巨人の優勝マジック「20」はあってないようなもの 【柴田勲のセブンアイズ】

 私、前回の今コラムで巨人の優勝の行方について「まだ一山あるかもしれない」と記した。23日からのDeNA3連戦の結果次第と踏んでいたからで、この通りになってきた。優勝マジック「20」を点灯させたものの、6カードぶりに負け越して、DeNAとのゲーム差は「6」だ。連勝すれば連敗、またはその逆に転ぶ。今季のセ・リーグの異常な傾向だ。ゲーム差「6」と言われても、実感するのは「3」くらいだ。巨人ファンには冷や汗もので、野球ファンにすれば面白くなってきた。こう思わせる3連戦の結果だった。

 優勝マジック「20」だが、40数試合残してではない。巨人の残り試合は27。あって、ないようなものだ。2位・DeNA、3位・広島との残り試合はそれぞれ6と5だ。おまけに両チームには負け越している。(注1)。勝てば突き放せるが、負ければ追い上げられる。残り試合の多さは紙一重だ。

 不気味なのはDeNAだ。緒戦を東克樹でやられた。2戦目は石川慎吾の代打サヨナラ弾でなんとか勝利をものにした。まあ、劇的勝利なんて言われているけど、本来、3点差を守ってキッチリと逃げ切る必要があった。

 それでも粘って勝ったのだから、その勢いで勝ち越したかったものの、3戦目はエース・今永昇太から強力救援陣に封じられた。

 アレックス・ラミレス監督にすれば手応え十分だろう。巨人に優勝されてもクライマックス・シリーズで対戦する可能性がある。東、今永、そして2戦目の石田健太、この3枚の左腕をどう起用していくか。いまから考えているに違いない。

 それにしても巨人にとって、丸佳浩の存在は実に大きい。こう思うのも勝負所で昨オフ、獲得した補強メンバーの姿がベンチにないからだ。大砲候補だったクリスチャン・ビヤヌエバ、抑え候補として期待されたライアン・クック、オリックスから移籍の中島宏之、そして岩隈久志らだ。巨人は補強費として40〜50億円使ったなんて話がある。そんな中、丸以外で評価できるのはケガで離脱中の炭谷銀仁朗くらいだ。丸以外は全滅と言っていい。

 その丸だが、期待通りにシーズンを通して安定した成績を残している。(注2)なによりバットスイングが安定しており、自分の打撃スタイルを堅持している。間違っても岡本和真のように下からバットが出て、アッパーにならない。

 スランプらしいスランプもなかった。「オヤッ」と思うのはボール球を振った時くらいで、安心して見ていられる。

 広島で3連覇を経験している優勝請負人の言葉がピッタリくる。27日からはその丸が抜けた広島と東京ドームで3連戦だ。

 現在、巨人とのゲーム差は「6・5」、厳しい状況だが、チーム一丸、必死でぶつかってくる。

 巨人、この3連戦、波乱を呼ばないためになんとしてでも勝ち越す必要がある。

注1 DeNAに9勝10敗、広島には7勝12敗1分

注2 打率・3024、22本塁打、67打点、出塁率・396(26日現在)

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長、14年から巨人OB会会長を務める。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年8月27日 掲載

関連記事(外部サイト)