2軍でワースト記録の中日・根尾昂にイップスを指摘する声 張本勲氏が外野転向を推奨

記事まとめ

  • 根尾昂はドラフトでは4球団が競合したが、2軍のなかでもワースト記録ずくめだという
  • 「“イップス”になっているのではないでしょうか」と、野球ジャーナリストは指摘する
  • 野球評論家の張本勲氏は、ソフトバンクの内川聖一にならい、外野転向を勧めている

中日・根尾昂はイップスか? それでも首脳陣が心配しない「対策」事情

 昨秋のドラフトの目玉は、なんと言っても大阪桐蔭高の根尾昂(あきら)(19)だった。4球団が競合し、見事、中日ドラゴンズの与田剛監督が引き当てたのだが、始まってみれば2軍のなかでもワースト記録ずくめ。這い上がる余地はあるのか。

 甲子園の春夏連覇の立役者でドラフトの華。その成績が、2軍で55試合に出場して打率1割6分、三振67、失策14(6月27日現在)。いずれもが、2軍の野手のなかでもワーストの記録なのである。だから、

「精神的な原因で思い通りのプレーができない“イップス”になっているのではないでしょうか」

 さる野球ジャーナリストはそう言って、続ける。

「根尾君は元来、考えすぎで、自分を追い込んでしまうタイプ。最初のキャンプとオープン戦で躓いたのを引きずっているのでしょう。試合でも、焦りが表情に出てしまっていますが、こんな成績でもネームバリューがあるので試合に出す。もう少し余裕がある育成をする日本ハムのような球団に入ったほうがよかったかもしれません」

 このまま潰れてしまうこともあり得るか。だが、ドラゴンズの番記者は、

「根尾本人も焦りを感じているはずですが、首脳陣は、今年中に1軍で活躍してほしいと思っていません」

 と、根尾の現状を次のように解説してくれる。

「根尾は打撃、守備ともに振るいませんが、一番苦労しているのは守備。2月のキャンプの時点で、荒木雅博2軍内野守備走塁コーチは、“守備に関してはボールへの体の出し方、グラブの出し方、グラブで捕球した後のスローイングと、一から十まで直すところがいっぱい”と言っていました。特に苦労しているのはセカンドへの送球です。高校までピッチャー中心でショートの経験が浅いからか、目の前にセカンドがいるのに思いきり投げてしまったりする。セカンドを守っている人は、至近距離から剛速球を投げられ、捕球できずにエラーする。荒木コーチに力加減を教わって最近は送球もよくなり、セカンドへのスナップスローもできるようになっています」


■センターに転向しても


 とにかく練習熱心で、

「2軍の試合が終わると必ずノックを受け、その後のバッティング練習やウェイトトレーニングを含め、毎日1、2時間練習を積んでいる。これだけ居残って練習する選手はいません」

 とのこと。だが、打撃成績も振るわないが、

「守備を意識しすぎて、バッティングにまで集中できていない。必ず守備練習から始めていて、頭のなかは守備のことでいっぱいなのでしょう」

 しかし、意外にも首脳陣は心配していないという。

「三振も見逃しではなく空振りが多く、バットは振れている。練習を見ても打撃コーチがフォームをいじっていないので、いまの姿勢を続ければいずれよくなる、という判断のようです」

 また、ポジションもショートにこだわっておらず、

「センターをやってくれれば、というのが首脳陣の本音でしょう。センターは大島洋平がレギュラーですが、肩が弱く、今年もう34歳になるので、後継者が必要。根尾は肩がすごく強く、足も速くて守備範囲も広いはずですからね」

「喝!」で知られる野球評論家の張本勲氏も、

「根尾が投げミスが多いのはイップスだというのですが、だったら外野に転向すればいいじゃないですか」

 と、こう続ける。

「そういう選手は大勢いて、ソフトバンクの内川聖一も、外野に転向してイップスを克服しました。また、バッティングで結果が出ていない原因は体力不足。バットを振っても力負けして打球が飛ばない。体の柔軟さはあるので、走り込んで力をつければ、必ず打てるようになります」

 少し気長に待ちますか。

「週刊新潮」2019年7月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)