「佐々木朗希」の登板回避、32歳監督はどうすべきだったのか 決断への“批判”“称賛”

 今夏の全国高校野球、岩手大会の決勝は、花巻東高校と大船渡高校の対戦となった。花巻東はメジャーリーガー・菊池雄星や大谷翔平を生んだ名門私立。一方の県立・大船渡は佐々木朗希のワンマンチームと言ってよく、実際、佐々木が登板しなかった春の県大会では1回戦負けを喫している。大船渡が甲子園出場を果たすには、佐々木が花巻東打線を封じ込める以外に可能性はなかった。ところが、7月25日の決勝戦で、国保(こくぼ)陽平監督は彼の先発を回避したばかりか、リリーフはおろか打者としても起用せず。ベンチに置いたまま、チームは2―12の大敗を喫したのだ。

「試合後の監督は、覚悟を決めたように取材に応じていました」

 と言うのは、現場で取材したさるスポーツ紙の記者である。

「“投げられない状態ではなかったが、故障を防ぐために判断した”“これまでの3年間の中で一番壊れる可能性が高かった”と」

 国保監督は、大学卒業後、米独立リーグでプレーした経験を持つが、彼の地では「選手の肩は消耗品」という考え方が支配的だ。そしてこの時点で佐々木投手は4試合に登板し、既に435球を投げていた。

「一方の佐々木君は“投げたかったか”と聞かれて10秒以上沈黙して“監督の判断なのでしょうがないです”と。“高校野球をやっている以上、試合に出たい、投げたいというのはありました”“負けたので悔いは残ります”と答えるなど、気持ちに整理がついていない様子がありありと見えました」(同)


■“相談してほしかった”


 不完全燃焼――。勝負の世界で最も後悔が残る結末である。

 翌日からのスポーツ紙やテレビでは早速論争が繰り広げられたが、他方で、 

「実際の試合を見た立場から言えば、大船渡の選手は動揺しっぱなしでしたね」

 と述べるのは、やはり現場で取材した、さるスポーツライターである。

「本人も含めて、ナインが『不出場』を聞かされたのはその日の朝でした。しかも“先発はさせない”ということのみしか伝えられていなかったので、選手たちは途中から佐々木君が投げるものだと思っていたようです。が、なかなかその時が来ない。そんな中、ナインは彼が出るのか出ないのか、不安でいっぱいの様子でした。キャッチャーはいつもはエラーをする子ではないのですが、三つもエラーをしていましたし」

 試合が中盤に入ると、大船渡の控えピッチャーが独断でブルペンに入って投球練習を始めたという。

「国保さんは選手の自主性を重んじる監督でもともとほとんど指示を出さないのですが、この時もそうでしたね。でも、大量失点していた先発投手を6回まで引っ張り、しかもリリーフしたのは2年生投手。これは誰が見ても采配ミス。終盤になると帰るお客さんも出てきて、球場はざわざわしっぱなし。野球に集中できる環境ではないまま、試合は終わりました」(同)

 そんなこともあってか、試合後の囲み会見で選手たちの中には、

「朗希が投げてほしかった」「もう少し相談してほしかった」

 と尖った発言をする向きもあった。後味の悪さのみが残ったのである。


■関係者からは厳しい意見


 もともと大船渡は、35年前に1度、春夏の甲子園に出場した経験しか持たない。

「強豪校でもないところに『10年に一人』の選手が出てきちゃったでしょ。だから、学校も監督もプレッシャーを感じていたのは事実です。取材規制もすごく、練習試合は一切、本人への取材はNG。父兄やOBにも“取材が来たら学校に連絡してください”というお達しが出るほど、学校全体が過敏になっていました」(前出・ライター)

 そんな中、4月の練習試合で佐々木が163キロを出す。緊張はピークに達した。

「だから、予選に入ってからの采配にも迷いが見られました。途中で下げたとはいえ、2、3回戦辺りは佐々木君が投げなくても良かったと思いますし、一方で4回戦では194球も投げさせている。故障予防が第一ならこれはマズイでしょう。準決勝も129球投げていますが、ノーシード校が相手ですから、決勝に全力を注ぐ意味でも、先発回避で良かったのでは……。言っていることと実際のマネージメントがチグハグでした」(同)

 実際、同校野球部の関係者に聞いても、

「勝つ気がなかったのかね。ゲームプランが全く出来ていない。まるで思考停止状態です。私立だったらクビ。OB会から解任要求が出るんじゃないか」(さるOB)

「自分たちの野球が出来ない中で夏が終わってしまった。選手たちが惨めでかわいそうですよ」(ナインの元指導者)

 と手厳しい意見が出るけれど、これもまた詮無いことだろう。なにしろ監督は30代前半の若さ、しかも、指導者になってわずか2校目。そこでかような逸材と出会ってしまったのだから。

 実際、さる野球部の関係者によれば、

「“壊しては一大事だから早く自分の手を離れてほしい”とこぼすことも。決勝後のミーティングでもナインに対し、監督は“自分で死ぬようなことはするなよ”と言ったそうです」

 あまりにナーバスになり過ぎていた彼の心中が見て取れる話なのである。


■「決勝から逆算」「勇気ある決断」


「よそのチームのことですから、どうこう言うことではないと思いますが……」

 と言うのは、智弁学園や智弁和歌山高校で監督を務め、優勝経験もある高嶋仁氏。甲子園通算68勝は歴代の最多勝利記録である。

「苦渋の決断をした勇気は認めなあかんと思います。ただ、僕だったら、決勝から逆算して、そこで万全に投げられるように県大会全体でやりくりをすると思います。準決勝を他のピッチャーで何とかしのいだと思う。無理はさせないようにするのが前提ですが、その上で何とか甲子園に連れていってやろうとしましたね。甲子園は聖地で、成長の大きな機会でもありますから」

 故障予防のため、酷使はさせたくない。しかし、勝利は追求したい――その両立しがたい命題を抱えたまま、高まるプレッシャーの中で、独り若い監督は追い詰められてしまった。混乱状態で様々な“工夫”にまで頭が回らなかったのかもしれない。

 他方、

「勇気ある決断だったと思います」

 と述べるのは、元プロ野球選手の大野倫氏。沖縄水産高校時代、夏の甲子園で773球を投げて準優勝。ただし決勝戦では疲労骨折しながらも登板し、その後も肘の故障に苦しんだ。

「僕もそうでしたが、高校球児というのはどうしても投げたいと思ってしまうもの。憧れの甲子園となれば、無理をしてしまうものなのです。そこにあえて“予防”のためにストップをかけた国保監督の決断は、選手の故障には過剰なくらい気を付けなければいけないという“変革”の糸口になったという意味で、評価されるべき」

 と言うのだ。

「週刊新潮」2019年8月8日号 掲載

関連記事(外部サイト)