるが、現時点での実力だけを見れば“高校生ナンバーワン左腕”といえる。

 野手は一昨年、昨年と比べて高校生の大物は少なく、その中で上位候補となると石川昂弥(東邦・三塁手)になるだろう。選抜の決勝では2本塁打を放った右の強打者で、少し踏み込みが弱く脆さはあるが、リストの強さは一級品。春は投手としての負担が大きかっただけに、この夏は三塁手として、さらなる爆発を見せてくれることに期待したい。


■明大・森下の評価が急上昇、大学生には強肩捕手も


 大学生、社会人に目を移すと、こちらも投手に有力候補が多い。中でも、この春に評価を大きく上げたのは森下暢仁(明治大)だ。早くから素質の良さは目立ちながらもなかなかピッチングが安定しなかったが、6月に行われた大学選手権では先発した2試合を一人で投げぬいて、1失点と圧巻の投球でチームを日本一に導いた。大学生にしては細身だが、伸びやかなフォームから150キロ前後のコーナー、低めに集め、緩急の使い方もうまい。即戦力の投手がほしい複数の球団が佐々木を回避して、森下を指名することも十分に考えられるだろう。

 社会人の即戦力候補としては宮川哲(東芝)の名前が挙がる。楽天・則本昂大に雰囲気の似たフォームから繰り出すストレートは150キロを超えることも珍しくなく、140キロ台中盤のカットボールも一級品。序盤は圧巻の投球を見せながら中盤につかまることが多いのは課題だが、リリーフであれば間違いなく1年目から一軍の戦力として期待できる。

 その他の社会人では、いずれも高校卒3年目となる太田龍(JR東日本)、立野和明(東海理化)、河野竜生(JFE西日本)が候補となる。太田は190cmの恵まれた体格でスケールの大きさが光る右腕。リリースが不安定で制球を乱す場面も少なくないが、球威で押せるのは魅力だ。立野は細身ながらバランスの良いフォームで制球力の高さが持ち味。先発投手として試合を作る能力も高い。河野は貴重な左の先発タイプ。上背はないが年々体つきが立派になり、今年は150キロを超える数字もマークしている。左の即戦力がほしい球団は河野、即戦力ではなくても2年目以降に大きく飛躍しそうな球団は太田と立野に人気が集まる可能性が高い。

 野手は高校生と同様に上位候補は少ないが、海野隆司(東海大)、佐藤都志也(東洋大)の捕手二人の注目度が高い。海野は、ソフトバンク・甲斐拓也を思わせる抜群の強肩が魅力。打撃も派手さはないが勝負強さが光る。佐藤は三拍子揃ったアスリートタイプ。左打席から見せる柔らかいスイングで確実性と長打力を兼ね備え、プレーのスピードも申し分ない。打力を生かして他のポジションとして考えている球団もあるだろう。

 ここまで佐々木を含めて名前を挙げたのは14人。この後行われる高校野球の地方大会と甲子園、都市対抗、大学野球の秋季リーグ戦でまだまだ彼ら以外にも名前が挙がってくる選手は必ずいるはずだ。10月17日のドラフト会議に向けて、候補選手たちの最後のアピールに注目したい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年7月1日 掲載

関連記事(外部サイト)