若林、山本、吉川尚、田中……6人もいる巨人の2塁手、最後にレギュラーを掴むのは?

■巨人史に残る団子レース!?


 金満巨人は、他チームの大物選手をFAで補強するばかり――アンチ巨人の怨嗟の声が漏れる。しかし、今年の巨人は若手の競争も熾烈だ。特に2塁手は、これまでに何と6人がスタメンで出場している。誰が抜け出すのか、興味深く試合を見ているG党も少なくないだろう。

 ***

 論より証拠。その6選手を表にまとめてみた。まずはご覧いただこう。

 開幕スタメンは吉川尚輝(24)だった。スポーツ報知が4月8日に「巨人・吉川尚輝が4戦連続安打で首位打者に 3度目猛打賞」との記事を掲載したように、彼自身も“開幕ダッシュ”に成功した。

 ところが4月14日、腰痛のため出場選手登録を外れた。スポーツ報知が15日に掲載した「巨人・吉川尚輝が出場選手登録抹消 腰痛で12日から欠場」によると、原辰徳監督(61)は《「早めに帰ってきてもらいたい気持ちと、しっかり治して、というところと非常に半々のところです」と話した》というが、多分、本音だったのだろう。

 原監督は、代わりに山本泰寛(25)を起用する。スポーツ報知が5月7日、「巨人・山本泰寛がプロ初の3安打 指揮官も絶賛」の記事を掲載したが、早速、活躍をしたわけだ。

 だが、6月6日に若林晃弘(25)がスタメン出場すると、山本の名前は消える。そしてスポーツ報知は18日、「巨人・若林晃弘が大活躍中 交流戦4割超10戦連続先発 絶好調の秘密は」と報じた。

 巨人の2塁といえば、千葉茂(1919〜2002)、土井正三(1942〜2009)、篠塚和典(62)、仁志敏久(47)――という名前が浮かぶジャイアンツファンもいるだろう。果たして表に名を連ねた6人のうち、一頭地を抜く選手は誰だろうか?

 野球解説者の小田幸平氏は、「6人の中ではまず、増田大輝が“代走のスペシャリスト”という地位を確立しています」と指摘する。

「今年も既に7盗塁を決めています(編集部註:7月26日現在)。代走として出場した後にセカンドを守ることはあるでしょうが、今後は2塁手としてスタメンに選ばれることは少なくなっていくと思います」

 これで残るは5人だが、小田氏は「正直に言えば、既に答えは出ています。巨人の正2塁手としての地位を固めつつあるのは、開幕スタメンに選ばれた吉川尚輝くんです」と言う。

「ショートの坂本勇人くん(30)から直接、聞いた話ですが、吉川くんは守備のレベルがズバ抜けているそうです。とにかく守備範囲が広い。坂本くんが何度も『あ、外野に抜けた』と思ったボールを、吉川くんがキャッチするんだそうです。確かに彼の守備スキルは首脳陣も高く評価していて、キャンプの時から期待されていました」

 小田氏は「プロ野球の世界では、吉川くんのような俊足の選手は、怪我が多いという傾向があります」と言う。守備と走塁に自信があるからこそ、必要以上のプレーを目指してしまう。そのために怪我をしてしまうようだ。いずれにせよ、早く完治して復帰してほしいと願うジャイアンツファンは少なくないだろう。


■残る4人の明暗は?


 現在、吉川尚の代わりに2塁を守っている若林は、“2番手選手”としての地位を固めつつあるという。

「若林は社会人野球のJX-ENEOSで鍛えられています。いわゆる即戦力として期待されていました。まさに今年は、彼が成すべきことをやっているという印象ですね。そつがなく、高いレベルでまとまっています。巨人の選手層が厚いということを象徴するような選手でもあります」

 これで残った選手は、打数の順に、山本泰寛、田中俊太(25)、吉川大幾(26)の3人となった。

 吉川尚と若林のレギュラーは確実だから、3人が精神的に腐ってしまうのではないかと心配になるが、小田氏は「プロ野球選手なら、そんなことはありません」と一蹴する。

「よく“走攻守の3拍子が揃った選手”と言いますが、プロ野球の世界で生き残る確率が高いのは、一芸に秀でたタイプです。というか、1軍にはイチロー(45)のような走攻守と何でも完璧な選手がゴロゴロしているので、1軍半の若手は得意分野を磨きに磨いて、スペシャリストとしての才能を首脳陣に認めてもらうしかないんです」

 そういう観点から3選手を見ると、今のままでは山本・吉川大の2選手と田中選手に分かれてしまうという。

「山本選手は長打力、吉川大幾選手は打率と出塁率を伸ばしていくのがレギュラーへの早道でしょう。守備力では吉川尚輝くんには勝てないし、バランスの良さは若林晃弘くんが図抜けています。2人は打力を伸ばしていくという戦略です。一方の田中選手ですが、今のままではなかなか苦しいですね。本人も分かっていると思うのですが、走攻守のバランスが良いのですけれど、全てこぢんまりとまとまってしまっています。現状では一芸という個性が感じられません。もっと危機感を持ってほしいですね」

 巨人の若手でレギュラーの地位を確保できないとなると、他球団へトレードという可能性が高くなっていく。意外にも選手を探す際、どんな球団でも「3拍子の揃った」若手よりは、「一芸に秀でた」タイプを欲しがるという。プロ野球選手が特徴を磨くということは、まさに生き残るために不可欠ということのようだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月2日 掲載

関連記事(外部サイト)